GO!GO!reをレビュー!特徴・検証結果・運用実績を解説

今回は「クスシロ」さんが販売している「GO!GO!re」のレビューを紹介します。

興味があればぜひ参考にしてください。

GO!GO!reのストラテジーについて

最初に「GO!GO!re」のストラテジーを紹介します。

通貨ペアGBP/JPY
取引スタイルデイトレード
最大ポジション数10
最大ロット数0.01
使用する時間足5分足
最大ストップロス
テイクプロフィット25
両建てあり

「GO!GO!re」はGBP/JPY(ポンド円)を使ってトレードするEAです。

GO!GO!reはレンジ相場内における上値付近と底値付近になったらそれぞれ逆張りを連続してエントリーしてポジションを取っていくスタイルを採用しています。

例えばレンジ相場のサポートライン付近まで価格が下がってきたらロングで飲みエントリーしてショートでは一切エントリーしません。

そしてテイクプロフィットで設定されている25pipsの利益が確保できたらすぐに撤退します。

レンジ相場は任意で設定でき「Range Max(レジスタンスライン)」と「Range Nin(サポートライン)」を決めてGO!GO!reを動かすことで、設定された値幅以外のところではトレードしないようにできます。

またレンジ設定した値幅のレンジ相場が崩れても両建てによって含み損を一時的に止めるよう設定されていますので、損切する機会もほとんどありません。

反対に利益は25pips取れたらすぐに決済していくスタイルのため「大きな利益を狙う」よりも「小さな利益をコツコツ積み上げていく」トレードスタイルと考えていいでしょう。

GO!GO!reの運用実績について

次に「GO!GO!re」の運用実績を紹介します。

「GO!GO!re」のこれまでの運用実績は次の通りです。

収益204,841円
収益率15.06%
プロフィットファクター2543.85
勝率99.79%
平均利益445円
最大ドローダウン41.92%
平均損失-85円
最大利益3,367円
最大損失-85円
※上の実績は2022年2月までの実績です

次にGO!GO!reの2021年1月から2021年12月までの運用実績をまとめました。

トレード月損益勝率トレード回数
2021年1月10,462円96.15%224回
2021年2月6,735円94.74%267回
2021年3月トレードなしトレードなしトレードなし
2021年4月トレードなしトレードなしトレードなし
2021年5月トレードなしトレードなしトレードなし
2021年6月トレードなしトレードなしトレードなし
2021年7月8,113円100%227回
2021年8月10,754円100%184回
2021年9月10,848円100%215回
2021年10月3,071円100%135回
2021年11月14,258円100%259回
2021年12月15,382円100%336回

GO!GO!reの最大の特徴は「勝率の高さ」と「プロフィットファクターの高さ」です。

勝率は両建てを使って含み損を一時的に固定しているため、長期的に含み損を抱えつつ利益が発生するタイミングで決済していますので自然と100%に近い数字になります。

さらに利益が出るトレードが多くなることによってプロフィットファクターも高く、累計運用実績ではプロフィットファクターが2,000を越えています。

これはゴゴジャンで販売されているEAの中でも上位に入る高さです。

以上の実績を見る限り、GO!GO!reは非常に安定したトレードをしてくれるEAと考えられます。

強いてデメリットを挙げるなら「トレード回数の多さ」と「エントリーする月としない月がハッキリしている」ところでしょう。

特に「エントリーする月としない月がハッキリしている」は相場がレンジの中段の場合「買い」も「売り」もエントリーできないため空白の時間ができてしまいます。

そのため、月間収支では1円も稼げない月がしばしばあり、毎月トレードによる利益が欲しい人からするとちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

