Exnessで追証される?ゼロカットの仕組みと注意点を徹底解説

今回はExnessで設定されている「ゼロカット」についてまとめています。

どのFX会社でも利用者がトレードで守るためにさまざまな対策がされています。

Exnessでも色々な対策がされていますが、中でも特徴的なのが「ゼロカットシステム」です。

ゼロカットシステムについてはExnessをはじめ一部のFX会社で採用されているものの、仕組みを知らない人や誤解している人が少なくありません。

ここではExnessが取り入れているゼロカットの仕組みや注意点について詳しく解説します。

Exnessで採用しているゼロカットとは?

出典:coindesk

ゼロカットシステムとは含み損が証拠金を上回った場合、証拠金が超過した分の損失がゼロになるシステムです。

一般的にトレードで失敗して含み損が証拠金を超過した場合、超過した分の損失額の追加入金を求められます。

しかしゼロカットシステムを採用していると証拠金を超過した分の損失額の入金は求められません。

そのため証拠金以上の損失を負担する必要がないのです。

「ゼロカットシステム=損失がゼロになる」ではない

ゼロカットシステムは証拠金を超過した分の損失がゼロになる仕組みですが、トレードによる損失がゼロになるものではありません。

トレードによる失敗によって被った損失のうち口座に入っているお金(証拠金)は決済と同時になくなります。

当然口座に証拠金がなければ次のトレードはできませんから、ゼロカットシステム発動後に新たに証拠金を入れなければいけません。

ゼロカットシステムはトレードによる大きな損失をチャラにしてくれるものではないので、無謀なトレードは控えましょう。

ゼロカットシステムはExnessをはじめ海外FX会社では採用しているところが多いですが、国内のFX会社のほとんどは採用していません。

Exnessで「追証」はあるのか?

追証とは?

「追加証拠金」の略。証拠金が一定額を下回るとFX会社が求めてくるもので、追証を入れない限りその口座を使ってトレードができなくなる。

Exnessではゼロカットシステムを採用しているため、追証を求められることはありません。

そもそも追証は含み損が証拠金を上回った際に求められるものであり、利用者(トレーダー)の損失を精算するためのシステムです。

しかしExnessではゼロカットシステムを採用しており、証拠金を上回る損失を支払う必要はありません。

そのため、Exnessでは追証は発生しないのです。

ただし「ゼロカットシステムが発動=口座内の証拠金がゼロになる」ため、Exnessの口座を使って次のトレードをするには改めて口座に入金しなければいけません。

追証は求められませんが結果的に追加で証拠金を入金する必要がありますので、ゼロカットシステムが発動するようなハイリスクなトレードはしないよう注意しましょう。

Exnessで採用しているゼロカットの仕組み

次にExnessで採用されているゼロカットシステムの具体的な仕組みついて解説します。

Exnessのゼロカットシステムの特徴は次の3つがあります。

証拠金維持率が0%になったら強制ロスカット

Exnessでは含み損≧証拠金になったら自動的にポジションが決済されます。(これを強制ロスカットという)

強制ロスカットになるボーダーラインはFX会社によって違いますがExnessはロスカット率が0%のため、含み損が証拠金より大きくならない限り強制ロスカットになりません。

含み損が証拠金を下回っている限りポジションは強制的に決済されず持ち続けられるため、ギリギリまで攻めたトレードができます。

ただし強制ロスカット=証拠金ゼロとなりますので、リスクの高いトレードをする際は慎重に行いましょう。

証拠金維持率が一定割合以下になるとマージンコール

マージンコールとは?

