インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルを検証

ここではインターバンク流FX|トレード・ブートキャンプさんが販売している「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」のレビューを紹介します。

興味があればぜひ参考にしてください。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの特徴

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの特徴

最初に「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」の特徴についてまとめました。

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」の特徴は、大きな特徴として次の3つが挙げられます。

ティックチャートを使うトレード手法

ティックチャートの特徴
  • 価格の更新が60回ごとにローソク足を形成
  • ローソク足の内情を把握できる
  • ティックチャートは専用のインジケーターやチャートソフトが必要

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はティックチャートを使って分析・エントリーするトレード手法です。

ティックチャートは、普通のチャートとは違い、一定の更新回数に達したら形成されるローソク足のため、専用のチャートソフトを用意しないといけません。

時間を軸に形成されるチャートで見えないポイントや動きが分かるので、今までと違った角度でトレード分析したい人におすすめのトレード教材です。

エントリーチャンスを6つのパターンに分類

エントリーチャンスの具体的な6パターン
  • レッドバリア
  • 赤串
  • 末広がり
  • レッドタッチ
  • ブルーバリア
  • 渡り線

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」は、6つのトレードパータンを解説しているトレード教材です。

具体的には、上記6つのパターンがチャートに出現したらエントリーします。

6つのパターンを覚えるだけでなく、使いこなせるまで時間がかかりますし練習も必要ですが、習得すれば有料のインジケーターがなくても、自力で稼げるようになります。

今まで数多くの有料インジケーターを購入しては、満足した結果が出なかったのなら、一度初心に戻って「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」を使ってトレードの勉強をしてみてはいかがでしょう。

スキャルやデイトレ向きのトレード手法

短期トレード向けの手法である根拠
  • 1時間で4~10回のトレードが可能
  • 複数銘柄を使ったトレードもできる

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」は、比較的短期トレード向きのトレード手法です。

具体的には、スキャルピングやデイトレードのように、1日に1回以上トレードするスタイルに、教材で解説しているトレード手法は合致しています。

反対にスイングトレードなど、数日~数週間ポジションを保有するタイプのトレードとは、ちょっと相性がよくありません。

短期トレードの成績を上げたい人や、短期トレードでの勝ち方を身につけたいなら、「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」を使って勉強してみてください。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの特徴

FXで稼げて喜ぶ女性

「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」には、さまざまなメリットがあります。

特に次の5点は、他のトレード教材と大きく違う点なので、ぜひ知っておきましょう。

いくつもの指標やラインを引く必要がない

出典:gogojungle

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はティックチャートを使うため、普段のチャートとローソク足の表示方法が違います。

そのため、水平線や移動平均線などのラインを表示しなくても、エントリータイミングや決済タイミングが分かるため、指標を使う必要がありません。

特に水平線は、人によって引き方が変わりますし、引く位置によってトレード分析が変わります。

しかし「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」は水平線を引く必要がないため、再現性が高いトレード手法です。

勝率70%前後のトレードが可能

トレード勝率が高いメリット
  • 損切回数が少なくなる
  • 損切による資金の減りを抑えられる
  • 負けが少ないため安定したメンタルで挑める

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」は勝率が高いトレードが可能になります。

トレード勝率は約70%と高く、損切する回数も比較的少ないため、資金が目減りする恐怖にビクビクしながらトレードする必要はありません。

資金管理さえ間違えなければ、トレードを重ねるにつれて資金は増えていくので、着実にFXで資金を増やしていけるでしょう。

相場環境に関係なくトレードできる

具体的なトレード戦略
  • レンジ相場:トレード回数を増やしてレンジ内をトレード
  • トレンド相場:トレンド開始部分でエントリーして大きな利幅を狙う

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はトレードタイミングを6つのパターンに分類して解説しているトレード教材です。

6つのパターンのうち1つでも発生が確認したらエントリーできるため、現在の相場環境は特を気にする必要はありません。

6つのパターンは、各相場環境に合致したエントリータイミングなので、パターンさえ習得すれば、どんな相場環境でもトレードできるでしょう。

ライブ配信やメルマガでサポートを受けられる

具体的なサポート体制
  • リアルタイムチャートを使ったライブ配信
  • メルマガによるQ&A回答や最新情報の提供

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」には、より正確にトレード手法を身につけてもらうべく、さまざまな手厚いサポートが用意。

