紹介制EA(平均15万円/月の収益) 詳しくはこちら>>

【XMTrading】MT4に口座を登録 設定方法と手順をMacで解説

 

XMで口座は開設した。次に「MT4」を使いたいな〜。
でもどうすればいいんだろう。よくわからないな…。 

 

こんな疑問をお持ちの方への記事です。
 

XMで口座をつくったら、実際にトレードを行うためには様々な手段があります。
 

ダウンロード型のトレーディングツールを使う方法
 ・「MT4(=MetaTrader 4)」
 ・「MT5(=MetaTrader 5)」

■ウェブブラウザでそのまま取引ができる「ウェブトレーダー」を使う方法


■スマホ用ツールを使う方法

 ・スマホ用「MT4」
 ・スマホ用「MT5」

 

また、ソフトの違いだけでなく、MacとWindowsでも微妙に使い方が違ってきたりします。

 
 
今回はこの中でも、実際の私の取引環境の1つである「Macで、MT4へのXM口座の設定」を解説していきます。

基本的にWindowsやMT5でも同じような感じですが、部分的に参考にならないところがあるかもしれません。

それでも少なくとも私と同じパソコン環境の方は、この記事を読むことで、MT4へのXM口座の設定ができるようになります
 
記事内では、文字だけでなく実際の設定時のスクリーンショットをお見せしているので、具体的に設定の仕方がイメージできると思いますよ



私は実際にこの記事のやり方で簡単に設定ができました。

MT4への口座の設定でつまづいている方がいたら、ぜひ参考にしてください。

 

XM口座とMT4の関係の理解

 

 

まず押さえておきたい基本事項として、MT4(=MetaTrader 4)やMT5(=MetaTrader 5)という取引ツールは、XMが提供しているソフトではありません

「メタトレーダー」の提供元は「メタクオーツ・ソフトウェアMetaQuotes Software)」という会社です。

「メタトレーダー」というのは、様々なFX会社で使うことのできる世界共通のトレーディングツールのことであり、そのプラットフォーム上にそれぞれが持っている口座を登録することで、実際に取引ができるようになります。

そういうことなので、XMで口座をつくったあとに再度「設定」の作業が必要になってくるんですね。

MT4をダウンロード

 

この記事を読んでいる方はすでにXMの口座開設が済んでいるという前提で話を進めていきますが、もしまだ口座開設がお済みでない場合は、先に口座をつくってしまいましょう。
 

▶︎ XMの口座開設ページへ
▶︎ 「FX完全初心者にはマイクロ口座がおすすめ」

 

 

 

さて、それではようやく本題です。

まずはMetaTrader 4をダウンロードします

XMのサイトにログインしてください。

▶︎ XM ログインページ

 

ログインして、トップページにいったら、ヘッダー部分にある「プラットフォーム」をクリックします。

 

 

 

すると、このような画面に変わるので、ダウンロードしたいソフトのバージョンを選びます。

今回は「Mac対応MT4」をクリックします。

 

 

 

すると、このような画面に切り替わります。
MT4の魅力などを紹介するページですが、今回は内容には触れずに、「ダウンロード」をクリックします。

 

 

 

「ダウンロード」をクリックすると、すぐにダウンロードが始まります。
少し時間がかかるので、しばし待ちます。(私の場合は、1〜2分でダウンロードが完了しました。)

 

 

ダウンロードが完了したら、このステップは終了です。

 

 

MT4をインストールする

 

次にダウンロードしたMT4を開いていきます。

まずは、インストーラーからMT4を出してあげる必要があります。(ダンボール箱から中身を取り出すような作業です。)

 

ダウンロードしたファイルを選択してください。
 

 

このファイルを開きます。

 

 

すると、このような画面が表示されるかもしれません。
開く」ボタンがあればそのまま「開く」を押してしまってください。
 

 

※もし「開く」ボタンがない場合は、Macの設定を変えることで開けるようになります。
詳しくは以下の記事などを参考にしてください。

▶︎ ネットからダウンロードしたアプリがインストールできない時の対処法|Mac (外部サイトへ飛びます)

