XM 入金方法「bitwallet(ビットウォレット)編」【集中解説】

 

bitwallet入金ってお得なのかな〜

そもそもどういう仕組みなんだろう。

メリットは何?

 

この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論から言ってしまうと、bitwallet(ビットウォレット)入金がオススメできる人は限られます

もし現時点でVISAやJCBのカードでクレジット/デビットカード入金が可能なのであれば、bitwalletは検討せずにカードで入金してしまった方がよいです。

bitwalletはXMに対応しているカード決済のコスト面のメリット、反映スピードのメリットを上回っていません。


結論だけで充分な方はここで記事を読むのをやめてしまっても大丈夫ですが、bitwalletでの入出金の仕組みをしっかりと理解したい、bitwalletでの入出金を実際に行いたいという方には記事の内容が参考になると思います。

必要な方はぜひ参考にしてください。

 

 

今回の記事は説明する内容が多くなってしまったため、しっかり読むと20分ほどかかります。

その代わりしっかりと理解できる内容になっているので、必要な方にはお役に立てると思います。

 

  1. 「bitwallet(ビットウォレット)」とは?
  2. XMでのbitwallet導入の経緯
    1. XMはbitwalletの利用を促進している
  3. bitwalletでXMに入金するには2段階の入金が必要
    1. XMでbitwalletを有効活用するには、「bitwalletそのもの」と「bitwallet × XM」のシステムをそれぞれ理解する必要がある
      1. 【bitwallet】
        1. 対応している入金方法
        2. bitwalletの銀行口座はみずほ銀行
        3. 対応しているクレジット/デビットカード
        4. 各入金方法による手数料一覧
        5. 入金までの反映時間
        6. bitwalletから銀行への出金手数料は一律824円
        7. 出金の上限額
        8. 出金までの反映時間は24時間以内
        9. 円、ドル、ユーロで入出金できるため無駄な為替差損を避けることができる
        10. bitwalletの入出金シミュレーター
        11. 複数の海外FX会社に対応
        12. その他の機能
        13. 注意点
      2. 【bitwallet × XM】
        1. bitwalletが利用できるのは円口座のみ
        2. bitwalletからXMへの入金手数料は無料
        3. XMからbitwalletへの出金手数料は無料
        4. 出金できるのはbitwalletを通じて入金した金額まで
        5. bitwalletからXMへの入金は即時反映
        6. 365日・24時間いつでも入金が可能
        7. bitwallet-XM間での入出金限度額はなし
        8. bitwalletを使った入金に対するボーナスの内容は時期によって変動あり
        9. サービス内容変遷
  4. bitwalletと他のオンラインウォレットの比較
    1. オンラインウォレットごとの手数料の比較(bitwallet、STICPAY、BXONE)
    2. オンラインウォレットごとの入出金反映までにかかる時間の比較(bitwallet、STICPAY、BXONE)
  5. bitwalletアカウントをつくる
  6. まとめ(bitwalletに対する筆者の考え)

「bitwallet(ビットウォレット)」とは?

 

 

bitwallet(ビットウォレット)」は世界の決済サービスと日本のテクノロジーの差を埋めることを使命としてサービスを提供している日本発の事業者のようです。

オンライン上のウォレットを通じて、スピーディーに国内外に送金したり、割安な為替レートで両替を行うことができます。

また、円やドルなどの法定通貨だけでなくビットコインなど仮想通貨のやりとりも可能です。

bitwallet(ビットウォレット)」を運営する会社は2012年にシンガポールに設立されました。
「bitwallet」は現在、「bitwallet Group」を形成する複数の会社によって運営されています。

拠点は香港、イギリス、リトアニア、エストニアにあり、日本では東京都港区の虎ノ門にオフィスがあるようです。

これらの拠点はそれぞれが「bitwallet」という1つのサービスの各部門を担当しているようで、拠点ごとに会社名が微妙に異なります。

ここで紹介すると長くなりますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

XMでのbitwallet導入の経緯

 

 

XMでは2016年に「NETELLER(ネッテラー)」「Skrill(スクリル)」というオンラインウォレットが、日本居住者向けの利用を中止したことで、代わりに「bitwallet」を新たな決済手段の1つとして採用したようです。

