アマゾンギフト券プレゼント 詳しくはこちら>>

海外FXでスキャルピングするならXMがおすすめな理由

スポンサーリンク

 

こんにちは、ゼロサラ(@zero_sala)です。

スキャルピングは数pipsから数十pipsのわずから利幅を狙い、短時間でトレードを繰り返すトレード手法です。ここではスキャルピングにおすすめの海外FX会社を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スキャルピングなら海外FXがおすすめの理由

ハイレバレッジのFX会社が多い

国内のFX会社では日本の法律で最大レバレッジが決まっています。

個人口座の場合には、最大レバレッジは25倍です。

 

しかし海外FX会社の場合、最大1000倍のレバレッジを利用できる会社もあります。

 

スキャルピングでは1回あたりのトレードで得られるpipsが小さいため、ロット数が重要です。

海外FX会社を使えば、元手が小さくてもハイレバレッジを使って大きなロット数の取引をすることができます。

 

そもそも海外FX会社はスキャルピング向け

ハイレバレッジを利用可能な海外FX会社はそもそもポジション保有時間の長いスイングトレードなどには向いていません。

 

ポジション保有時間が長くなれば、それだけ相場の変動も大きくなります。

ハイレバレッジでロット数の大きい取引をしていれば、すぐに証拠金維持率が変わってしまい、ロスカットになってしまう可能性が高いです。

 

ハイレバレッジが利用可能な海外FXは、あくまで超短期間ですぐに利確するスキャルピング向けにサービス提供されています。

 

スキャルピングに適した海外FX会社の選び方

スキャルピング規制がない

海外FX会社はスキャルピング向けのことがほとんどですが、中にはスキャルピング規制がある会社もあります。

海外FXの中でスキャルピングを禁止している会社としては「LAND-FX」や「Dynamic Trade 」などが有名です。

 

万が一スキャルピング規制がある海外FX会社でスキャルピングをしてしまうと、スキャルピングで得た利益は認められず、出金できなくなってしまいます。

 

スキャルピングを禁止している会社は利用規約に、スキャルピングを禁止している旨の記載があるはずです。

スキャルピングをはじめる前に、利用規約を確認してください。

もちろんXMはスキャルピング認めているのでOKです。

 

また後述するNDD方式という注文方式を利用している海外FX会社であれば、スキャルピング規制がないと考えてよいでしょう。

 

スプレッドが狭い

スキャルピングをする場合には、1日に数十回もエントリーすることがあります。

そのためデイトレードや、スイングではそれほど気にならないスプレッドの微妙な差も見過ごすことができません。

特に日本のFX会社はどれも似たようなスプレッドである一方、海外FX会社は会社ごとのスプレッドの差が大きいので、必ず比較してください。

 

ドル円のスプレッドが1.8pipsのXMと、3.0のAvaTradeで5万通貨のトレードを10回したとしましょう。

そうするとXMでは合計の手数料は9,000円ですみますが、AvaTradeの場合15,000円かかり、その差額は6,000円です。

 

約定力が高い

約定力は簡単に言えば、狙った価格(ポイント)で注文・決済が成立させる力のことです。

約定力は約定率と約定スピードがあります。

 

例えばドル円110.000円で買い注文をしたにもかかわらず、買えない=約定不成立になることがあれば、約定率が低いということです。

そして110.000円で買い注文したにもかかわらず、110.020円で約定成立している場合(このような注文したレートと約定したレートの差をスリッページと呼びます)には、約定スピードが遅いということになります。

 

超短期トレードで、数pipsの利益を狙うのがスキャルピングです。

そのスキャルピングでスリッページが発生してしまうと利益を得るのが非常に難しくなります。

 

あるFX会社の約定力を知るには、どこのデータセンターにサーバーを置いているのかを確認するのがおすすめです。

ニューヨークのEQUINIX社データセンターのように信頼の置けるデータセンターにサーバーがあるか確認してください。

 

また少額でリアルトレードをしてみて約定力を体験するのもおすすめです。

多くのFX会社ではリアルトレードとデモトレード用のサーバーが別になっているため、デモトレードではなく、あくまでリアルトレードしてみてください。

 

