紹介制EA(平均15万円/月の収益) 詳しくはこちら>>

海外FX XMが両建て禁止事項を詳しく解説

xm-cross-order

はじめに

両建てとは同じ通貨ペアをロングポジション・ショートポジションを同時に買い保有する事を言います。例えばポンド/円をトレードするとしましょう。チャートが上昇トレンドもしくは下降トレンドか分からない場合に一つの手として両建てを使います。
 

両建てとはポンド/円をロングとショートの両方を保有します。ロングが急上昇したら、ショートを損切りするか、もしくは反対に急落して来た時に次の戦略に使います。どっちに転んでも的な手法といえます。

 

それではXMは両建てに関してはどうなのでしょうか?XMは両建てを許可しています。ただし条件範囲内での話ですが海外は比較的に両建てOKのFX会社が多いです。

 

ではXMの両建てOKならばそのメリットはなんなんでしょうか、反対に両建ての条件範囲内とは一体どの様なものなのでしょうか?

メリット

証拠金0でトレードできる

XMで両建てを使用すると普通だと証拠金がかかります。XMはレバレッジが888倍なので両建てにすると証拠金が0で出来てしまうのです。

 

証拠金0で上手く利益を出していけば証拠金維持率が上がっていくため、自分で投資資金を保全しなくてもよくなります。また、通常のトレードで負けて証拠金維持率が0になりそうな時に両建てを上手く使いこなして利益を出して証拠金維持率を増やす事も可能です。

ポイントが貰える

もう一つのメリットはポイントです。海外FX業者はほとんどがあるのですが、トレードしたり利益を出したりするとポイントが貰えます

 

ポイントは現金に換える事やトレードの証拠金として使う事も可能です。これを両建てで行うと倍のポイントが貰えるので、上手く使う事で効率化を増す事が可能になります。ただし、両建てばかりで、トレード目的ではなくポイント荒稼ぎ目的の両建てとみなされると罰則対象になるので気をつけましょう。

 

ここまでXMの指定した条件下内での両建て及びメリットをご説明しましたが、そのXMの条件下内での両建ては許可の条件はどういった条件なのでしょうか?

XMの両建てNG行為

日本では金融庁に届け出て厳しい審査に合格しなければFX市場に参入出来ません。厳しい審査がある分、FX会社が倒産破産した場合には、個人投資家の資産を保護する信託保全があります。しかし、日本では両建て自体がNG行為となっています。

 

XMの以外の海外FX業者は自国の金融庁のような国家機関の許可が必要ありません。レバレッジを高く設定可能で両建てもOKですが、信託保全もないためFX業者が倒産破産した場合は、投資家が預けていた資産・財産・利益が消滅して共倒れになる可能性があるのです。過去には共倒れになった例が複数件あります。

 

それではXMの両建てNG行為を見ていきましょう。

XMで別のアカウントを作っての両建て行為

海外FXはMT4もしくはMT5を使ってトレードします。MT4・MT5はトレーダー自身で使いやすいようにカスタム出来ます。それぞれの国の違うFX業者に合わせる事も出来ます。XMに関して言えば一つのアカウントで8つの口座開設が可能なのです。

  

8つの口座の使用方法はさまざまあります。一つを短期トレードに使い、別の口座を長期トレードに分けたりと使い方次第でトレードを有利に展開することが可能です。

 

しかし、8つの口座がいっぱいになったからといって、もう一つのアカウントを作り、またXMの別口アカウントで8つの口座を作り、2つ以上のアカウントの口座で両建てを行うとペナルティを受けます。

 

XM内でいくつもアカウントと口座を作り、全ての口座で両建て行為をして万が一全てがダメだった場合にはゼロカットが発動します。その理由は、マイナス分が膨らんでしまうとXMは不足金を自社で補う必要があるため、会社を危険には晒せないという事情があるのです。

XMと他業者それぞれ両建てをする

XMは条件下では両建てOKとしていますが、他業者には両建てNGです。海外FX業者は自分のお客さんを他社に取られるのを極端に嫌います。

 

上級者はそのような事をするはずもありません。その理由を上級トレーダーは皆、知っているからです。しかし、その理由を知らないトレーダー、つまり海外FXを初めて間もない初心者トレーダーはXMと他業者の2社間で両建てをする人が圧倒的に多いのです。