試しにこの2つのホームページを見てみると日本語表示がないので、確かに日本人を対象としていないようですね。

 

XMはbitwalletの利用を促進している

 

XMでは入金手段としてbitwalletの利用を促進しています。
その表れとして、bitwalletを通じた入金には入金ボーナスを追加で与えるといったキャンペーンも行っています。

 

このキャンペーンはbitwalletに限らず、STICKPAY(スティックペイ)やBXONE(ビーエックスワン)といった他のオンラインウォレットでも行われています。

しかし多くの方にとって、bitwalletに限らずそもそも「オンラインウォレット」というもの自体が馴染みの薄いものだと思うのですが、XMはなぜオンラインウォレットの利用を促進しているのでしょうか?


それはおそらく「送金コスト削減」が目的だと思われます。


一般のXMユーザーで、XMで取引することだけが目的の場合、bitwalletアカウントを持っている人同士で資金のやり取りを行うことはあまりないと思いますが、FXブローカーのように入出金が頻繁な業者の場合、銀行送金の手数料だけでもかなりのコストとなり、会社の利益を減らす原因となってしまいます。

しかし、bitwallet利用者同士の送金であれば、たった「ワンコイン」=100円(1米ドル、1ユーロ、1豪ドル)で送金を行うことができるのです。

トレーダーの立場からすれば、それほどメリットの大きくないオンラインウォレットですが、FXブローカーからするとかなり大きなメリットがあるんですね。

 

bitwalletでXMに入金するには2段階の入金が必要

 

 

XMにbitwalletを使って入金するためには、2段階で入金する必要があります。

 

資金 ▶︎ bitwallet ▶︎ XM



すでにbitwalletの口座を持っていて、その口座に資金が入っている場合はすぐにXMに入金することができますが、まだbitwalletアカウントを持っていない、もしくはアカウントはあるけど資金が入っていない場合は、まずbitwalletにお金を入れる必要があります。

 

XMでbitwalletを有効活用するには、「bitwalletそのもの」と「bitwallet × XM」のシステムをそれぞれ理解する必要がある

 

大きな構造としては今お伝えした通りなのですが、実際にbitwalletでの入金を使いこなすためには、「bitwalletそのもの」と「bitwallet × XM」のシステムについて理解をしておく必要があります。

それぞれに入金や出金のルール、手数料の違いなどがあるので、サクッと把握しておきましょう。


また、XMでは「入金した金額までは入金した方法と同じ方法でしか出金できない」という基本のルールがあります。

この内容については理解できているという前提で以下の説明を進めていきますので、知らない方は先に進む前にサクッと学んでおきましょう。

 


 

【bitwallet】

 

 

それではまずはbitwalletそのものについての説明をしていきます。

 

 

対応している入金方法

 

bitwalletでは以下の入金方法に対応しています。

 

・bitwalletの銀行口座への銀行送金
・クレジットカードからの入金
・別のオンラインウォレットからの入金

 

大きく分けるとこの3つになりますが、それぞれに特徴がありますので1つ1つ紹介していきます。

 

 

bitwalletの銀行口座はみずほ銀行

 

bitwalletの入金先銀行は「みずほ銀行」となっています。

銀行送金でbitwalletに入金する場合、振込手数料以外は無料となっています。


また、「みずほダイレクト」(みずほ銀行のオンラインバンキング)経由で入金すれば入金手数料は「0円」(2021年6月29日現在)なのでみずほ銀行に口座を持っている方はさらにお得に入金が可能ですね。

  

※GMOあおぞらネット銀行も入金用の口座として対応していましたが、6月15日をもって提携が終了したため、現在bitwalletの銀行入金での入金先はみずほ銀行だけとなっています。

 
 

対応しているクレジット/デビットカード

 

 

bitwalletへの入金に対応しているクレジット/デビットカードは、「Visa(ビサ)」、「Mastercard(マスターカード)」、「American Express(アメリカン・エクスプレス)」、「Diners Club(ダイナースクラブ)」、「JCB」、「Discover(ディスカバー)」の6種類です。
(2021年6月28日現在)

