紹介制EA(平均15万円/月の収益) 詳しくはこちら>>

【XMTrading】「MT4の複数インストール」の方法をMacで解説

 

 

本記事では、Macのパソコンを用いて解説していきますが、基本的な内容はWindowsでも同じため、Windowsの方もある程度参考にしていただけると思います。

また、FX会社はXMTradingで行っています。
こちらも同様に、他のFX会社でも基本的なやり方は同じため、XMを利用していない方も参考にしていただけると思います。

 

この記事にたどり着いた方はおそらく、MT4の複数インストールの方法を知りたいのだと思います。

 

MT4を複数インストールしたいんだけどどうやったらできるんだろう?



複数の口座でトレードしていたり、複数のEAを稼働させていると(もしくはこれからさせようとしていると)「複数のMT4があったらいいのにな」などと思いますよね。

この記事では、1台のパソコンにMT4を複数インストールする方法を解説します

実際に私が2つ目、3つ目のMT4をインストールしたときのスクリーンショットとともに説明していくのでインストールの様子が具体的にイメージできると思います。

MT4の複数インストールは、実際にやってみるとめちゃくちゃ簡単です。
あっという間に終わります。(早ければ1分でできてしまうと思います。)
なので、検討している方はサクッとやってしまいましょう。




しかし、目的によってはMT4を複数インストールしなくても事足りるパターンもあります。
自分にとって適切な取引環境がまだ明確になっていない方はこちらの記事も参照してみてください。

 



もうMT4を複数インストールすることは決定している!」という方はぜひ本記事を参考にインストールしてみてくださいね。




MT4を複数インストールする方法は2つある

 

 

まず、MT4を複数インストールする方法は2つあります。

1つが「必要な回数MT4をダウンロードする」、そしてもう1つが「ファイルのコピーを作成する」です。

どちらも簡単なのですが、「ファイルのコピーを作成する」方法は特に簡単で、「え?これだけでいいの?」と驚くほどです。

 

基本はファイルの名前を変えて保存するだけ

 

やり方は2つあるのですが、実は基本的にやっていることは同じです。

それは、「ファイルの名前を変えて保存する」こと。
ただそれだけです。

MT4をパソコンにダウンロードすると「XMTrading MT4」などとアプリに名前が付いていますよね?
あの名前を少し変えてあげて、新規で保存するMT4のファイルの名前と被らないようにすればいいだけです。


ファイルの名前を変えておかないと、新しいMT4をダウンロードしても既存のMT4に上書きされてしまいます。

なので、この名前を変更するという作業がとても重要なんですね。


説明するより実際に見てみたほうが早いかもしれませんね。
それでは1つずつ順番に説明していきます。

楽なのは「2」のやり方なのでそちらに飛ばしていただいても構いませんが、基本的なやり方として「1」から進めていきます。

 

【方法1】必要な回数MT4をダウンロードする

 

手順①: 既存のMT4のファイルの名前を変更する

 

まずは、Finderを開いて「アプリケーション」を選択します。
すると、使用しているパソコンの中に入っているアプリが一覧で表示されるはずです。

 

 

  

次に、すでにインストールされているMT4を選択します。

 

 

 

そして、このファイルの名前を変更します。
名前の変更の仕方はなんでもいいです。
数字でも、そのMT4で使っている手法でも、EAの名前でも、なんでも構いません。

今回は、(micro)を付け足して、このように名前を変更しました。

 

  

手順②: XMのサイトからMT4をダウンロードする

 

次に、XMの公式サイトからMT4をダウンロードします。

>>> XM ログインページ

ログインページを開いて、いつものようにログインします。

 

 

 

 

トップページが表示されたら、ヘッダー部分の「プラットフォーム」を選択します。
すると、取引ツールの一覧が表示されるので、自分がダウンロードするMT4を選びます。

今回は「Mac対応MT4」を選んで進めていきます。

 

 

 

クリックすると、このようなページになります。
そうしたら、「ダウンロード」をクリックします。

 

 

 

「ダウンロード」をクリックすると、すぐにダウンロードが始まります。
ダウンロードが完了するまで少し待ちます。

 

 

 