特に上記で紹介したライブ配信やメルマガサポートは、教材を読んで分からない部分に応えてくれたり、勘違いしていた部分を訂正したりしてくれます。

教材を使って勉強している時に分からない部分が出てきたら、積極的にサポートを使って不安や疑問を解消しましょう。

どんな銘柄でもトレードできる

対応可能銘柄
  • 通貨ペア(ドル円、ユーロドルなど)
  • 資源銘柄(ゴールド、シルバー、原油など)
  • 株式指数(日経225、ダウなど)

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はティックチャートが使える銘柄であれば全て対応しています。

通貨ペアはもちろん、株式指数や資源銘柄でも使えるので、大きな利益を狙ってよりハイリターンな銘柄でチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ハイリターンなトレードは、分析を間違えると大きな損失を被るリスクもあるので、手法の確立はもちろん、資金管理などに注意して取り組んでください。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルのデメリット

FXで失敗して悩む女性

「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」には、さまざまなメリットがある一方、デメリットもいくつかあります。

特に次の3点は「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」を実践するうえで知っておくべきポイントなので、ぜひ理解しておきましょう。

ティックチャートがないと成立しない

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はティックチャートを使ってトレードする手法のため、ティックチャートを用意しないといけません。

ティックチャートはMT4でも表示できますが、外部からアプリをダウンロードして設定する必要があります。

MT4に外部アプリを導入できないとティックチャートは使えないため、ある程度パソコンを操作できる環境にないと「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」は使えません。

購入してすぐに結果は出ない

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はトレード教材ですから、教材に目を通して理解する必要があります。

さらに、理解した内容をきちんと習得するまで練習する必要もあるため、教材を購入してすぐにFXで勝てる用になるのは、かなり難しいでしょう。

最低でも1年くらいは勉強と連中の時間にあてて取り組むと、FXで安定したお金が稼げるようになるはずです。

メールサポートが100日間しかない

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」にはメールサポートがありますが、サポート期間が100日しかありません。

トレード教材のサポートは販売者によって違いますが、365日間の教材もあれば、無期限でメールサポートを行っている会社もあります。

他のトレード教材のメールサポートと比べると、100日間は決して長い期間ではないため、メールサポートを使う時は期間に注意しなければいけません。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの特典

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの特典

「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」には本教材以外の特典はついていません。

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」の購入判断は、特徴やメリット・デメリットを参考にしましょう。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの口コミ

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの評判

今まででTOP1の商品
正直もっともっと売れていい商品です。ティックチャートという聞き慣れないチャートを使いトレードするのですが、商品を購入後試してみてその手法と勝率に凄すぎて驚きました。当然、FXに100%はありませんが、リンクに書いてあるように70%以上は行くと思います。慣れればもっと安定して80とかもいくと思います。もし購入を検討されているのでしたら、私個人的には間違いなく買うことをお勧めいたします。かなりの商品を購入している自分だからこそ、そう言えます。

https://www.gogojungle.co.jp/

とてもいいです
デモで検証しました。
結構勝てる感じです。
しかもzoomなどで実際のトレードをみることができるのでオススメだとおもいます。

https://www.gogojungle.co.jp/

「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」の口コミや評判を調べたところ、好評な意見がいくつかありました。

ただ、口コミや評判の数自体が少ないため、良い意見があってもそれらが全てと判断するには、少し口コミ数が少ないです。

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」の購入判断は、口コミの内容だけでなく、トレード教材としての特徴やメリット・デメリットも含めて総合的に考えて答えを出しましょう。

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルの総評

インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアルまとめ
  • ティックチャートを使ったトレード手法
  • トレード勝率70%は可能
  • スキャルやデイトレ向けの手法
  • ライブ配信などのサポート体制
  • ティックチャートがある銘柄しかトレードできない
  • 手法の習得に時間がかかる
  • トレードスキルを身につけたいならおすすめ

ここでは「チャートの内部情報を可視化して利益を刈り取る方法/インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」のレビューを紹介しました。

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」はティックチャートを使ってトレードする手法を解説している教材で、短期トレードでの勝率アップや利益アップが期待できます。

トレード教材のため、勉強や練習の時間を作る必要はありますが、習得すればどんな相場環境でも利益が出せるでしょう。

「インターバンク流FX プライスアクション・トレードマニュアル」に興味がありましたら、ぜひゴゴジャンでチェックしてください。

コメント