※入金手段は頻繁に更新されているようなので、必ず公式サイトでも確認するようにしてください。

 

 

各入金方法による手数料一覧

 

上のクレジット/デビットカードの図を真ん中で仕切ったのにはわけがありまして、カードのブランドによって入金手数料に違いがあります

下の表に銀行送金の場合と合わせて入金手数料をまとめたので、参考にしてください。

 

bitwalletへの入金方法入金手数料10万円入金した場合にかかる手数料
国内銀行送金(みずほ銀行)無料0円
VISA入金額の8.0%8000円
Mastercard入金額の8.0%8000円
American Express入金額の8.5%8500円
Diners Club入金額の8.5%8500円
JCB入金額の8.5%8500円
Discover入金額の8.5%8500円

 

クレジットカードで入金した場合はかなり手数料が割高になりますね。

さらに手数料に上限額は設定されておらず、入金額が大きくなればなるほど手数料も大きくなるので、bitwalletへの入金はできるだけ銀行送金で行うのがよいでしょう。


また、クレジット/デビットカードの場合は最低入金額が1000円、最高入金額が50万円/月と定められています。

銀行送金の場合、取引額の制限は設けられていません。

 

※オンラインウォレットについては、公式サイトにも手数料などの表示がありませんでした。
 これは様々なオンラインウォレットを実際に使ってみないとわからないかもしれませんね。
 今回の記事ではオンラインウォレットの手数料については省略させていただきます。

 

 

入金までの反映時間

 

 

入金までの反映時間は、クレジット/デビットカードおよびオンラインウォレットからの入金は「即時」銀行入金の場合は「15分以内」(ただし銀行営業時間内のみ)の反映となっています。

どちらにしても入金反映までの時間はかなり速いですね。

 

 

bitwalletから銀行への出金手数料は一律824円

 

 

bitwalletから資金を引き出す場合は、選択肢は銀行送金のみとなっています。
送金先は国内の銀行、海外の銀行どちらでも可能です

出金手数料は入金時のように金額に対する割合で定められているのではなく、「出金先」と「出金通貨」によって一律料金で設定されています

基本的には、この記事を読んでいる方は日本に住んでいて円で出金することが多いでしょうから、出金手数料は金額にかかわらず一律824円と覚えておけば大丈夫だと思います。

そのほかの国や通貨で出金する方は、公式サイトのシミュレーターを使って確認してみてください。

海外に出金したり、外貨で出金する場合は結構手数料がかかってしまうようですね。

 

 

bitwalletでは、出金手数料の割引キャンペーンを行うことがあり、実際には824円でない場合もあります。

この記事を作成した2021年6月の時点では出金手数料の割引が行われており、777円で出金が可能となっていました。

キャンペーンは随時変更していくので、最新情報は公式サイトでチェックしてみてください。

 

 

 

出金の上限額

 

1回の出金の上限額は約50万円、1日の出金上限額は約200万円となっています。

そのほかにも使用法によってはいくつかの細かい規定がありますので詳細は公式ホームページでチェックしてみてください。

 

 

出金までの反映時間は24時間以内

 

bitwalletは世界中の主要銀行に「出金用の口座」を持っているようで、利用者の口座に合わせて最適な銀行から迅速に出金がされるようです。

 

 

円、ドル、ユーロで入出金できるため無駄な為替差損を避けることができる

 

bitwalletでの出金は、銀行よりも有利な為替レートで両替し、ドル、ユーロ、円、豪ドルという複数の通貨で出金ができるため、銀行経由で出金するよりも為替差損を小さく抑えることができます。

bitwalletで適用される為替レートは公式ホームページでリアルタイム(平日のみ)でチェックできるので両替を利用する方はチェックしてみてください。

 

 

bitwalletの入出金シミュレーター

 

 

bitwalletでは、入出金に関して、「入出金先」や「金額」、「入金に使う手段」などによって手数料が変わってきます。
そのルールを全て把握するのは少し面倒ですが、そんなことをする必要はありません。

bitwalletの公式サイトには、「シミュレーター」が用意されています。

この「シミュレーター」に自分が入出金したい金額を入力すると、その金額の場合の手数料がすぐに一覧で表示できるのでぜひ使ってみてください。

実際、細かいパターン全てを覚える必要はなく、自分が使う方法でかかる手数料だけ把握できれば十分ですからね。

▶︎ bittwallet「シミュレーター」

 

