アマゾンギフト券プレゼント 詳しくはこちら>>

FXはなぜ負けるのか?90%が負ける現状と負ける人の特徴

 

こんにちは、ゼロサラ(@zero_sala)です。

FXをはじめてみたものの、なかなか勝てず負けてしまうという人は少なくありません。

そこで9割の方が負けている現状、負ける方の特徴、勝つための方法を紹介しています。

 

FXはなぜ負ける?90%が負ける現状

FXで勝つことができずに「なぜ負けるんだ」と疑問に思う人は少なくありません。

単純に考えれば、FXは買いエントリーか売りエントリーだけです。

勝率が50%程度はあってもよいと考える人がいるのも頷けます。

 

しかし実際にはFXでは90%の方が負けているのが現状です。

ごく普通にトレードをすれば負けるということを意味します。

 

FXで負ける人のタイプ

ギャンブラー

FXをギャンブルと勘違いしている人は必ず負けます。

  • テクニカル分析を行わずに(行っても少しチャートを確認する程度で)、根拠もなく相場を予想し、エントリーしている人
  • エントリーやポジション解消のタイミングに関するルールを決めずに、「なんとなく」でエントリーやポジションを解消している

 

特に上の2つに当てはまる人が行なっているのは、投資ではありません。
このようなやり方でトレードをしているのであれば、ギャンブルになってしまっており、負けて当然です。

 

 

自信過剰

他の多くの投資やギャンブルと同じように、FXの世界にもビギナーズラックがあります。

 

初心者で少額の投資をしている時はプレッシャーが少なく、より冷静に取引ができるものです。

さらに初心者だという自覚のおかげで教科書的なトレードをするため、勝率が上がっているというのもあるでしょう。

 

しかし少し稼げるようになってくると、負けた場合の対応を考えずに、自分の予想が当たると過信して取引するようになってしまう人が多いです。

勝てるようになって、取引額を増やしたタイミングで負け始めるので、すぐに証拠金が底を突きます。

 

 

メンタルが弱い

メンタルが弱いせいで損をするFX利用者は少なくありません。

FXの世界でメンタルが弱いと、次のようなことが起こります。

  • 自分のエントリーやポジション解消に関するルールを信じることができず、ルールを頻繁に変える
  • 含み損を抱えた時や、大きな含み益を抱えた時にどうすればよいのかわからなくなる

 

まずルールを変えてしまう人は多くの場合、他のトレーダーの発言に影響を受けていることが多いです。

FXの相場観は人によって異なるので、FXを勉強していく中で出来た自分のルールを守ってトレードしてください。

 

含み損(益)抱えた時にどうしてよいのかわからなくなってしまう人の多くが、自分の余剰資金以上の額を運用しているか、必要以上に大きなリスクを取っています。

最悪の場合、失ってしまってもよいと思える額を、運用するようにしましょう。

 

 

時間を取れない

デイトレードやスキャルピングであれば、サラリーマンの方が会社終わりに空いた数時間でトレードしても十分利益になります。

しかしFXの稼ぎ時のニューヨーク市場時間である21:00〜3:00までの間に時間が取れない場合には、FXで稼ぐのは少し難しいのが現状です。

 

 

現実逃避する

トレードで大きな含み損を抱えた時には、突然眠くなることがあります

これは大きな含み損を抱えるという精神的な苦痛から精神と体を守るために、体を休憩させようとする防衛本能です。

それだけトレードは厳しいものなので、現実逃避してしまう人もいます。

 

そして含み損を抱えても、時間が経てば相場が戻っていると信じて何も対処せずに、放置してしまったりするわけです。

FXでは負けることは避けられないので、どう負けるかが重要だといわれます。

その点現実逃避する人は、最悪な形で負けることが多いです。

 

 

ドル円以外で取引する

ドル円で勝てている人がとかの通貨ペアでトレードをはじめた途端に負け始めることはよくあります。

 

どの通貨ペアも似たような動きをしていると考える人は多いです。

しかし通貨ペアによって動きは異なります。

 

ほとんどのFXの手法を解説しているサイトでは、ドル円のトレードを想定して解説されていますし、これまで自分がトレードして検証してきた結果も、通貨ペアが変れば役に立ちません。

そのためドル円以外の通貨ペアは手探りでトレードすることになり、損をするわけです。

 

FXで負ける人の主な原因

ロスカット(損切り)を機械的に実行できない

エントリーする際には、損切りラインを事前に設定しておくものです。

そこで例えばドル円110円を損切りラインと決めて、111円でエントリーしたとしましょう。

ここでドル円の相場が変動して、110円を切ったらすぐに損切りをできるのが勝てる人です。

負ける人は「もしかしたらまた上がるかも」と損切りラインを変えてポジションを保有し続け、結果的に損失を大きくします。

 

 

1つの方法に固執している

自分のルールや取引手法に自信を持って、トレードをするのは重要です。

しかし自分の取引手法に自信を持つのと、1つの方法に固執するのは別物。

自分の取引手法でトレードをして勝てないと感じたらすぐに、新しい手法を試してみましょう。

 