 

 

無事開けたら、このような画面になります。

 

 

続ける」を押してください。

 

 

 

再び、「続ける」を押してください。

 

 

 

最後に、「インストール」を押します。

 

 

すると次のような画面が出るので、普段自分のパソコンにログインするときに使っているパスワードを入力してください。
そして、「ソフトウェアをインストール」を押します。

 

 

これでMT4のインストールが完了です。
あなたのパソコンにMT4がインストールされました。

 

 

「閉じる」を押すと、「ゴミ箱に入れる」かどうかを聞いてきます。
MT4はいつでもXMのサイトからダウンロードできるのでどちらでも大丈夫です。
今回、私は「ゴミ箱に入れる」を選択しました。

 

 

以上でMT4のインストールが完了です。

ようやくここまで来ましたね。
あと少しです。

 

あと少し!

 

MT4を開く

 

MT4のインストールが完了すると、パソコンの中にこのようなファイルが見つかるはずです。
このファイルがあったら、それを開いてください。
 

 

すると、MT4が起動し、下のような画面が表示されるはずです。

待ちに待ったMT4の取引画面です。
 

 

これでMT4を開く作業は完了です。
おつかれさまでした。

と言いたいところですが、まだ口座の設定が終わっていません。
ここまでやらないと実際のトレードはできないので、あともう少し作業していきましょう。

 

MT4にXMの口座を設定

 

いよいよ開いたMT4に、自分のXM口座を設定していきます。

※私のパソコンとソフトの不具合で、日本語表示にすると文字化けしてしまったので、ここからの画像は英語となります。
わかりにくいかもしれませんが、英語でも日本語でもやっていることは同じなので、真似しながらやってみてください。


まずはMT4左上の選択肢の中から「ファイル(File)」を選びます。
すると下のように項目が表示されるので「口座を開く(Open an Account)」をクリックします。

 

 

 

すると下のような小さなウィンドウが表示されます。
ここで、自分の口座に紐づけられたサーバーを選択します

口座開設したときに「サーバー名」が伝えられていると思うので、そのサーバー名を選びます。
(口座開設した際にメールでも知らされているはずなので、わからない方はメールをチェックしてみてください。)


ここでデフォルトで表示されているサーバー名の中に自分のものがない場合は、いちばん下の「」を押して、自分のサーバーの名前を入力して検索してください。

自分の口座のサーバー名を選択できたら、「次へ(Next)」を押します。

 

 

すると下のような画面になります。

ここでは自分の口座の「ログインID」と「パスワード」を入力します。
 

 

 

最初の段階では、「新しいデモ口座を開く(New demo account)」にカーソルが合っているので、「既存トレード口座(Existing trade account)」を選択します。

そして、赤枠内の、「ログインID(Login)」と「パスワード(Password)」をそれぞれ入力します。
これは自分が開設したXM口座のログインIDとパスワードです。


入力ができたら、「完了(Finish)」を押します。
 

 

 

するとポップアップしていたウィンドウが消えます。

デフォルトの画面で左側にある「ナビゲーター(Navigator)」の「口座(Accounts)」欄に、自分の口座のログインIDと名前が表示されていれば、MT4への口座の設定は完了です。

 

 

 

ようやく設定が終わりましたね。

これで、入金すればもうトレードができます
おつかれさまでした。


1つずつ説明していくと長くなりますが、実際にやってみるとあっという間に終わります。
10分もあれば余裕でできるでしょう。

まだMT4の設定が済んでいない方は、ぜひサクッと終わらせてトレードできる態勢を整えてしまいましょう。

▶︎ XM ログインページ

 

 

 

また、ツールのダウンロードなしで取引ができる「ウェブトレーダー」の使い方も解説しています。
必要であればこちらの記事もご覧ください。

 




トレード環境が整ったら、早速入金してトレードをしてみましょう
以下の記事ではXMへの入金方法を解説しています。