【2022年版】収益率が高いおすすめEA10選!特徴や運用実績まとめ

今回は「収益率(利益率)」が高いEAについて調べてみました。

収益率とは元金に対してどのくらい利益が出たか?を調べるための数字です。

例えば同じ1,000万円の利益を出したEAでも、収益率が高いEAの方が少ない元金で1,000万円を稼げることを意味しています。

EAによってロジックが違うため、当然ですが収益率も変わってきます。

そこでGogoJungle(ゴゴジャン)で販売されているEAのうち収益率が高いものを10紹介します。

また収益率が高いEAから自分に合ったものを見つけるポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

収益率が高いEAを選ぶポイント

ゴゴジャンにはさまざまなEAがあり、収益率も変わってきます。

収益率が高いほど少ない元金でも利益が出やすいですが、ただ収益率の数字を見て「高い」「低い」だけで選ぶと失敗する危険性があります。

収益率が高く良いEAを選ぶには次の3点に注意してチェックしましょう。

遡って1年前までの収益率を見て選ぶ

収益率を比べる場合「全期間」で見るのではなく「過去1年間」でチェックしましょう。

「全期間」の数字で比べると昔の相場環境では大活躍していたものの、現在の相場環境に適していないEAが上位に入ってくる可能性があるからです。

EAによっては開発された時の相場環境に合わせてつくられたものもあり、現在の相場環境では負け続けているものも少なくありません。

また過去3ヶ月や6ヶ月で検索するとトレード回数が少なすぎて参考になりません。

収益率で比較するなら運用履歴を「直近1年間」に絞りこんで比べましょう。

トレードで使っている通貨ペアで選ぶ

EAによってトレードで使っている通貨ペアが違いますので、通貨ペアで購入するEAを選ぶのもアリです。

通貨ペアにはそれぞれ特徴があり値動きやボラティリティの幅が変わってきますし、値動きに影響する経済指標にも違いがあります。

同じ収益率でもトレードしている通貨ペアによってリスクがあるため、トレード経験が浅い人であればできるだけリスクが低い通貨ペアでトレードしているEAを選びましょう。

収益率以外のストラテジーを見て選ぶ

「収益率が高い=優良EA」というわけではありません。

もちろん収益率が高ければ少ない元金でも利益が出しやすいですが、収益率以外の数字も比べて総合的に良し悪しを判断しないといけません。

特に次の情報はトレード結果に大きく影響するため、収益率と一緒にチェックしてください。

チェックすべきストラテジー
  • トレードスタイル
  • 勝率
  • プロフィットファクター
  • リスクリターン率

収益率が高いおすすめEAトップ10

EA名収益率通貨ペアトレードスタイル
BOEA-EURJPY114.82%EUR/ JPYスイングトレード
CiRcUs_EURGBP94.48%EUR/ GBPスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
THE REAL DEAL_EURGBP77.35%EUR/ GBPスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
gotobi68.38%USD/JPYスキャルピング、デイトレード
稼KING GBPCAD67.14%GBP/CADスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
CR-Opal67.07%USD/JPYデイトレード、スイングトレード
稼KING AUDCAD64.64%AUD/CADデイトレード、ポジショントレード、
スイングトレード
AssyeGBP64.14%GBP/JPYデイトレード
ナンちゃんピンちゃんユーロポン63.74%EUR/ GBPスイングトレード
Trend Scalper USDJPY58.17%USD/JPYデイトレード
ランキングはゴゴジャンの「1年間の収益率ランキング(~2021年11月)」を元に作成しています。

収益率の高いEAの選び方を理解したら、実際に収益率の高いEAから自分に合ったものを選んでみましょう。

上の表で紹介しているEAはゴゴジャンで販売されているEAのうち収益率が高いものです。

紹介したEAの詳細について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

1位:BOEA-EURJPY

通貨ペアEUR/ JPY
トレードスタイルスイングトレード
勝率71.43%
プロフィットファクター7.17
リスクリターン率4.53
収益率114.82%


トレンドが発生したタイミングで、そのトレンドの流れに従ってトレードする順張り型のEAです。

トレードスタイルは30分足を使った「スイングトレード」で、時間をかけて大きな値動きを狙うため、1回のトレード利益が大きく収益率が非常に高いトレードで運用してくれます。