相場を取り巻く環境が変わっていけば、最適な取引手法も当然変わっていきます。

常にFXの勉強を怠らずに、取引手法も相場に則したものにしてください。

 

 

しっかり分析をしていない

FXは相場を予想して、トレードをするものです。

そもそも相場を分析できていなければ、勝つことはできません。

チャートとインジケーターを用いたテクニカル分析だけでなく、下記のようなファンダメンタルズも重要です。

  • 経済指標の発表内容が予想よりも良かった(悪かった)
  • 経済に影響を与えるような要人発言があった
  • ある国の政治情勢が不安定になった(災害が起きた)

 

テクニカルとファンダメンタル両方の観点からしっかり分析できていないと負けてしまう確率が上がります。

 

FXでよく負ける人が勝つ方法

プロスペクト理論通りに行動しない

プロスペクト理論は、人間は「利益を得られる場面ではリスク回避」を「損失を被る場合では損失回避」を優先するという理論です。

  1. 10万円もらえる
  2. コインを投げて表なら22万円もらえる

 

という選択肢があれば、期待値は2の方が高いですが、裏が出てお金を貰えないというリスクを回避するために1を選びます。

 

今度は次の選択肢があるとします。

  1. 10万円没収される
  2. コインが裏なら22万円没収される

 

期待値を計算すると2の方が損をしますが、ほとんどの人が2を選びます。

裏がでるリスクよりも、10万円没収されるという確実な損失を避けようとしているからです。

 

FXで買いエントリー後、含み損を10万円抱えるとします。

  1. 損切りをして10万円の損失を出す。
  2. 損切りをせずに、60%の確率で30万円の損失を出す

 

という選択に迫られると、2を選択してしまいたくなるのはプロスペクト理論で言えば自然なことです。

しかし期待値的(合理的)には1を選ばないとなりません。

プロスペクト理論通りに行動しないように注意してください。

 

 

チャートを読む力をつける

上では以下のような場合は1を選ぶのが合理的だと説明しました。

  1. 損切りをして10万円の損失を出す。
  2. 損切りをせずに、60%の確率で30万円の損失を出す

 

しかし仮に選択肢が次のようだったら別です。

  1. 損切りをして10万円の損失を出す。
  2. 損切りをせずに、30%の確率で30万円の損失を出す

 

期待値を計算すると4の方が、損失が少ないため合理的な選択となります。

 

しかし自分が60%の確率で損失を出す場面に直面しているのか、それとも30%の確率で損失を出す場面に直面しているのかは、チャートを正確に読めなければわかりません。

チャートを読む力をつけてください。

 

 

取引記録をつけて取引方法を検証する

勉強をする時に問題を解いた後に、解きっぱなしにしていては学力がつかないのと同様に、FXでトレードをして、その後なにもせずにいれば成長しません。

取引記録をつけてください。

  • 通貨ペア
  • 相場環境(日時など含む)
  • エントリーとポジション解消の場所
  • トレードの日時
  • インジケーターの形
  • チャートの形
  • エントリーした根拠
  • トレード中の心理
  • トレードの反省点

 

などを記録して、自分の取引方法を検証してブラッシュアップしましょう。

 

ゴールドマンサックスに人間のトレーダーはいない

ここまでFXで負ける理由を説明してきました。

人間のメンタルの弱さや、合理性の欠如、チャートを読む力の不足などが原因だということがわかっていただけたはずです。

 

実は感情に流され非合理的な判断をしてしまう人間は、合理的な判断が求められるFXには向かないこともあります。

現在は、トレードは機械に任せる時代です。

 

米最大手のゴールドマンサックスには以前500人程度のトレードがいました。

しかし500人だったトレーダー数は、今ではたったの3人。

AIトレーダーの普及で、人間のトレーダーが必要なくなってしまったということです。

 

今では個人が使える優秀なEA(自動売買ツール)がたくさんあります。

この記事を読んで、裁量取引で勝つのが難しいかもしれないと感じた人はEA(自動売買ツール)の導入を考えてみてください。

FXについて
完全放置FXに必要なものランキング

実際に管理人が完全放置FXをするために使っている口座です。
◎ マイナス残高リセット
◎ 手数料 無料
◎ 最大$5000のボーナス
◎ 24時間サポート
◎ MT4/MT5 取引
○ 約定拒否なし
○ 最大888:1倍のレバレッジ
○ ライセンス登録有り
○ 16つのプラットフォーム

「ワンポジ・SL値90Pips・ポジションの翌週持ち越しなし」を実現した高勝率のスキャルEA

実際に管理人が完全放置FXをするために使っているEAです。
◎ 勝率100%(2019年3~4月)
◎ 低価格14,000円
△ 少ない取引回数(1~2回/月)

【完全放置】FXで月5万円を稼ぐ知識0のサラリーマン