 

下の表は、bitwallet公式サイトの「シミュレーター」で計算した10,000円を入金する際の各入金方法ごとの手数料です。
実際にはこのようになり、クレジットカードでの入金が割高、みずほ銀行への入金が無料と格安になっていることがおわかりいただけると思います。

 

 

 

複数の海外FX会社に対応

 

 

bitwalletを利用することのメリットとして、複数のFX会社をまたいだ資金の横移動に便利ということが挙げられます。

ザッと有名どころの海外FXブローカーの入金方法を調べてみたところ、以下のFXブローカーではbitwalletを採用していました。(2021年6月28日現在)

 

  • Tradeview
  • TitanFX
  • GEMFOREX
  • iFOREX

 

XMだけでなく、複数のFX業者を利用する方にとっては、bitwalletを使うことで資金の移動を迅速にし、手数料も抑えられるのでメリットが大きいですね。

 

 

その他の機能

 

ここまでに挙げてきた内容以外にも、「bitwalletユーザー間での送金」や「bitwallet内での両替え」などの機能もbitwalletの特色ではあるのですが、XMで取引を行う内容からはそれてしまうため、今回は解説を省略します。

必要に応じてbitwallet公式サイトでチェックしてみてください。

▶︎ bitwallet公式サイト

 

 

注意点

 

bittwalletの口座は20歳以上でないと開設できません。

 

 

【bitwallet × XM】

 

 

さて、ここまででようやく「bitwalletそのもの」の内容の説明が終わりです。
ここからは「bitwallet × XM」の内容について解説していきます。
 

bitwallet自体の使い方はわかっているという方はここから先だけ読んでも大丈夫ですよ。

 

 

bitwalletが利用できるのは円口座のみ

 

 

まずbitwalletを利用できる条件ですが、XMで円口座を使用している必要があります
口座の通貨がドルやユーロの場合、入金方法の選択肢にも表示されないようになっています。


現在使用中の口座がドルやユーロ建てだけど、これからbitwalletを使っていきたいという方は新規で円口座をつくる必要があります。

XMでは、新規口座を開設するのは非常に簡単で、慣れていれば1分ほどで開設が完了します。

追加口座の解説方法は下の記事で解説しているので必要な方は参考にしてください。

 

 

 

また、「登録住所が日本以外の場合」「取引口座の有効化が済んでいない場合」もXMの入金方法一覧には、「bitwallet」が表示されませんので、ご注意ください。

 

 

bitwalletからXMへの入金手数料は無料

 

 

bitwalletからXMへの入金手数料は無料になっています。

実際はbitwallet間の送金手数料が100円かかっているのですが、それをXMが負担してくれているということですね。

また、これはbitwalletからの入金だけでなく全てのオンラインウォレット(STICPAY、BXONE)で共通して無料となっています。

 

 

XMからbitwalletへの出金手数料は無料

 

 

また、XMからbitwalletへの出金の際も手数料は無料となっています。

bitwalletとXM間の入出金はどちらも手数料がかからないので気軽に資金の出し入れができますね。

 

 

出金できるのはbitwalletを通じて入金した金額まで

 

ただし、冒頭で述べたとおり、XMには「出金ルール」がありますので、利益は全て銀行送金で出金しなければなりません。

XMの出金ルールを把握していない方は、こちらの記事も参考にしてください。

▶︎ XMでは「マネーロンダリング」防止のため、「利益」の出金は「銀行送金」でしかできない!

