紹介制EA(平均15万円/月の収益) 詳しくはこちら>>

XMの口座凍結は稼ぎ過ぎが原因ではない!規約を守ればOK

xm-account-freeze

久々にXMでトレードをしようと思ってMT4を開いたら、ログインできなくなっていたということ経験をしたことがある人も少なくはないでしょう。こういうことがあると、何か問題があったのだろうかと不安になってしまうのもわかります。

 

実は、長い間XMの口座にアクセスしないことが続くと、口座凍結をされる可能性があるのです。

XMにおける口座凍結には、次のようなルールが設けられています。

  • 取引や入金が90日間行われなかった場合は休眠口座となる
  • 口座残高がゼロになってから90日経過すると口座が凍結される

 

このような流れで凍結された口座は元に戻すことができません。凍結されてしまえば、新たに口座を開設する他に術はないのです。

 

こちらの記事では、XMの口座凍結についてのルールをご紹介していきます。

XMの口座凍結に関わるルールについて

XMで口座が凍結されるのは、基本的に「長い間、手をつけられず放置された場合」となります。一つ一つ口座凍結の流れやルールをチェックしていきましょう。

口座凍結の前段階「口座休眠」について

XMでは、口座凍結がすぐに行われるわけではなく、前段階として「口座休眠があります。

口座凍結は残高ゼロから90日後

前項のように口座休眠が起こると、ボーナスを除く口座残高から口座維持手数料が引かれていきます。

口座手数料は毎月5ドルとなっています。

 

つまり、口座休眠中は毎月手数料が発生することとなり、そのまま継続すると口座残高がゼロとなります。この状態でさらに90日放置してしまうと、口座凍結が起こります。

稼ぎすぎは口座凍結につながらない

XMに限らずその他のFX業者や、ギャンブルの世界界隈でよく耳にするのが、稼ぎ過ぎると口座凍結されて払い出し拒否となるという話です。

 

しかし、XMにおいては、稼ぎすぎで口座凍結になるという事実はないので安心してください。その理由が、XMで採用されているNDD方式にあります。

NDD方式は口座凍結が起こりにくい

NDD方式による顧客の注文は、インターバンク市場で扱われるため、NDD方式を採用しているFX業者は、顧客の注文を取り次いだ時にスプレッドを手数料という形で受け取っているのです。

 

つまり、NDD方式を採用していることにより、一般的に顧客の損益は直接FX業者の損益として繋がるわけではないのです。

 

それよりも、多く取引をする顧客は多く手数料を支払う顧客ということになりますから、稼ぎのいい顧客ほど上得意になるというわけです。

DD方式だと口座凍結になる可能性あり

海外のFX業者はXM同様にNDD方式を取り入れています。しかし、国内のFX業者が採用しているのはDD方式です。

 

DD方式は、顧客の注文を一旦業者内で決済することになります。これをいわゆるノミ行為といい、NDD方式とは異なる点です。DD方式の場合は、顧客があまりにも稼ぎすぎてしまうと、口座凍結の危険性がないとは言い切れません。

 

このことを踏まえると、稼ぎすぎによる口座凍結を心配している人は、XMなどのNDD方式を取り入れているFX業者を選択することをおすすめします。

 

ここまでの流れをまとめておきましょう。

XMでは取引や入金が90日間行わなければ、まず「休眠口座」となります。そして、残高がゼロになった状態でさらに90日経った時に「口座凍結」になってしまいます。

口座凍結は規約違反!

XMでは、規約違反をしてしまうと口座凍結などの重大なペナルティが課せられます。

それでは、XMにおける規約違反を確認してみましょう。

他口座の間での両建てはNG

XMでは両建てをする場合は同一口座ならOKとしています。

両建てをした場合のメリットとして、それぞれのポジションの必要証拠金が相殺され、ゼロになるといったポイントがあります。これは、他の業者にはないメリットと言えます。

 

しかし、XM内にある他の口座を使って両建てをしたり、XMと他業者の口座を利用した両建てをしたりといった、他口座間での両建てについては、全面的に禁止となっています。

 

その理由としてあげられるのは、XMなどの海外FX業者では一般的となっている「ゼロカット」というシステムです。

 

ゼロカットでは、もしも口座残高を超えるマイナスが出た際に、残高のマイナス分をリセットすることで、顧客の元本割れといったリスクを回避します。

 

他口座間での両建てを行うと、ゼロカット」というシステム濫用した悪質なトレードが可能となるため禁止されているのです。

指標発表や窓開けを使ったハイレバレッジトレードはNG

雇用統計やFOMCといった指標発表があると、レートが大きく変動する可能性があります。

また、土日の間に政治的な出来事や経済的な動きがあると、それらに影響されて月曜日のマーケット開場時に、レートが大きく変動した状態からスタートする場合があります。

 

これを窓開けと言います。

XMでは、このような急激なレートの変動を使ったハイレバレッジトレードを禁止しています。

 

その理由としてあげられるのは、他口座間における両建てを禁止したものと同様に、「ゼロカット」を悪用することを回避するためです。

ボーナスの悪用について

XMでは他人を装ってボーナスを受け取る行為も禁止となっています。

例えば、口座開設ボーナスは一人につき1度しか受け取ることができません。

 