その証拠に2021年8月にリリースして以降月間収益で20万円を下回ったことがありません。

トレード回数は少なくトレンド転換期には損切に遭う可能性もありますが、トレンドが発生したらすぐに損切分も取り返してくれますので、結果的にプラスになる可能性が高いEAです。

2位:CiRcUs_EURGBP

通貨ペアEUR/ GBP
トレードスタイルスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
勝率94.48%
プロフィットファクター2.25
リスクリターン率3.44
収益率94.48%


CiRcUs_EURGBPは5つの線の重なりから売買シグナルを検出してエントリーするインジケーターを元に開発されたEAです。

トレードスタイルも「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」といったどんな時間軸にも対応していますし、スイングトレードよりも長くポジションを保有する「ポジショントレード」にも対応しています。

収益率が100%に近いだけでなく勝率も90%を越えているため、収益率以外にも「安定性」を求める人におすすめです。

3位:THE REAL DEAL_EURGBP

通貨ペアEUR/ GBP
トレードスタイルスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
勝率84%
プロフィットファクター3.88
リスクリターン率3.63
収益率77.35%


「THE REAL DEAL_EURGBP」は一目均衡表やボリンジャーバンドなど9つのインジケータフィルターを搭載し、これらの組み合わせによって高確率で利益が出るエントリーポイントでのみトレードするEAです。

さらにエントリー後に条件が悪いと判断すれば設定したロスカットラインに到達する前に損切をするため、トレードに損失額も最小限に抑えてくれます。

収益率はもちろん他の数字も高くバランスが取れた運用実績のため、長期的に運用できるEAと言えるでしょう。

4位:gotobi

通貨ペアUSD/JPY
トレードスタイルスキャルピング、デイトレード
勝率70.21%
プロフィットファクター5.02
リスクリターン率10.44
収益率68.38%


「gotobi」はゴトー日(毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日)の仲値(毎営業日9時55分)が決まる時間を意識してトレードするEAです。

日本の商売習慣の関係でゴトー日の仲値はドル高・円安になりやすい傾向あるため、そのタイミングを狙ってドル円のトレードを行います。

ドル高・円安になりやすいタイミングに狙いを絞ってトレードするため、かなりの確率で利益が出ますし、損切の機会も少ないため収益率も高くなります。

5位:稼KING GBPCAD

通貨ペアGBP/CAD
トレードスタイルスキャルピング、デイトレード、
ポジショントレード、スイングトレード
勝率75.14%
プロフィットファクター2.49
リスクリターン率2.57
収益率67.14%


「稼KING GBPCAD」は「GBP/CAD(ポンド/加ドル)」という日本ではマイナーな通算ペアを使ってトレードするEAです。

5分足を使ったスキャルピングやデイトレードが主なトレードスタイルのため、トレード回数が非常に多いのが特徴です。

トレード回数が多いと損切する機会も増えやすいため勝率や収益率は伸びにくい傾向がありますが、KING GBPCADは勝率70%以上、収益率も69%とかなり高い数字で運用するため、長期運用が可能です。

しかもトレード回数が多く、ほぼ毎日トレードするため「トレードしていない日が続くと不安になる」という人に向いているEAと言えるでしょう。

6位:CR-Opal

通貨ペアUSD/JPY
トレードスタイルデイトレード、スイングトレード
勝率56.18%
プロフィットファクター1.61
リスクリターン率2.33
収益率67.07%