トレードによる含み損が証拠金の一定割合以下になると通知してくれるサービスのこと。

Exnessでは含み損≧証拠金となり、強制ロスカットになる前に事前に含み損に関する通知が送られてきます。(これをマージンコールという)

マージンコールは含み損が証拠金の一定割合以上になったら通知されるもので、トレードによる含み損が大きくなったことを教えてくれるサービスです。

マージンコールを受けたからと言って追加で証拠金を入れる必要はありませんが、そのまま放置して「含み損≧証拠金」になると強制ロスカットになってしまいます。

もっと長くポジションを持っておきたいのなら、マージンコールを受けたタイミングで多少なりとも追加で証拠金を入れるようにしましょう。

支払う必要がないのが「超過した金額」のみ

ゼロカットシステムによる例
  • 証拠金70万円で100万円分の含み損を作った場合「70万-100万円=-30万円」
  • -30万円分の支払い義務が消える
  • 口座内の証拠金70万円はなくなる(トレードによる損失は70万円)

ゼロカットシステムによって支払う必要がないのはあくまでも証拠金を超過した損失分だけです。

FXではトレードによって発生した損失は口座内にあるお金(証拠金)から差し引かれるため、ゼロカットシステムが発動すると口座内の証拠金は全てなくなります。

ゼロカットシステムはトレードによる損失が必要以上に大きくならないようにするためのものであって、トレードによる損失がゼロになるものではないので注意しましょう。

Exnessのゼロカット・追証に関する注意点

最後にExnessのゼロカットシステムや追証に関する注意点をまとめました。

Exnessで口座を開設してトレードするうえで知っておくべきポイントなのでぜひ理解しておきましょう。

マージンコールは口座タイプによって異なる

口座タイプマージンコール
スタンダード口座証拠金の60%
ロースプレッド口座証拠金の30%
ゼロ口座証拠金の30%
プロ口座証拠金の30%

Exnessは口座のタイプによってマージンコールの通知が送られてくる割合が違います。

具体的にはスタンダード口座であれば含み損が証拠金の60%を下回ると通知されますが「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」は証拠金の30%を下回るまで通知がされません。

証拠金の割合が高ければ高いほど「損切するか?」「ポジションを持ち続けるか?」の早めの判断ができるようになります。

そのため、FX初心者は損失が大きくなる前にマージンコールで通知してくれるスタンダード口座の方がおすすめです。

マージンコールの通知以外の違いについては下記のページで解説しています。

レバレッジを高くするとゼロカットしやすくなる

Exnessはレバレッジを高くかけてトレードができるため、口座内のお金(証拠金)が少なくてもトレードできます。

しかし口座内のお金が少ないとすぐに含み損が証拠金を上回ってしまうため、強制ロスカットに遭いやすくなるリスクもあります。

リスクとリターンのバランスをよく考え、無理のないレバレッジをかけてトレードするよう心がけてください。

証拠金を追加で入れないとトレードできない

トレードに失敗してゼロカットシステムが発動してもExnessでは追証がないため、追加で口座に入金するのを求められることはありません。

しかしゼロカットシステム発動後に改めてトレードをする場合、口座内にお金は残っていないため、あらたに口座に入金する必要があります。

ゼロカットシステムはトレードで大きく失敗した時の「保険」的なシステムでしかありません。

FXで利益を出したいのならゼロカットシステムによって強制ロスカットにならないようなトレードを心がけましょう。

最後に

ここではExnessが設定しているゼロカットシステムについてお話ししました。

ゼロカットはトレードによって膨らみ過ぎた損失を許容できる負担まで抑えてくれるシステムであり、借金をしてまでトレードによる損失補填をしなくてもいい仕組みを言います。

とはいえ、トレードによって出してしまった損失分はちゃんと取られるので、ゼロカットシステムがあるからといって無茶なトレードをしてはいけません。

ゼロカットシステムはExnessをはじめとする海外FX会社特有のサービスであり、国内FX会社では採用されていないため、FX会社選びの大きなポイントとなるでしょう。

トレードで万が一大きな失敗をしても払いきれない損失を被る必要がないのがExnessのメリットでもあります。

トレード経験が浅いFX初心者には安心してトレードできるシステムなので、ぜひExnessの口座を使ってFXを始めてみてください。

コメント