アマゾンギフト券プレゼント 詳しくはこちら>>

XMの1ロットの通貨量は?国内FXとの違いと必要証拠金を解説

スポンサーリンク

 

XMの1ロットの通貨量は?国内FXとの違いと必要証拠金を解説

1ロットの通貨量はFX会社によって異なるうえに、1ロットからしか取引できない会社があれば、0.01ロットで取引できる会社もあります。
FXのロットは紛らわしいと感じたことがある人は少なくないはずです。

 

そこでXMのロットの基本情報から、1ロットの取引にいくらの証拠金が必要なのかという点まで詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

XM 1ロット当りの通貨量

口座名1ロット通貨量
スタンダード100,000
ゼロ100,000
マイクロ1,000

マイクロ口座は、スタンダードとゼロ口座の100分の1の通貨量になります。

 

1,000通貨 = マイクロ口座 1ロット = スタンダード口座 0.01ロット
100,000通貨 = スタンダード口座 1ロット = マイクロ口座 100ロット

 

FXのロットとは?

ロットは取引通貨量の単位

FXのロットとは取引通貨量の単位のことです。

例えばスーパーで卵を買う時、普通何個か卵が入ったものを「1パック」として購入します。

FXでも同じように、FX会社によって1万通貨で1ロット、10万通貨で「1ロット」というように決められているわけです。

 

FXのリスクを左右するのはレバレッジよりもロット

FX初心者の方は「レバレッジが高い=リスクが大きい」と考えがちです。

確かにレバレッジを高くして、運用額を増やせば、リスクが増えることもあります。

 

しかし利益も損失も、pips×ロット数(通貨保有量)となるため、実際にリスクを左右するのは、ロット数です。

 

例えば1ロットを10万通貨として、ドル円を買いポジションで1ロット持っていたとしましょう。

もしドル円が1円下がることがあっても、損失は10万円です。

しかし10ロット持っていれば、1円の値動きで、100万円の損失が発生します。

 

一方、レバレッジがたとえ10倍でも、888倍でも、ロット数が同じであれば、損失の額に差はありません。

レバレッジは運用可能額を大きくして、資金効率を高めるものだと理解しましょう。

 

最小取引通貨量が1ロットとは限らない

初心者の方だと「最小取引通貨量=1ロット」と勘違いしてしまうこともあります。

しかし実際には1ロットあたり1万通貨のFX会社でも、0.1ロット1,000通貨の取引が可能なところも多いです。

 

1ロット単位でしか取引ができないのであれば、1ロットあたりの通貨量が少ないFX会社がよい会社といえます。

1ロットあたりの通貨数が少なければ、リスクを抑えたい時に非常に少額の投資をすることが可能な一方、1ロットあたりの通貨数が大きい場合には、リスクを抑えたくても、それ以上小さい単位で取引することは不可能だからです。

 

しかし1ロットあたりの通貨量が多くても、0.1ロットや0.01ロットの取引が可能なのであれば、1ロットあたりの通貨量が少ないFX会社とリスクは変わりません。

 

XMと国内FXの「1ロット」の違い

国内FXでは1ロット=1万通貨

スーパーによって1パックに入っている卵の数が異なるのと同様に、FXの1ロットあたりの通貨量はFX会社によって異なります。

 

しかし概ね国内FX会社は、1万通貨で1ロットとすることが多いです。

 

XMでは1ロット=10万通貨

国内FX会社の多くでは1ロットあたり1万通貨とされている一方で、海外FX会社は1ロットあたり10万通貨としていることが多いです。

XMも、1ロットは10万通貨とされています。

 

国内FX会社の方が1ロットあたりの通貨量が少ないため、1ロット10万通貨の海外FX会社より、自由な取引ができるように思う方もいるかもしれません。
しかし国内FX会社では1ロット以下の取引はできないことが多い一方、多くの海外FX会社では、0.1ロットや0.01ロットで取引できます。

そのため海外FX会社の方が、より自由度の高い取引可能なことが多いです。

 

XMでは口座タイプで1ロットの取引通貨量が異なる

XMでは3つの口座タイプが用意されており、1ロットあたりの通貨量や最小取引通貨量が異なります。

 