 

XMに限らず他のFX業者もこういった事態は全て筒抜けになっており把握しています。筒抜けになる原因は、海外FXをする上で誰もが使用しているMT4・MT5にあります。

 

海外FXは全てMT4・MT5を通してトレードしているため、全ての情報がMT4・MT5に入っているのです。だからこそ不用意な動きは慎しむべきなのです。軽い気持ちでNG行為をしてしまうと、ペナルティを受けて後悔することになるので気をつけましょう。

数人でそれぞれ別業者別口座で両建て

複数人の人間が組織的またはグループで、XMと別のFX業者数社にそれぞれ別々の口座を作り両建て行為や悪徳行為を行う場合があります。別々の人間がやっているから分からないだろうという考えで行っているのでしょう。

 

しかし、先程もお伝えしましたが、MT4・MT5は全ての記録やデータを持っています。という事は明らかに怪しい動きをしてる者はマークされるのです。この動かぬ証拠でペナルティを受ける人が多いのです。

アビトラージの両建て

明らかにスワップポイント狙いの両建て他FX業者とのいくつもの両建てでスワップポイントやボーナスポイントを狙う人も多くいます。この行為も見つかった場合には厳重なペナルティを受けるので注意しましょう。

異なる通貨ペアを持つ

両建てをする場合、持てるのは一つの通貨ペアのみです。異なる通貨ペア(例えばポンド/円以外に米ドル/円)を持つ行為はNGとなります。

 

しかもロングとショートを同じ量ずつ持つ事が原則となります。自分では軽い気持ちで良いだろうと思いやってしまって後でペナルティを受けては後の祭りです。しっかりと計画を立ててトレードしましょう。

窓開け行為

市場は土曜日・日曜日は休止ですが、世界は土日関係なく動いています。例えば、土日に世界を揺るがす要人の発言・国交間の断裂・内戦・戦争・天災・人災等が起きたとします。

 

FX会社は動く前にローソク足やチャートの調整に入ります。余りにも大事だとチャートが動きすぎてローソク足が切れます。その事を「窓」と言いますがローソク足とローソク足の開きが大きい程、重大なファンダメンタルズとなります。

 

その窓を予め予想し市場が動いてから両建てに自分の有利な方を活かす行為、つまり自分自身は儲けて会社は損をする行為も禁じられてます

 

以上が両建ての禁止条件です。

 

予め知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。何かの手違いで受けたペナルティが誤りだった場合には、証拠を出す必要があるため非常に面倒な作業が必要になります。禁止条件をしっかりと理解した上でトレードしましょう。

ペナルティ

それでは海外FXのペナルティとは一体どのようなものがあるのでしょうか?ペナルティはその悪質さによってランクがあります。

利益の没収

前述した通り、下記の場合には利益が没収されます。

  • 条件外で得た両建てまたは他の違法行為やFX業者の許可しない方法で利益を得た場合
  • 不当行為で本人は大儲けしたが海外FX業者が大損した場合

その後もマークされることになるため、気を付けて行動をするようにして下さい。

レバレッジの引き下げ

下記の場合には、レバレッジが引き下げられます。

  • 何か問題ある行為
  • 怪しい行為
  • 過去に何か問題を起こした事のある人
  • マークされている人

海外FX業者は会社に損失が出る事を極端に嫌がります。何にもしていなくても怪しい行動を取ったら引き下げておくというのも常套手段です。

 

ちなみに、普通にトレードを行い両建てもしていない、正々堂々真っ向勝負で何の問題もない超上級者でもレバレッジを下げられる場合があります。超上級者がいると海外FX業者の損失が増える一方なので、何らかの理由を付けてレバレッジを下げて他のFX会社に行ってもらおうとする意図があるのです。

出金拒否

下記の場合には、出金拒否というペナルティを受けます。利益や証拠金を出金させないようにします。

  • 不当に得た利益
  • 相当な悪質な両建て
  • 散々の警告にも従わない者

何かの間違いだと主張する場合は、その証拠を提出する必要があります。海外FX業者の場合は現地の言葉でのやり取りになります。

 

