FXLINE式ダウ理論の極み~先出しで相場が読める異次元の手法~をレビュー

今回はFXLINEさんの「FXLINE式ダウ理論の極み~先出で相場が読める異次元の手法~」をレビュー・紹介します。

購入を検討しているならぜひ参考にしてください。

FXLINE式ダウ理論の極みの概要

「FXLINE式ダウ理論の極み~先出で相場が読める異次元の手法~」はダウ理論と水平線を使ってルール化したFX手法です。

ダウ理論とは値動きの特徴を6つの基本法則で解説しているテクニカル分析です。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

FXの参考書や教材の中にはダウ理論と謳っていなくても、ダウ理論に従った手法を解説しているものはたくさんあります。

しかし実際にダウ理論を理解している人は多くない上に、ダウ理論をトレードに活用している人はごく少数しかいません。

FXLINE式ダウ理論はダウ理論の法則に則ったトレードルールをよりはっきりさせた手法で、オリジナルのインジケーターを使って相場の方向性を判断し、トレードタイミングを見極める方法を解説しています。

FXLINE式ダウ理論の極みのメリット

「FXLINE式ダウ理論の極み~先出で相場が読める異次元の手法~」には5つのメリットがあります。

トレンドの転換時期が明確化する

XLINE式ダウ理論の極みの最大のポイントはトレンドの転換時期が明確になることです。

具体的には次の動画のような感じで相場環境を見ることできるようになります。


そもそもダウ理論には「(6)トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」という相場環境の性質を活用したテクニカル分析です。

FXLINE式ダウ理論の極みはダウ理論に基づいたルールと水平線を用いた手法のため「明確なトレンド転換」がチャート上のどこにあるのか?が明確になります。

トレンド転換が分かれば、どこから転換部分からエントリーすればより確実に利益が取れるようになりますよね?

またトレンドのスタート部分だけでなく終わりの部分も分かるため、決済タイミングを逃してポジションを持ちすぎてしまい、なくなく損切せざるを得ない…という事態にも陥りません。

実際のチャートを使って解説してくれる

FXLINE式ダウ理論の極みはテキスト教材となっていますが、補足教材として実際のチャートを使った解説動画が視聴できます。

出典:GogoJungle

動画ではその日の相場環境を使った解説はもちろん、購入者から頂いた質問に対する回答のシェアも行っています。

限りなくリアルタイムに近い相場を使って手法の開設をしているため、具体的な活用法や手法に関する不明な点も理解しやすい教材です。

トレードの時間帯を選ばない

FXLINE式ダウ理論の極みで紹介されている手法はトレードする時間帯を選ばずに使えます。

FXは24時間トレードできますが「東京時間」「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」と時間帯によって市場が変わり、市場によって値動きなどが違います。

そのためトレード手法によっては市場が限定されるものもありますが、FXLINE式ダウ理論の極みはどの市場でも活用できます。

そのためどんな人が勉強している実践できるトレード手法ですから、昼間メインにトレードする人でも夜しかトレードできない人でも大丈夫です。

どんな通貨ペアでも活用できる

FXLINE式ダウ理論の極み通貨ペアを選びません。

ドル円、クロス円はもちろんポンドドルなどでも活用できます。

ただし通貨ペアによって値動きが変わるため、手法をしっかり確立するまでは値動きが小さい通貨ペア(ドル円など)を中心にトレードするのがおすすめです。

手法の使い方に慣れてきたら、大きく値動きすることがあるポンドを軸に移行して大きな利益を狙ってみてはいかがでしょう。

資金管理やメンタルコントロールも学べる

FXLINE式ダウ理論の極みにはトレード手法だけでなく資金管理などトレードで勝つために必要な情報が全て掲載されています。

FXで稼ぐためには手法やロジックも重要ですが、それと同じくらい資金管理やメンタルの強化も重要です。

FXLINE式ダウ理論の極みはトレードで勝てる人になるための必要な情報やポイントを全て網羅しているので、この教材1つを活用してじっくり活用すれば、トレードの勝ち組になるための知識や経験が身に着きます。

FXLINE式ダウ理論の極みのデメリット

FXLINE式ダウ理論の極みは数多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。

特に次の3点はFXLINE式ダウ理論の極みを購入するうえで知っておくべき注意点なのでぜひ理解しておきましょう。

MT5がないと手法が活用できない

FXLINE式ダウ理論の極みはオリジナルのインジケーターを使ってトレードをしますが、MT5でないと正常に作動しません。

メタトレーダー以外のチャートはもちろんMT4でも使えないため、事前にMT5をパソコンにダウンロードしておく必要があります。

MT5以外のチャートを使ってトレードをしているならMT5に切り替えましょう。(MT5は無料でダウンロードできます)