使用可能レバレッジが高い

得られる利益のpipsが小さいスキャルピングでは、大きなロット数の取引をするのが重要です。

 

例えば証拠金10万円を国内FX会社で、レバレッジ25倍で運用したとしましょう。

ドル円で2万通貨ほどの取引しかできず、5pipsの利益が発生しても1000円ほどの利益にしかなりません。

一方レバレッジ888倍で運用すれば、80万通貨ほどの取引になり、5pipsの利益でも4万円の利益です。

 

スキャルピングの良さの1つは、ポジションの保有時間が短くトレンドの影響を受けにくいため、リスクが小さいことだといわれています。

そのためハイレバレッジでトレードしやすいわけです。

 

値動きが大きい時は、レバレッジを下げて運用して柔軟に対応することも可能なので、使用可能レバレッジが高い海外FX会社を選んでください。

 

ゼロカットシステムがある

ハイレバレッジで取引をしていれば、相場が変わって一瞬のうちにロスカットになり、追証が発生してしまうこともあります。

追証が発生するということは、取引口座に残高がなくても、損失分は追加で入金して補填しないとならないということです。

一度大きな追証を発生させてしまえば、再びトレードをするのが難しくなってしまいます。

 

しかしゼロカットシステムと呼ばれる「取引口座に入金した金額を超える損失分の支払いを求められることがない」という仕組みがあるFX会社なら、追証の心配はありません。

例えば、10万円を888倍のレバレッジでドル円を110円で買い、80万通貨保有していた時に突然ドル円が108円になれば、160万円の損失ですが、実際にマイナスになるのは元手の10万円だけです。

 

NDD方式を採用している

FXの取引の注文方法には2種類あります。

  • DD(ディーリングデスク)方式
  • NDD(ノーディーリングデスク)方式

 

DD方式ではインターバンク(市場)とトレードの間にFX会社のディーラーが介入し、トレードの注文をFX会社が受け取って、それをディーラーがインターバンクに注文します。

一方、NDD方式ではトレーダーの注文が直接インターバンクにいく仕組みです。
DD方式ではスキャルピングの際に、ディーラーを経由してトレードするため、レートが変わってしまうことが少なくありません。

さらに一旦トレーダーの注文をFX会社が受け取るため、顧客が負ければFX会社の利益になります。

そのため「不利約定」「故意のレート変更」「故意のシステムダウン」などの手段を使ってトレーダーを負けさせようとすることがあるので注意が必要です。

 

しかしNDD方式であれば、レートが変わってしまう心配や、FX会社が負けさせようとしてくる心配はありません。

 

スキャルピングなら海外FX会社の「XM」

ここまでスキャルピングに適した海外FX会社の選び方を紹介してきました。

 

その上で海外FX会社ならXMをおすすめします。

FXの長所は以下の通りです。

  • スキャルピング規制なし
  • ドル円のスプレッドは8pipsで低め
  • 約定スピード:平均値(秒)0.336・最高値(秒)0.019、約定率:執行率(%)99.92
  • 業界最高クラスの最大レバレッジ888倍
  • ゼロカットシステムあり
  • NDD方式

 

つまり上で紹介してきたスキャルピングに利用する海外FX会社を選ぶ上で重要なポイントを全て満たしています。

 

さらにXMでは口座開設ボーナス入金ボーナスロイヤルティポイントなどのボーナス制度が充実しています

もし今口座開設して1万円入金したとすれば、(最低入金額は500円です)口座開設ボーナス3,000円に、入金額100%ボーナスで、23,000円で取引開始可能です。

レバレッジ888倍をかければ、ドル円約18万通貨で、スキャルピングをはじめることができます。

XMボーナスは出金時に消滅?損する前にボーナスの情報を5分で確認
XMのボーナスについて正しい知識お持ちですか?XMの口座開設・入金・取引ボーナスの受け取り方、いくらボーナスが貰えるかについてまとめました。またXMのボーナスは出金や口座間の資金移動で消滅します。消滅させない方法も掲載していますので、口座開設前にぜひご覧ください。