XMではありませんが、他の海外FX業者で不正行為はなく普通にトレードして莫大な利益を得て出金しようとしたら出金拒否された事がありました。海外FX業者は日本のFX会社のように国の金融庁の認可を受けていないので、怪しい業者との取引はやめた方が良いでしょう。

口座凍結

1番重いペナルティが口座凍結です。一度でも口座凍結されてしまうと凍結解除はほぼ不可能です。

 

口座凍結を解くためには、まず日本の国際弁護士を雇い、現地国の弁護士や通訳を雇い、現地で裁判を起こすことになるため、時間がかかるだけでなく費用も莫大になります。また、先進国の裁判所でなければ原告者に有罪がつきかねません。結局は泣き寝入りしかない場合が多いのです。

 

私も昔ある海外FX業者でトレードして利益を出し、証拠金も入れてて、次の機会にトレードしようとしたら口座残金が0円になってた事がありました。

これからの海外FX業者

日本の金融庁は海外業者に対して日本で営業したければ金融庁を通して厳しい審査を受けるように忠告しています。日本人に対しては、金融庁の許可を得ていない海外業者には気を付けるようにとネットに記載されています。

 

海外FXだけではなく海外仮想通貨も同様で、既に日本から何社も撤退しています。海外が良いか日本が良いかは人それぞれと言えるでしょう。

 

今回はXMの両建ての話をしてきましたが、日本では両建ては全面的に禁止になってます。

 

日本では両建てには厳しく、コスト面も海外と違い、損をしやすく、ロスカット、追証もあります。しかし、儲け過ぎたから排除といった事もありません。金融庁の認可を受ける必要があり、FX会社が倒産しても国が保証してくれる信託保全というシステムがあります。

 

実際にスイスフランショックでは海外FX業者が倒産しました。当然ですが海外FXには信託保全がないため投資家のお金が保証される訳もありません。日本は投資に遅れていると言われていますが、投資家保護の観点では優れているとも考えられます。

自分に合った投資

海外FX業者・日本のFX会社どちらが自分に合っているのかを見極めましょう。実際には、両建てはFXを投げ出してる人しかしません。

 

どんなに上級者でも負ける時は負けるし勝つ時は勝つ、この世に絶対はありませんし、絶対に勝てる聖杯なんてありません。聖杯探しなんてバカげてるし、勝てる手法探しばかりしていると頭でっかちの手法コレクターになってしまいます。

 

あなたの目的は何ですか?FXで何を得たいんですか?

それがはっきりしていれば、どこの国のFX会社でも自分の手法を確立して、さまざまな経験をしながら上達していきます。 

 

実は勘違いしてる初心者さんも多くいますが、「少額資金で高レバレッジで一気に稼ぐ」のではなく「少額資金で低レバレッジでコツコツ利益を積み重ねながらの手法やFXを学んでいく」というのが本当のFXです。

 

昔、リーマンショックやスイスフランショックなどで当時のトレーダーが大負けして「FXはギャンブルだ」と言われていましたが、そんな事はありませんよ。

 

例えば、私はスイングトレーダーです。会社がブラック企業で朝から夜中までビッチリ働き尽くめでスキャルピング・デイトレードをやってたら、トレード中にバタッと倒れてしまっているでしょう。スイングトレードは、1日1〜3回位チャートや数字を確認するだけで良いので私にピッタリなのです。

 

このように自分に合うトレードをすれば両建てをする必要もなくなります。

おわりに

勘違いしている人が多くいますが、チャートが皆さんに合わせてくれると思ったら大間違いです。皆さんはiPhone・スマートフォン・PCの画面を見てトレードするため、テレビゲームのようにコンピューターとトレードしている感覚になりませんか?

 

iPhone・スマートフォン・PCの向こう側には人間がいます。個人トレーダーばかりではなく、銀行・貿易会社・大企業・保険会社・国の年金機構等の本物の大口トレーダーもいます。

 

これはもはや、騙し騙されての本物のお金を賭けたバトルロワイヤル、正真正銘のマネーゲームなのです。FXは8〜9割は負けると言われているのも大口トレーダーに個人トレーダーが資金を持っていかれるからです。しかし大口トレーダーも人間ですから絶対はありません。

 

両建てなんてこそこそせずに、自分に合うトレードスタイルを見つけて正々堂々と頑張っていきましょう