しかし、他人を装うことで複数回ボーナスを受け取ったり、不正な両建てをしたりした際のボーナス悪用についても、もちろん禁止となっており、口座凍結の対象となります。

裁定取引はNG

業者によって為替レートは微妙に違ってくる可能性があります。

こういった業者間のレートの違いを利用した取引のことを一般的に裁定取引(アービトラージ)と言います。XMではこの裁定取引も禁止しています。

口座凍結をされた際の解除方法について

口座凍結が起こってしまうと、そもそも口座にログインすることができなくなります。そのため、トレーダー側からはどうすることもできない状態になるのです。

 

では、口座凍結はどうしたら解除となるのでしょうか。

口座凍結は解除できない

残念ながら、XMにおいては口座凍結になってしまったら解除することができません。

つまり、口座凍結されると2度と使用不可能となってしまうのです。

 

そのため、口座凍結になったら、新たな口座を作り直すという手段しかありません。

 

とは言え、口座凍結されたとしても新しく口座を作ればいいだけですから、そこまで重く捉える必要はないと言えるでしょう。

口座にあったお金の行方

「口座に資金が残っていたらどうしたらいいの?」「凍結されたら引き出せなくなるのでは?」と不安に感じる人もいるでしょう。

 

しかし、前項でもお伝えした通り、口座凍結の前段階として口座休眠があります。口座休眠の間には口座維持手数料がかかり、毎月5ドルが差し引かれていきます。

 

口座凍結になるには、口座の残高がゼロになってから90日が経過しなければなりません。つまり、凍結された口座はすでに残高がない状態にあるというわけです。

口座凍結と口座休眠の違いとは?

口座凍結まで進んでしまうと、解除する手段が一切ない状態になります。しかし、口座休眠であれば対処する手段があるのです。

 

どんな手段があり得るのかをご紹介していきましょう。

口座休眠なら取引再開もOK!入金もできる!

口座休眠の解除法を見る前に、一度「口座凍結までの流れ」をおさらいしておきましょう。

1.90日間、全く取引や入金が行われない

2.口座休眠になり、毎月口座維持手数料が引き落とされる

3.口座残高がゼロになる

4.90日が経過する

5.口座凍結

口座凍結まで行ってしまうと、新たに口座を開設する他ありません。しかし、それまでの段階であれば取引を再開するか入金をすることで口座休眠を解除することが可能です。

 

口座休眠が解除されれば、今まで通り通常の口座としてしようすることができます。口座残高によって、口座休眠が続く期間は異なってきますので、自分の口座にどれくらい入っているかを知っておく必要があります。

 

例を一つ見ておきましょう。

口座残高が10万円、口座維持手数料5ドル(500円)の場合
10万円÷500円=200ヶ月=約16年

資金の引き出しもできる!

口座凍結をされるとログインができなくなりますが、口座休眠の状態であればログインは可能です。

 

そのため、新たに取引をするか入金をすることで口座休眠は解除となります。解除されると、口座にある資金を出金することも可能です。

XMの口座凍結についてよくある疑問を解決

https://www.xmtrading.com/jp/

口座凍結までの流れについてはご理解いただけたでしょうか。ここからは、口座凍結についてよく見られる疑問を一つずつ解決していきましょう。

口座凍結された場合、ボーナスやXMPはどうなるの?

口座休眠中は口座維持手数料がかかりますが、ボーナスを除く口座残高から差し引かれることになります。そのため、口座維持手数料を支払う際にボーナスが使われることはありません

 

しかし、口座凍結をされてしまうと、口座に残っていたボーナスやXMPは全額失効してしまいます。つまり、口座に残っているボーナスを新たに作る口座に引き継ぐことはできないのです。

新たに口座を作った場合のボーナスは?

まずXMにおけるボーナスを確認しましょう。

  • 新規開設時における入金不要のボーナス(3,000円)
  • 500ドルまでの100%入金ボーナス
  • 4,500ドルまでの20%入金ボーナス

 

XMでは最大で8口座まで開設することが可能です。

しかし、ボーナスについては、それぞれの口座に対して起こるわけではなく、個人に提供されていると考える必要があります。

 

口座凍結が起こった場合、凍結された口座において得たボーナスは失効してしまいます。

しかし、まだ受け取っていないボーナスがあるとすれば、その残高は継続されることとなります。

 

そして、新たに口座を開設した際に、ボーナスを受け取ることができるのです。

 

入金不要ボーナスは、XMにおいて一番初めに新規口座を開設した1回のみとなります。その後、他人を装って入金不要ボーナスを受け取ると規約違反となってしまいます。重大なペナルティを受けることになるので、注意しておきましょう。

スキャルピングした場合は口座凍結になる?

FX業者によっては、スキャルピングを禁止しているところもありますが、XMではスキャルピングは禁止行為には該当しません。

 

XMの公式サイトでは、スキャルピングを認めていることについて触れられており、スキャルピングを行ったからといって口座凍結をされることはありません

XMにおける口座凍結についてのまとめ

XMでは口座休眠に至るまで、そして口座凍結に至るまでのそれぞれに90日間の猶予を設けています。

つまり、そう簡単に口座凍結されることはないということです。

 

しかし、口座休眠に突入すると、毎月5ドルもの口座維持手数料がかかってしまいます。無駄な手数料といっても過言ではないので、注意しておく必要があります。

 

取引を一定期間休む際は、資金を引き出したりすることで口座を動かし、口座凍結でボーナスやXMPが無駄になってしまわないように気をつけることが大切です。