FXismデイトレ大百科をレビュー!検証・特徴・口コミ・メリットまとめ

ここでは及川圭哉さんが販売している「FXismデイトレ大百科」のレビューを紹介します。

興味があればぜひ参考にしてください。

FXismデイトレ大百科の特徴

FXismデイトレ大百科のトップ

最初に「FXismデイトレ大百科」の特徴をまとめました。

「FXismデイトレ大百科」の大きな特徴は次の3点です。

トレンド相場を狙ったトレード手法

トレンド相場の特徴
  • 一方向に価格が動く
  • たまに反発する(押し目・戻り目)
  • 1回のトレードで利益を伸ばしやすい

「FXismデイトレ大百科」はトレンド相場を狙ったトレード手法を解説している教材です。

トレンド相場は、1回のトレードで大きな利益が狙えるため「稼ぎやすい相場」として、多くのトレーダーが狙っています。

「FXismデイトレ大百科」で解説している手法も、トレンド相場に強いトレードのため、教材を使って勉強すればトレンド相場が発生した時に安定した利益が取れるトレーダーに慣れるでしょう。

5つの機能をもつインジケーターが使える

インジケーターの機能
  • パーフェクトオーダー告知機能
  • 経済指標発表警報
  • ブルベア(通貨の強弱)マーク表示
  • トレンド強弱通知機能
  • ボラティリティ自動計算

「FXismデイトレ大百科」には教材の他に5つのインジケーターがついてきます。

上記5つのインジケーターを使ってトレードすれば、自身で分析・推測しなくてもトレード判断ができるため、トレード分析に時間をかける必要はありません。

5つのインジケーターを使ってトレードするには、インジケーターの使い方を覚えないといけませんが、他のインジケーターを別途購入しなくても大丈夫。

また、5つすべてのインジケーターを使う必要もないので、いろいろ使ってみてトレードに役立つものだけ厳選して使ってもいいでしょう。

トレード教材なので勉強が必要

FXismデイトレ大百科の内容
  • 25の講義動画
  • マニュアル(405ページ)

「FXismデイトレ大百科」はトレード手法を解説している教材がメインです。

トレード教材は、購入するだけでは意味がなく、教材を使ってトレードの勉強や練習をしてはじめて効果を実感します。

そのため、インジケーターのように「買って設定をして終わり」というわけではないため、教材を購入してからトレードに反映されるまで、短期間では終わりません。

1年か2年はトレードの練習や勉強期間と考えて取り組むと、その先FXが「収入源の1つ」として確立するでしょう。

FXismデイトレ大百科のメリット

FXで稼げて喜ぶ女性

「FXismデイトレ大百科」にはさまざまなメリットがあります。

特に次の5点は他のトレード教材と大きく違う点なので、ぜひ知っておきましょう。

トレードの基礎が身につく

トレードの基礎を身につけるメリット
  • インジケーターや情報に依存しないトレードができる
  • 専業トレーダーになる選択肢が生まれる
  • 景気や業績に左右されずに収入が得られる

「FXismデイトレ大百科」を使って勉強・練習すれば、トレンド相場に強いトレード手法の基礎が身につきます。

トレード手法の基礎を習得すれば、今後FXで大きな損失を被る心配はないでしょう。

安定したトレードが自身の力でできるようになるため、専業トレーダーになる選択肢も出てきます。

世界経済が破綻しない限り、FXが収入源となるため、お金に困る心配もありません。

パーフェクトオーダーを使ったトレードが可能

パーフェクトオーダーとは?
  • 複数の移動平均線が全て一定方向に向いている
  • 価格が全ての移動平均線より上抜け(下抜け)
出典:FXQuickNavi

「FXismデイトレ大百科」はパーフェクトオーダーに特化したトレード手法のため、トレンド相場にかなり強いトレードができます。

パーフェクトオーダーは、トレンド相場時にみられる現象で、パーフェクトオーダーが出てからトレードすれば、高い確率で利確トレードが可能。

パーフェクトオーダーは発生する確率が低いいため、見逃さないようにするのがポイントですが「FXismデイトレ大百科」を使えば、パーフェクトオーダーをしっかり見極めてトレードできる力が身につきます。

デイトレだけでなくスキャルピング技術も身につく

スキャルピングのメリット
  • 1日に数回トレードチャンスがある
  • ポジション保有時間が短い
  • 空いた時間にトレードできる

「FXismデイトレ大百科」はデイトレードが基本ですが、スキャルピングトレードでも手法は活用できます。

スキャルピングはデイトレードに比べて短期間でトレードが完結するため、あまりトレードに時間が書けれない人におすすめのトレードスタイルです。

デイトレードに比べて1回あたりのトレード益が少ないなど、デイトレードと違う部分がいくつかあるため、アレンジを加える必要がありますが、手法の基礎的な部分は共通しているので、FXにかける時間が少ない人はスキャルピングでチャレンジしてみてください。