FX初心者にはハードルが高い

FXLINE式ダウ理論の極みは販売ページでも「中上級者向け」と書かれている通り、初心者には少しハードルが高い内容になっています。

そのため、ある程度FXトレードの経験がない人がこの教材を使って勉強を始めると、内容が難しくて戸惑うかもしれません。

とはいっても、FX初心者がFXLINE式ダウ理論の極みを手に取っても意味がないわけではありません。

時間はかかりますが余計なFXの知識や経験がない分、素直に教材の内容を吸収できるため中上級者よりも早く手法を身につけられる可能性はあります。

間違ってもFXLINE式ダウ理論の極みは「誰でも簡単に身につけられる手法」でないので、勉強する時間が必要だというのを理解しておいてくださいね。

自動で売買できない

FXLINE式ダウ理論の極みは自身でエントリーや決済を行う「裁量トレード」の手法です。

そのため、ロジックに従って自動で売買するソフトやツールではありません。

FXLINE式ダウ理論の極みを活用してFXで稼ぐならチャートの確認は必須となるため、FXに取り組む時間がしっかりと作れる生活習慣にしましょう。

FXLINE式ダウ理論の極みの特典

FXLINE式ダウ理論の極みはテキスト教材、補足動画、インジケーターのみで特に特典は付属していません。

FXLINE式ダウ理論の極みの教材は5つの章に分けて解説しています。

  • 【第1章】ダウ理論と複合ダウの見方
  • 【第2章】チャネルラインの引き方
  • 【第3章】正しい環境認識とシナリオの立て方
  • 【第4章】具体的なエントリー方法
  • 【第5章】資金管理とその他重要事項

本教材だけでFXで勝つための必要項目は全て網羅しているため、特典がなくても大きな問題はありません。

FXLINE式ダウ理論の極みの口コミ

シンプルで、分かりやすい。
曖昧さがなく新鮮でした。エントリーポイントやターゲットもゴチャゴチャしたインジケーターを使わずにシンプルに波を見て売り買いできる。

今、この場面でどうなったら反転しそうなのか、また、どこまで伸びる可能性があるのかなどすごく斬新に感じました。

このトレード方法なら、どこでどうなったらエントリーできるかがすごく分かりやすいので、再現性があると思います。

買って良かったと思いました。

GogoJungle

優良です
内容がシンプルなので、ルールを守れば安定的にトレードができそうです。
また、再現性も非常に高いと思います。

実トレはまだですが、まずは検証を積み重ねて自信をつけたいです。

GogoJungle

ためになる
マニュアルを動画で解説しながら進めてくれるのでわかりやすい。
ダウ理論とラインをつかったトレードの勉強できるので、しっかり理解して身につけたいと思えるものでした。

GogoJungle

FXLINE式ダウ理論の極みの口コミを調べましたが、ほとんどが「シンプルで分かりやすい」「ためになる」「相場の原理原則が学べる」といった好評なものが多かったです。

悪い口コミも探してみましたがパッと調べたところ見当たりませんでした。

ただ、「勉強になった」という教材に対する口コミは多かったものの「勝てるようになった」という口コミが少ないため、教材を手にしてから結果を出すまで時間がかかるのでしょう。

口コミを見る限りFXLINE式ダウ理論の極みは「勝てるトレーダー」になる可能性を大いに感じる教材だというのが分かります。

最後に

以上「FXLINE式ダウ理論の極み」に関するレビューでした。

FXLINE式ダウ理論の極みはダウ理論を元にしたトレード手法を解説しているため、ダウ理論の具体的な活用法を実際のチャートを見ながら学べます。

ダウ理論はさまざまなトレード手法で応用されていますが、実際にダウ理論だと認識して解説している手法は実は多くありません。

FXLINE式ダウ理論の極みは決して簡単なトレード手法ではありませんから、習得するまでに時間がかかってしまいます。

しかしFXLINE式ダウ理論の極みを使って学習すればダウ理論を使ったトレード手法が身につくため、トレードの勝率も伸びるでしょう。

興味があればゴゴジャンの紹介ページをチェックしてみてくださいね。