手順③: MT4のインストーラーを開く

  

ダウンロードが完了したら、このファイルを開きます。

 

 

 

すると、このように表示されてダウンロードができないかもしれません。
 

 

 

しかし、大丈夫です。
再びFinderに戻って、データフォルダの中から今ダウンロードしたファイルを見つけてください。
そして、ここで右クリックをして「開く」を選択してください。

 

 

 

すると、今度は「開く」ボタンが現れると思います。
「開く」ボタンがあれば、「開く」を押してください。

 

 

 

※開くボタンが表示されない場合は設定を変える必要があります。
 以下の記事を参考にして、Macの設定を変更してください。

▶︎ ネットからダウンロードしたアプリがインストールできない時の対処法|Mac (外部サイトへ飛びます)

 

無事開けたら次に進みます。

 


手順④: MT4をインストールする

 

この画面が表示されたら、「続ける」を押します。

 

 

 

再び「続ける」を押します。

 

 

 

「インストール」を押します。

 

 

 

すると、パスワードを求められるので、パソコンにログインするときに使っているパスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

 

 

 

すると、インストールが開始され、あっという間にインストールが完了します。

 

 

 

「インストーラをゴミ箱に入れますか?」と訊かれるので、「ゴミ箱に入れる」を選択して大丈夫です。

この後もいくつもMT4をインストールしたい場合は残しておいても構いませんが、【方法1】のやり方でMT4を増やすより、【方法2】でやったほうが楽だと思います。

 

 

 

 

手順⑤: 追加インストールしたMT4を開く

 

インストールが完了したら、最初の「アプリケーション」フォルダに戻ります。
すると、新しいMT4がインストールされているはずです。

この新しいMT4を開いてみましょう。

 

 

すると、このように開くことができます。

今回は口座にログインする作業は省略しますが、ここで自分のXMの口座にログインすれば新しいMT4でトレードを開始することができます。

 

 

 

試しに、既存のMT4も同時に開いてみました。
するとこのように、1つの画面に2つのMT4を表示することができました。

これで【方法1】の説明は終わりです。
 

 

 

【方法2】ファイルのコピーを作成する(← 簡単、楽、速い)

 

それでは次に【方法2】のやり方を説明していきます。


手順①: 既存のMT4ファイルを複製(コピー)する

まずはFinderを開き、「アプリケーション」を表示させます。

 

 

 

そうしたら、既存のMT4を選択し右クリックします。
すると「複製(コピー)」という項目が表示されるので、クリックします。

 

 

 

すると、すぐにMT4のコピーが作成されます。
【方法1】の手順④までの作業がたったこれだけで完了します。

便利ですよね。

 

 

そして、コピーされたファイルは、「XMTrading MT4のコピー」などという名前に自動でなっているので、自分にとってわかりやすい名前に変更しておきましょう。

新しくインストールしたMT4で使う手法の名前でも、通貨ペアの名前でも、EAの名前でもなんでも大丈夫です。
既存のMT4と1文字違えばなんでも大丈夫です。
変更せずに、「XMTrading MT4のコピー」をそのまま使ってもOKです。


今回は、「XMTrading MT4 (3)」という名前にしてみました。

 

 

手順②: 新しくインストールしたMT4を開く

 

そしたらこの新しいMT4を開いてみましょう。

 

 

このように無事開けたら完了です。


あとはお好きな口座にログインしてトレードをお楽しみください。
 

 

 

ちなみに、今回新たにインストールしたMT4と既存のMT4を全て開いてみると、このように3つのMT4を同時に表示させることができました。
 

 

 

やってみると本当に簡単なので、ぜひ実際にやってみてください。

 

あっという間に、簡単にできた!

 

 

MT4のデータサイズは1GB以上

 

 

MT4をインストールすることは簡単ですが、デメリットもあります。
上の画像でわかるように、MT4はデータ量が1GB以上となかなか大きいです。

なので、むやみやたらとダウンロードして稼働させているとパソコンの容量を大きく食ってしまい、動きが悪くなることもあるでしょう。

なので、パソコンの容量やスペックとも相談しつつ、使用しているパソコンに適した数で運用していくことを心がけていきましょう。