「勝負すべき相場」が分かるようになる

トレードすべき相場が分かるメリット
  • 「勝てない相場」でトレードしない
  • 適切な損切ができる
  • トレード益を最大まで伸ばせる

「FXismデイトレ大百科」はパーフェクトオーダーを中心にトレンド相場で利益を狙うトレード手法のため、トレードするタイミングや相場環境のメリハリがハッキリしています。

具体的にはレンジ相場や小さなレンジ相場では一切エントリーしません。

エントリーしなければ利益は出せませんが、難しい相場環境でトレードしても負けるリスクが増えるだけのため、勝てるトレーダーは勝負する相場環境をしっかり厳選しています。

「FXismデイトレ大百科」も勝ちやすい相場環境を厳選してトレードする手法が開設されているので、損切がかさんで資金を減らす心配がありません。

どんな通貨ペアでもトレードできる

通貨ペアにこだわらないメリット
  • 稼ぎやすい通貨ペアを選んでトレードできる
  • デイトレでも1日に何回もトレードチャンスが生まれる

「FXismデイトレ大百科」はどんな通貨ペアにも対応しているトレード手法です。

ドル円やユーロドルなどメジャー通貨ペアはもちろん、スイスフランやNZドルやトルコリラといったマイナー通貨との組み合わせにも使えるため、どんな通貨ペアでトレードしても問題ありません。

使える通貨ペアが多ければ、トレードチャンスが多くなるため、FXで稼ぎやすくなります。

「FXismデイトレ大百科」はインジケーターではなくトレード手法ですから、対応していない通貨ペアはほぼないと考えて良いでしょう。

FXismデイトレ大百科のデメリット

FXで失敗して悩む女性

「FXismデイトレ大百科」にはさまざまなメリットがある反面、デメリットがあります。

特に次の3点は「FXismデイトレ大百科」を使う上で知っておくべきポイントなので、ぜひ理解しておきましょう。

手法を身につけるまでかなりの時間が必要

手法習得に時間がかかる理由
  • 教材のボリュームが多い
  • 手法の内容を理解してトレードできるまで練習が必要
  • コツを掴むまで失敗が多い

「FXismデイトレ大百科」はトレード教材ですから、購入しただけでは全くトレード成績に変化はありません。

教材を使って勉強し、さらに勉強した内容が理解できているか?をデモトレードなどで練習を繰り返していって、初めて教材の効果や内容を実感します。

少なくとも1~2ヶ月でマスターできる内容ではないため「FXismデイトレ大百科」を使って勉強するなら、年単位の勉強期間を考えて取り組みましょう。

トレードできない期間が発生する

トレードできない具体的な期間
  • レンジ相場
  • 相場が荒れている時(地政学リスクや経済指標発表など)

「FXismデイトレ大百科」はトレンド相場でチャンスを狙うトレード教材です。

相場環境がトレンド相場の時はトレードできますが、レンジ相場になるとトレードチャンスが無くなるため、エントリーできません。

そもそも相場は「レンジ8割、トレンド2割」と言われているため、相場環境によっては数日間トレードチャンスがないこともあります。

デイトレードとはいえ、毎日トレードしなければいけない理由はないため、トレードチャンスがない時は相場を静観して、いずれ来るチャンスをつかむ準備をしましょう。

トレードスキル以外の知識が提供されていない

FXismデイトレ大百科で勉強できない内容
  • ファンダメンタルズ分析の基礎
  • 資金管理

「FXismデイトレ大百科」はトレンド相場でトレードする手法を中心に解説している教材で、トレードスキルなどテクニカルな部分が勉強できます。

その代わり、ファンダメンタルについて深く言及されていないため、ファンダメンタルズ分析を勉強したい人にはあまり満足感は得られないでしょう。

また、資金管理についても特に言及されていないため、資金管理の仕方も学べません。

ファンダメンタルズ分析も資金管理もFXで稼ぐには欠かせない項目なので、トレードスキル以外の勉強は独学か新しい教材を購入する必要があるでしょう。

FXismデイトレ大百科の特典

FXismデイトレ大百科の特典
FXismデイトレ大百科の特典
  • 及川式FXデイトレ講座2019
  • 及川式スキャルピング講座
  • FBコミュニティ招待権