「CR-Opal」はトレンドラインをベースに合計14のテクニカル指標を使ってトレードするEAです。

組み合わせるテクニカル指標が多いため「ダマシ」に遭う可能性が低くなります。

またEAで採用されているアルゴリズムは機械学習の専門家とデータサイエンスの専門家が開発した独自ツールで「損小利大」になるようなエントリーをしてくれるため、高い収益率をキープできます。

7位:稼KING AUDCAD

通貨ペアAUD/CAD
トレードスタイルデイトレード、ポジショントレード、
スイングトレード
勝率75.93%
プロフィットファクター3.36
リスクリターン率2.49
収益率64.64%


「稼KING AUDCAD」は5位に紹介した「稼KING GBPCAD」と同じ開発者が販売しているEAです。

基本的なロジックは同じですが、使っている通貨ペアが「AUD/CAD(豪ドル/加ドル)」となっているため、運用実績が少し違ってきます。

「稼KING GBPCAD」の方が収益率の方が高いもののプロフィットファクターは「稼KING AUDCAD」の方が高いため、余り損失を出したくない人はこちらがおすすめです。

8位:AssyeGBP

通貨ペアGBP/JPY
トレードスタイルデイトレード
勝率64.89%
プロフィットファクター1.4
リスクリターン率2.66
収益率64.14%


「AssyeGBP」はボリンジャーバンドを使ってトレンドの押し目や戻り目を狙ってトレードするEAです。

トレンドがハッキリ表れるまで損切する機会が増えるものの、値動きがエントリーした方向と逆行しているとEAが判断するとさっさと撤退するため、損失を最小限に抑えてくれます。

その証拠に、平均利益2,282円に対して平均損失が2,949円と他のEAに比べて平均利益と平均損失の差が非常に小さいです。

負けトレードが増えやすいため勝率は高くありませんが(65%)、1回の負けトレードの損失額が少ないので収益率が高いトレードをしてくれます。

9位:ナンちゃんピンちゃんユーロポン

通貨ペアEUR/ GBP
トレードスタイルスイングトレード
勝率74.58%
プロフィットファクター3.11
リスクリターン率2.38
収益率63.74%


「ナンちゃんピンちゃんユーロポン」は名前のとおりナンピンをかけながらマーチンゲール法を駆使して利益を上げていくEAです。

ナンピンでポジションの平均価格を下げつつマーチンゲール法を使って確実に利益を出すため、利確トレードを1回でも行えば確実に手元に利益が残ります。

さらにナンピン+マーチンゲール法のデメリットでもある「多額の証拠金が必要」もドローダウンを低くすることで解消しているため、証拠金に何百万円も用意しなくても始められます。

10位:Trend Scalper USDJPY

通貨ペアUSD/JPY
トレードスタイルデイトレード
勝率42.56%
プロフィットファクター1.24
リスクリターン率2.75
収益率58.17%


「Trend Scalper USDJPY」は移動平均線を元にトレンドを見極め、ZigZagインジケータでエントリーポイントを決定するEAです。

通貨ペアをUAD/JPY(ドル円)を使うことで、急激な値動きによる損失とスプレッドの損失を避けるなど、安全性を重視しています。

USD/JPYはボラティリティが低く「大きく利益が取りにくい」と言われていますが、「Trend Scalper USDJPY」は通貨ペアのデメリットを複利で回すことでカバーしています。

勝率は50%を切っていますが、平均損失-4,500円に対して平均利益が7,600円と1回のトレードで得られる利益が大きいため、相場環境次第では月間で20万円以上稼ぐこともできます。

最後に

以上、収益率が高いEAをランキング別に10個紹介しました。

もちろんここで紹介した以外にも優秀なEAはたくさんありますが「収益率」を重視してEAを選ぶならこのページにある10個から選ぶと間違いないでしょう。

とはいえ、各EAによって特徴は違います。

メリットや1ヶ月で稼げる利益の期待値はもちろん、デメリットやリスクもEAによって変わってきますので、じっくり比較して自分のトレードに対する考え方にあったEAを選んでくださいね。

コメント