まず最小取引通貨量が少なく。初心者でも始めやすいと人気のマイクロ口座です。

マイクロ口座では1ロットあたり1,000通貨となっています。
そして最小取引通貨量は0.01ロット=10通貨です。

FXを一度もやったことがない初心者の方が、非常に低リスクでトレードをするのにはよいかもしれません。

 

次に最も人気で、初心者にもおすすめのスタンダード口座です。

1ロットあたり10万通貨と、ロットあたりの通貨量は他の海外FX会社同様に多いと言えますが、0.01ロット=1,000からトレードできます。

1,000通貨であれば、一気に100pips以上動くことは多くないので、損をするとしても1,000円から2000円程度。

初心者に1番おすすめの口座タイプです。

 

最後にスプレッドが小さいことが売りのZERO口座。

1ロットあたりの通貨量は1万通貨で、スタンダード口座と変わりませんが、最小取引通貨量は0.1ロット=1万通貨です。

最低入金額が10,000円なこともあって、初心者にはおすすめしない口座タイプです。

 

XMでは50ロット=500万通貨トレード可能

XMのスタンダード口座では1ロット10万通貨で50ロット、合計500万通貨で取引することが可能です。

500万通貨で買いポジションを保有している通貨が1円値上がりすれば、それだけで500万円の利益になります。

もし5pipsだけだったとしても、25万円の利益です。

月に5pips程度であれば、あり得ない数値ではありません。

それでも毎月25万円、新卒の会社員の月給程度稼げます。

 

XMのロットと証拠金

XMでは1ロットの取引にいくらの証拠金が必要?

【スタンダード口座】

スタンダード口座の場合、1ロットは10万通貨です。

ドル円=110円として10万通貨なので、1,100万円必要になります。

しかしXMの場合は888倍のレバレッジを利用することが可能です。

そのため1,100万円を888倍で割って1.238万円となり、約12,000円で1ロットの運用が可能だとわかります。

 

【マイクロ口座】

マイクロ口座では、1ロットは1,000通貨です。

ドル円=110円であれば、110,000円必要になります。

マイクロ口座でもスタンダード口座同様に888倍のレバレッジが利用可能です。

そのため110,000円を888倍で割って123,87となり、約124円で運用できます。

(ただしXMの最低入金額は500円なので、実際に取引を始めるには500円は必要です。)

 

XMでは最大50ロットの取引にいくら必要?

1ロットの取引はFXに慣れるにはよいですが、利益を上げるのであれば、最大ロットである50ロットでの取引が1番効率がよいです。

 

【スタンダード口座】

1ロット10万通貨で最大50ロットなので、500万通貨です。

ドル円で500万通貨買うには5億5千万円必要になります。

到底運用不可能な金額に感じるかも知れません。

しかし888倍レバレッジを利用すれば、5億5千万円を888倍で割って68.75万円です。

初心者には大きい額ですが、現実的な証拠金額といえます。

 

【マイクロ口座】

1ロット1,000通貨で最大100ロットなので、10万通貨です。

そのため上のスタンダード口座の1ロットの取引に必要な証拠金の計算より、約12,000円で取引できます。

 

10万通貨運用していれば、月に10pipsでも1万円稼ぐことが可能です。

証拠金約12,000円で毎月1万円稼げれば、悪くはないでしょう。

 

1万円で試しに取引を始めたら何ロットで取引できる?

XMで口座開設して、試しに1万円で取引を始めたら、レバレッジが888倍なので、888万円分の取引が可能です。

ドル円が110円だとすると、8万通貨購入できます。

 

スタンダード口座では1ロット10万口座なので、1ロットでは取引することはできません。

しかし0.01ロット1,000通貨から取引可能なので、0.8ロットで取引することが可能です。

 

またマイクロ口座では、1ロット1,000通貨なので、80ロットで取引できます。

 

XMは1ロット10万通貨だからハードルが高い?

FXをはじめたばかりの方の中には、XMは1ロットが10万通貨だからハードルが高いと思ってしまう人がいるかもしれません。
しかしXMでは1ロットではなく、0.01ロットから取引を始めることができます。

初心者にとって、はじめやすいです。

 

さらに1ロットの小額取引に慣れてきて、ロット数を増やして利益を上げたくなったら、少ない資金でも888倍レバレッジのおかげで資金効率を高めて、大きなロット数で取引できます。