XM マイクロ口座の1ロットは、ズバリ1,000通貨!

 

XMのマイクロ口座の1ロットって何通貨なんだろう?

あと、マイクロ口座を使うメリットってなんなんだろう?


こんな疑問をお持ちの方への記事です。

 

XM マイクロ口座 1ロットの通貨数は1,000通貨

 

マイクロ口座の1ロットはズバリ、「1,000通貨」です。

この情報だけで、疑問が解決した方もいらっしゃると思いますが、以下でもう少し補足していきます。

 

 

 

【例外あり】 マイクロ口座 CFDの数量は基本的に例外です

 

マイクロ口座で1ロットのサイズが1,000通貨になるのはFXの通貨ペアゴールドシルバーのみです。


CFDは基本的にスタンダード口座と同じ扱いになり、1ロット=10万通貨となります。

CFDの中でもゴールドとシルバーだけ、例外的にマイクロ口座のロット数で取引できるということですね。

間違えてマイクロ口座でのCFDのトレードで思わぬハイリスクなポジションサイズでエントリーしてしまわないように気をつけましょう。

 

XM マイクロ口座で持てるロット数

 

 

XMのマイクロ口座で1ポジションで持てる最大ロット100ロットです。最小0.01ロットです。
一方、スタンダード口座で1ポジションで持てる最大ロット50ロットとなっています。

 

口座タイプ/ロット数最小     最大     
マイクロ口座0.01100
スタンダード口座0.0150
単位: ロット

 

と言われても、これは実際にどれくらいの取引サイズなのでしょうか。

さらに ロット→通貨 に換算して以下の表にまとめました。

 

口座タイプ/通貨数最小      最大      
マイクロ口座10100,000
スタンダード口座10005,000,000
単位: 通貨

 

まだわかりにくいですよね。

例えば、円の価値に換算してみるとどうなるのか見てみましょう。
1通貨=1ドル=100円として計算してみると…

 

口座タイプ/通貨数最小      最大      
マイクロ口座1,000円1,000万円
スタンダード口座10万円5億円

 
このようになります。
一度に保有できるポジションサイズにかなりの差があるんですね。


FXって、特に海外のFX会社って「ハイリスク」なイメージがあるかもしれませんが、1,000円くらいの小さな金額で取引できるとなるとちょっと安心感が湧いてきませんか?

 



例えば上の画像のように、「100pips(ドル円の場合1円)」くらいの大きな価格変動があったとしても、マイクロ口座の最小ロット数でトレードしていれば10円ほどの損失しか発生しません。

これがもしスタンダード口座の「1ロット(=10万通貨)」だとしたら、ー10万円ほどの損失となります。怖いですね…。


つまり、マイクロ口座を使うことによって、強制的にリスクを制限することができます

一方、大きな金額でトレードして、大きく稼ぎたい場合はマイクロ口座は不向きであり、スタンダード口座を使う必要性が出てきます。

しかし、マイクロ口座でも最大10万通貨までは持てるので稼げないことはないんですけどね…。

ここはそれぞれのトレードスタイルや目的に応じて使い分けていくと良いと思います。

 

 

ロット数は制限されていてもポジション数には注意が必要

 

口座タイプによって変わってくるポジションサイズはあくまで、ひとつのポジションで持てるサイズであって、口座の中で持てる最大の通貨量ではありません。

マイクロ口座でもスタンダード口座でも最大200ポジションまで持つことができるので、ポジション数を増やせばマイクロ口座でもかなり大きな取引ができます。なので、そういった意味ではどちらの口座を使うにしても注意は必要です。

 



具体的には、マイクロ口座といえども、最大ロットの100ロットのポジションを、200ポジション持った場合、20億円分(ドル円で1ドル=100円の場合)ほどの取引が可能になります。

 

複数のポジションを持つことでマイクロ口座でも大きな取引量になる。


このように、マイクロ口座なら絶対に安全というわけではないので、取引の仕方には充分気をつけてください。

 

【例外あり】 MT5を使う場合

 