とはいえ年間収支で見ると必ずプラスとなっていますので、GO!GO!reは長期的に運用する分には問題ないEAと言えるでしょう。

GO!GO!reのメリット

「GO!GO!re」にはさまざまなメリットがあります。

特に次の3点は他のEAと比べて大きな違いでもあるので、ぜひ知っておきましょう。

トレード勝率がほぼ100%

出典:Gogojungle

GO!GO!reは両建てによって含み損を一時的に固定させるトレードスタイルを採用しています。

そのため利益が出るまでポジションを保有して利益が出たタイミングで決済できますので、自然と勝率が高くなります。

基本的にほぼ100%の勝率を維持できるため損切などによって資金がマイナスになることはめったにありません。

設定した相場以外ではトレードしない

GO!GO!reは、あらかじめ設定した相場環境以外のところでは絶対にエントリーしません。

そのため、ロジック的にエントリーできる部分であっても相場環境から外れていたらポジションを持たないのでムダな損切をする機会がほとんどないのです。

EAの中には相場環境を無視してロジックに合致したポイントで勝手にエントリーして損失を増やしてしまうものもありますがGO!GO!reはそういった失敗がないため、安心して稼働させられるEAといるでしょう。

損失が出ても最小限に抑えてくれる

GO!GO!reの損失額
  • 平均損失:-85円
  • 最大損失:-85円

GO!GO!reはほぼ100%の勝率でトレードしてくれるEAですが、場合によっては損失が出てしまうこともあります。

しかし仮に損失を出すことがあっても損失額はかなり小さく、これまでの最大損失は85円に抑えています。

FXにおいて「100%勝てるEA」というのは存在しませんしGO!GO!reも例外ではありません。

しかしGO!GO!reは損失額を小さくして抑えてくれるため、リスクを可能な限り小さくしたい人にとっても安心して使えるEAと言えるでしょう。

GO!GO!reのデメリット

「GO!GO!re」ではさまざまなメリットがある反面デメリットもあります。

特に次の3点はGO!GO!reを利用するうえで知っておくべきポイントなのでぜひ理解しておきましょう。

1回もエントリーしない月もある

出典:Gogojungle

GO!GO!reは設定したレンジ相場の上値と底値でのみエントリーするロジックのため、それ以外の部分ではエントリーしません。

そのため、相場環境によっては一度もエントリーしない時もあります。

GO!GO!reは毎月一定の回数トレードするタイプではなく「トレードする月」と「トレードしない月」の差がかなり激しいEAのため、長期的な視点で稼働する意識を持って使う必要があります。

自身でエントリー相場を設定する必要がある

GO!GO!reは「Range Max(レジスタンスライン)」と「Range Nin(サポートライン)」を設定する必要があります。

そのため設定を間違えるとGO!GO!reは全くトレードしてくれず利益に結び付きません。

GO!GO!reを使って効率よく稼ぎたいのなら、ある程度相場環境を見極める知識と経験が必要になります。

トレード回数が多い

GO!GO!reはトレードするタイミングとトレードしないタイミングが極端に分かれており、トレードできる相場環境では100回以上のエントリーを行います。

そのため、口座開設しているFX会社によっては取引にかかる手数料がかさばり、利益を圧迫するリスクが生まれます。

GO!GO!reを使うなら、なるべく取引に関するコスト(取引手数料やスプレッド)がかからないFX会社を選ぶようにしましょう。

中でもおすすめなのが「Exness」という海外FX会社の「ゼロ口座」というタイプの口座です。

ゼロ口座はGBP/JPYが「ゼロスプレッド(スプレッドが一切発生しない)」でトレードできるため、トレードにかけるコストを抑えられます。

GO!GO!reの口コミ

「GO!GO!re」に関する口コミを調べたところ、今のところインターネット上に目立った口コミや評判はありませんでした。

今後GO!GO!reの利用者が増えてくれば口コミも増えてきますので、他の人の意見や感想が知りたいのならそちらを待つしかありませんね。

最後に

ここでは「GO!GO!re」のレビューについて紹介しました。

GO!GO!reはGBP/JPYの設定したレンジ相場の上値と底値に狙うを絞ってトレードするEAで、トレードする時としない時のメリハリがハッキリしているのが大きな特徴です。

トレードしない時は1ヶ月以上動きませんが、エントリーできるタイミングになれば集中してトレードして利益を積み上げてくれるため、年間収支で安定した結果が期待できます。

GO!GO!reの具体的な特徴やより詳しい運用実績についてはゴゴジャンで紹介しているので興味があればぜひチェックしてください。

コメント