 

 

bitwalletからXMへの入金は即時反映

 

bitwalletからXMへの入金は即時で反映されます。

すぐに残高を反映させたいときには便利ですね。

 

 

365日・24時間いつでも入金が可能

 

また、即時で入金が反映されるだけでなく、bitwalletからXMへは356日・24時間いつでも入金が可能です。(メンテナンス時を除く)

銀行の営業時間を気にしなくてよく、平日の夜や日本の祝日でも即入金できるのでFXトレーダーにとっては非常に便利です。

 

 
 

bitwallet-XM間での入出金限度額はなし

 

bitwallet-XM間での入出金限度額や回数は特に定められていません

日ごとや月ごとの限度額や回数もありません。

但し、最低入出金額は500円からとなっています。


また、XMとbitwalletの間では入出金限度額は特に定められていませんが、bitwallet自体の入出金限度額はありますのでその範囲内でXMとの入出金を行うことができます。

 

 

ネット上の他の記事を見ると、bitwalletとXMに関する「入金限度額」や「回数」に関して記述している記事(それぞれ違う内容が書かれている)が複数見つかったのですが、今回この記事を作成するにあたって、XMにメールを送り正しい情報を確認しました。

XM公式サイトにもこの情報は載っていませんので、ウェブ上で正しい情報を記載しているのは現状この記事だけだと思われます。

 
 

bitwalletを使った入金に対するボーナスの内容は時期によって変動あり

 

 

XMではオンラインウォレットの利用を促進するため、たびたびオンラインウォレットからの入金に追加ボーナスを付与しています。

このボーナス制度は常に設けられているわけではなく、時期によってなくなったりすることもあるので、最新情報はXM公式ホームページで都度確認してください。

ちなみに本記事作成時点では、bitwalletからの入金額に対して10%のクレジットボーナスを最大$500まで付与するキャンペーンを行なっています。

 

 

 

サービス内容変遷

 

bitwalletは過去では最もお得な入出金方法として人気がありましたが、現在はそのメリットはなくなっています。

以前はbitwalletの口座へ利益の出金ができたのですが、マネーロンダリング対策もあり、現在では利益の出金はできなくなっています。

そのため、圧倒的に安い出金手数料だったbitwalletの魅力は損なわれてしまいました。


現在はその他の入金方法と同じように利益は全て銀行送金で出金しなければならないため、入出金コスト以外のメリットをbitwalletに見出せない場合はbitwalletを使う必要性は小さくなっています。

 

 

 

bitwalletと他のオンラインウォレットの比較

 

 

ここまでにbitwalletやXMのシステムを見てきましたが、bitwallet以外のオンラインウォレットとの比較もしておきましょう。

ここまでの内容を把握しておけば基礎知識はバッチリですが、他のオンラインウォレットとの違いも抑えることでさらにbitwalletの特徴をつかむことができるでしょう。

 

こちらの内容は2021年6月29日時点のものです、XMを含めFXブローカーは常に入出金方法を刷新していますので、最新の情報は必ず公式サイトでご確認ください。

 

※比較は基本的な入金方法(銀行とクレジット/デビットカードを使った入出金)で行なった場合のパターンで行いました。また、入出金先は日本国内で通貨も円の場合を想定しています。
その他の国や通貨で入出金する場合、内容が変わりますのでその場合は各自必要に応じて確認をお願いいたします。

 

オンラインウォレットごとの手数料の比較(bitwallet、STICPAY、BXONE)

 

手数料bitwalletSTICPAYBXONE
ウォレットへの入金銀行振込なら無料入金額の1〜5%無料
ウォレットからXMへの入金無料無料無料
XMからウォレットへの出金無料無料無料
ウォレットから銀行口座への出金824円600円+送金額の2.5%2000円〜出金額の1%

 

手数料で比較するとbitwalletが最もおトクですね。

 

オンラインウォレットごとの入出金反映までにかかる時間の比較(bitwallet、STICPAY、BXONE)

 

bitwalletSTICPAYBXONE
ウォレットへの入金即時〜15分5分以内〜5営業日翌営業日まで
ウォレットからXMへの入金即時即時即時
XMからウォレットへの出金24時間以内*24時間以内*24時間以内*
ウォレットから銀行口座への出金24時間以内通常1〜2営業日4営業日以内
*XMの営業日に限ります

 

反映時間で見てもbitwalletが総合的に速いようですね。

 

bitwalletアカウントをつくる

 

bitwallet管理画面 パソコン

 

bitwallet管理画面 スマホ

 

bitwalletのアカウントをつくるにはbitwalletのサイトの指示にしたがって個人情報などを入力すれば簡単に完了します。

上の画像のような管理画面まで来れば、あとは本人確認書類(運転免許証・パスポートや住所のわかる請求書または住民票など)をオンラインで提出すれば基本的な機能が全て使えるようになります。