XMでは「MT4」と「MT5」どちらかの取引ツールを使ってトレードしていくことになりますが、MT5を使用する場合、マイクロ口座の最小ロット数は0.1ロット(=100通貨)になります。

MT5だけ例外的にXMの最小ロット=0.01ロットでのトレードができないということですね。

しかしこれはそれほど大きな問題ではないでしょう。
100通貨や1,000通貨でも充分低リスクにトレードができるので、あまり気にしなくても大丈夫です。
どうしても10通貨で取引したいという方はMT4を選べば解決です。

 

以上で、「マイクロ口座の1ロットの通貨数」に関する基本的な内容は終わりです。
以下では、マイクロ口座を使用するメリットやマイクロ口座のロット数にまつわる内容をまとめています。

マイクロ口座とロット数の関係について、より理解を深めたい方は読んでみてくださいね。

 

マイクロ口座を使うことでロット数の入力が楽になる

 

マイクロ口座を使うメリットって一体なんなんだろう?

 

「低リスクでトレードができる」というのがよく言われることですが、実際マイクロ口座を使わなくても、低リスクなトレードを行うことはできます。

しかし、同じ1,000通貨のトレードをするにしても少し違いがあります。

 

 

上はXMのスタンダード口座の注文パネルですが、スタンダード口座で1,000通貨で低リスクなエントリーをしたい場合、毎回「0.01」などと小数点以下を入力しなくてはいけません。

しかし、マイクロ口座を使うことによって、この面倒な入力が不要になります。
「1」と入力すれば、1,000通貨の注文を行うことができます

つまり、手軽に、素早く注文が入れられるようになります。

私は、この部分がマイクロ口座の最大のメリットだと考えています。

入力するロット数がシンプルに「1」や「2」になれば、相場に対して素早い反応ができますし、成績の記録をつける場合もシンプルになり、時短になりますよね。


スタンダード口座をすでに使っているけど、毎回小さなロットでしかエントリーしていないという方は、マイクロ口座に切り替えてみてはいかがでしょうか。

マイクロ口座を使うことで低リスクのトレードができる

最大でも10万通貨までのエントリーになるのでリスクが制限される

 

マイクロ口座を使うことのメリットのもう1つが、間違えて大きなポジションサイズでエントリーしてしまう心配がなくなるということですね。

間違えて注文パネルに「100」と入力してしまったとしても、「10万通貨」のエントリーで済みます。

こうなれば、どれだけ損してしまったとしてもスタンダード口座でやらかす失敗の100分の1の金額で済みます。


全く操作もわからない、ポジションサイズの感覚もわからない状態の完全初心者の方は、安全性を重視してマイクロ口座から慣れていくのも良いですね。

 

XMTrading公式サイトでマイクロ口座の詳細を確認する

 

スタンダード口座でも最小1,000通貨までのトレードは可能

 

「小さな金額でトレードする」「少ない証拠金でトレードする」という目的に関しては、1,000通貨のトレードまでならスタンダード口座でも対応可能です。

100通貨や10通貨などの、「超低リスク」のトレードをする必要性がない、加えて1,000通貨〜1万通貨でのロット数入力が多少不便でも構わないという方は、スタンダード口座でも全く問題ないですね。

 

XMTrading公式サイトでスタンダード口座の詳細を確認する

 

マイクロ口座を使うことで最小10通貨の超低リスクトレードが可能になる

 

マイクロ口座で最小ロットの0.01ロット(10通貨)でトレードする場合、例えばドル円で30pipsの負けトレードを100回繰り返しても損失額はたったのー300円で済みます。

XMの最低入金額は5ドルです。この最低入金額を入れて、マイクロ口座の最低ロットでトレードすることによって、非常に低リスクのトレードでたくさんの実戦経験を積むことができます。

マイクロ口座とスタンダード口座は、一度に持てるポジションサイズ以外には一切違いがありませんから、FX初心者やXMでのトレードを始めたばかりの方がXMの操作に慣れるまでの練習に使ったり、FX中級者が自分のトレード手法の質を確認するのには非常に良いですね。