「FXismデイトレ大百科」には本教材やインジケーター以外にも、上でまとめた特典がついてきます。

特に「及川式スキャルピング講座」は、スキャルピングトレードで大事なポイントをまとめた特典です。

デイトレードとスキャルピングの併用でトレードするなら「及川式スキャルピング講座」を活用して、スキャルピングのポイントを身に付けましょう。

FXismデイトレ大百科の口コミ

FXismデイトレ大百科の評判

優先順位の紹介は嬉しい
早速動画を見ました。
多岐に亘る内容と動画数ですが、必ず見るべきものを初めに紹介している点はとても良かったです。
初心者にはやや難しいものの、1回の視聴では理解できない可能性も示唆されており、何度も見て理解すべきものだとわかりました。
一動画あたりの時間がやや長めに感じますが、今後も引き続き、動画を繰り返し見て内容理解向上に努めていきます。

https://fantasticstore.info/

サインが逆になってしまう
デイトレ大百科やってみてるけど、ちょっと個人的にはあわないかも…

別に手法が悪いというわけではないんだろうけど、
サインが逆に混乱してしまう。

このサインはほとんど使えない印象だから、あくまで裁量でやればいいだろうけど、パーフェクトオーダーのこの手法はちょっと自分のスタイルには合わなかった

という感じでした。

http://www.info-bonbon.com/

プロコンと組合せると取引がラク
テキストや講義動画は豊富で価格以上のものだと思いました。
デイトレ大百科購入者堰堤の取引画面での解説が分かりやすく、なるほどと思わせる場面が多くこの講義動画全て理解できるようになれば勝組になれそうですw
講義動画を何回も見て勉強し実践していきたいと思います。
天才チャートとプロコンの組み合わせで取引が楽になりました。

https://fantasticstore.info/

「FXismデイトレ大百科」の口コミや評判を調べたところ、良い意見と悪い意見の両方がありました。

良い意見としては「解説が分かりやすい」「勉強しやすい」など、トレード教材として丁寧に作りこまれている部分が評価されています。

一方で悪い意見としては「サインが逆になる」「なかなか思うように勝てない」といったトレード結果があまり反映されていない声がありました。

口コミや評判を見ると、しっかり勉強をした人は良い意見を言っている印象があります。

「FXismデイトレ大百科」はトレード教材なうえに、ボリュームも多いため、内容を完全に習得するには時間を掛けなければいけません。

しかし一度習得すれば、この先FXで勝ち続けられるので、専業トレーダーを目指しているなら「FXismデイトレ大百科」を使ってトレードスキルを身につけましょう。

FXismデイトレ大百科の販売者情報

販売会社株式会社SMS
運営責任者藤川恭一
住所埼玉県新座市栗原2-3-43-305
電話番号050-6877-5820
メールアドレスsupport@fxism.jp

最後に「FXismデイトレ大百科」の販売者について調べました。

「FXismデイトレ大百科」の教材作成者は及川圭哉さんですが、販売会社は株式会社SNSとなっています。

株式会社SNSについて調べましたが、特に悪い評判や噂はなかったため、悪質なトレード教材でないことは確かでしょう。

ただし、及川さんは「FXismデイトレ大百科」以外にもインジケーター屋トレード教材を販売しているせいか、信者もアンチも多い印象です。

賛否両論あるため、口コミや評判だけでは判断が難しいですから「FXismデイトレ大百科」の特徴やメリット・デメリットを理解して、買う・買わないの判断をしましょう。

FXismデイトレ大百科の総評

FXismデイトレ大百科まとめ
  • トレードの基礎が身につく教材
  • トレンド相場に強い手法が身につく
  • 5つの機能を持つインジケーターが使える
  • 手法の習得には練習と勉強が必須
  • レンジ相場ではトレード機会が少ない
  • 販売者の評判は賛否両論
  • 一からトレードスキルを身につけたいならおすすめ

ここでは「FXismデイトレ大百科」のレビューを紹介しました。

「FXismデイトレ大百科」はトレンド相場のパーフェクトオーダーを狙ってトレードするための方法を解説している教材です。

レンジ相場ではトレードチャンスがほとんどありませんが、トレンド相場になれば、大きな利益を狙えるチャンスを見つけてトレードできるでしょう。

これからFXで勝てる方法を身につけたい人は、ぜひ「FXismデイトレ大百科」で勉強してみてください。

「FXismデイトレ大百科」に興味がありましたら、下記ボタンから公式サイトをチェックしてください。

コメント