また、ログインの際にSMS認証を求められるのでSIM契約しているスマートホンが必要になります。


bitwalletの利用を検討している方はこの際にサクッとアカウントを開設してしまいましょう。

bitwallet ビットウォレット 公式サイト

bitwallet™ は世界200カ国で使えるオンラインウォレット
bitwallet(ビットウォレット)は、4種類の法定通貨(米ドル・日本円・欧州ユーロ・豪ドル)に対応し、世界最高水準のセキュリティを備えたオンラインウォレットです。6種類のクレジット/デビットカードを利用した入金、銀行からの送金(日本、その他海外)、オンラインウォレット(NETELLER、Skrill)による入金に対

 

 

bitwalletアカウントをつくり、入金まで済んでしまえばあとはXMに入金するだけです。

手順はXMのホームページで入金方法から「bitwallet」を選び、bitwalletで登録しているメールアドレス、入金したい金額をフォームに入力するだけです。

自分のbitwalletアカウントへの入金までできたらぜひ実際にXMに入金してみてください。

 

 

まとめ(bitwalletに対する筆者の考え)

 

 

以上、bitwalletについての解説でした。

最後に私がbitwallet入金に対して思うことを簡単にまとめて終わりにしようと思います。


記事の中でも述べている通り、bitwalletはやはりFXブローカー側にとってメリットの大きい入出金手段だと思います。

もしVISAやJCBのクレジット/デビットカードで入金できるのであれば、手数料や反映スピードの面でもほとんど同等のサービスが受けられますし、銀行送金でも入金手数料は無料なのでコスト面のメリットが特に高いというわけでもなさそうです。


出金する場合は、XM→bitwallet→銀行口座へはトータルの手数料が824円と安いですが、利益を出金することになった場合(多くの方は利益を出すためにFXをしますよね?)、結局は銀行送金でしか出金ができないので、銀行送金も使うことになります

銀行送金の場合でも、出金額が40万円以上であれば出金にかかる手数料はXMが負担してくれ、無料で資金を引き出すことができるので、利益を出すことが前提であればbitwalletの出金手数料の安さというのはあまりメリットになってきません。

むしろ利益が出た場合でも、bitwallet経由で出金しなければならない金額分では必ず824円の手数料が発生してしまうので、銀行送金、クレジット/デビットカードの中では100%手数料が発生する入出金手段ということになります。

クレジット/デビットカードの場合、カードに戻す場合は手数料はかかりませんし、利益が出て銀行送金することになった場合も40万円以上の出金であれば手数料はかかりません。


つまり、「銀行送金」、「クレジット/デビットカード」での入金の場合、40万円以上の利益を出せば入出金ともに手数料が無料になるのに対して、「bitwallet」含むオンラインウォレットで入金した場合は40万円以上の利益が出たとしても必ずオンラインウォレットからの出金で手数料が発生してしまうということです。


また、XMへの入金でDiners(ダイナース)、American Express(アメリカン・エクスプレス)などのカードをどうしても利用したいという場合は、bitwalletを経由させることで入金は可能になるのですが、そもそもクレジットカードからbitwalletへの入金は非常に割高になっているのであまりオススメではありません。


ということで、bitwalletは、「bitwalletをすでに使っている人」や「他の海外FX口座と資金を頻繁に移動する人」以外はメリットが少ないということが見えてきました。


できることなら、やはり「銀行送金」や、VISAやJCBで「クレジット/デビットカード入金」を行った方がよいでしょう。


最終的に「XMへのbitwallet入金はオススメではない」という結論に至ってしまいましたが、bitwallet入金についてしっかりと理解することはできたのではないでしょうか?



XMで取引を行うにあたって、入出金の反映スピード手数料のコストメリットをバランスよく受けるのであれば「VISA」のクレジット/デビットカードが最もオススメですね。


以上、この記事が参考になれば幸いです。

 

 

▼そのほかの入金方法も解説しています