デモ口座でも練習は可能ですが、やはり少しでもお金をかけていると気持ちの入り方が違うものです。

 

 

また、EA(自動売買ソフト)の検証にも良いですね。

マイクロ口座の最小ロットで稼働させてみて、超低リスクで実際の成績を確認すれば、無駄な損失を最小限にすることができます。

金額以外の成績(勝率など)をマイクロ口座で確かめて、「このEAなら勝てる」と判断してからロットを上げていくのはとても良いやり方だと思います。

 

オススメEAはこちらで紹介しています

 

マイクロ口座でも充分利益を出すことはできる

 

 

マイクロ口座でも稼ぐことはできます。

「マイクロ口座は、利益を得るための口座ではない」や、「マイクロ口座を使うとトレーダーとしての成長が遅くなる」などと言う声も多いですが、実際にそんなことはないと思います。

マイクロ口座でも、使い方次第で利益を出すために使うことができます。

マイクロ口座を使って、最大の100ロットでポジションを持った場合、10万通貨のポジションを持つことになります。
この100ロットのポジションで30pips利益方向に動くと、約30,000円の利益が出ます(ドル円の場合)。

30,000円って少ないでしょうか?

もし毎日、100ロットで30pipsの値幅を取ることができれば1週間で15万円の利益を上げることができます。


時給1,000円で8時間、19日ほど働く場合の給料ほどの金額ですね。

少なくとも「マイクロ口座は稼ぐ目的には使えない」とは言えないと思います。

 

マイクロ口座で勝てないならスタンダード口座でも勝てない

 

 

トレードというのは、「勝率」や「損益比」「プロフィットファクター」といった”金額ではない部分”の成績や「手法」「資金管理」「相場分析」などといった要素が非常に重要になってくる世界です。

どんなに大きな資金があっても、「トレード技術」を身につけていなければ、1億円もゼロになってしまうような世界。それがFXです。

まず「トレード技術」を身につけなければ、FXの世界で生き残っていくことはできません。

そして、「トレード技術」を身につけるのに、「資金」というのはいらないんです
1万円しかなくても、1,000円しかなくても、XMならトレードができます。

そして、そのお金を使って、まず「トレード技術」を身につけてください。

逆を言えば、トレード技術さえ身につけてしまえば、最初に入金する金額がたった1,000円でも1億円を稼げるのがFXの世界です。


この「トレード技術」を高めるためにマイクロ口座を活用してみてください。
資金がそれほどないという方には特にオススメです



1,000円を2,000円にできないトレーダーが、100万円を口座に入れてもきっと全て溶かしてしまうでしょう。

逆に、1,000円を2,000円にできるトレーダーは、100万円を200万円にするポテンシャルを持っています。

まずは試しに1,000円を2,000円にしてみてくださいね。


超低リスクでトレードを行うことのできる環境があるのはとてもありがたいことです。

マイクロ口座の最小ロットを活用することで、何度もチャレンジできる環境でリアルな練習をすることができます。ぜひ有効活用してください。

 

XMでマイクロ口座を開設する

マイクロ口座を持っていても簡単にスタンダード口座を追加できます

 

どの口座にするか迷っていませんか?

XMでは、マイクロ口座を作成したあとでも、スタンダード口座を簡単に追加することができます。
もちろん逆も可能です。

迷っている場合は、どちらでもよいのでまず口座を開設してしまいましょう。
 

まとめ

 

・マイクロ口座の1ロットは1,000通貨
・マイクロ口座を使うことで最大損失を強制的に制限できる
・マイクロ口座の最小ロットを使うことで、「トレード技術」を身につける間の超低リスクな環境を手に入れることができる
・マイクロ口座を使うことで、小さなサイズのポジションを持つときの入力が楽になる
・マイクロ口座でも使い方次第で充分稼げる

・マイクロ口座で勝てないなら、スタンダード口座でも勝てない

以上となります。

XMのマイクロ口座の特性をよく理解して、目的に応じて活用してみてください。

 

 

XMTrading 公式サイトの「口座タイプ」詳細ページはこちら