Exnessのスタンダード口座を解説!スプレット・レバレッジなどを比較

今回はExnessの口座である「スタンダード口座」を紹介します。

Exnessには合計4つのタイプの口座があり、それぞれ特徴が違います。

そのため、FX歴やトレードスタイルによっておすすめする口座の種類が違うのです。

ここでは「スタンダード口座」のメリット・デメリット、さらにはスタンダード口座をおすすめする人のタイプについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

スタンダード口座と他の口座との比較

スタンダード口座プロ口座
該当する口座スタンダード口座ロースプレッド口座
ゼロ口座
プロ口座
最低入金額$1~$1,000~

最初にExnessのスタンダード口座とそれ以外の口座の比較について解説します。

Exnessの口座は大きく分けると「スタンダード口座」と「プロ口座」に別れており、さらにプロ口座には「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の3つに分けられます。 スタンダード口座と他の3つの口座との最大の違いは最低入金額です。

最低入金額とは?

Exnessの口座に入金する際の必要最低限の金額のこと。最低入金額を下回る金額は入金できない。

「ロースプレッド口座」「ゼロ口座」「プロ口座」の3つは最低入金額が$1,000(約10万円)なのに対して「スタンダード口座」は$1(約100円)から入金ができます。

また各口座によってトレードできる通貨ペア(銘柄)の種類も変わっています。

Exnessの各口座の比較についてはこちらのページで比較表を交えて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

Exnessのスタンダード口座のメリット

Exnessのスタンダード口座にはさまざまなメリットがあります。

特に次の5点は、他のFX会社と比べても大きなポイントとなるのでぜひ知っておいてください。

最低入金額のハードルが低い

先ほどもお話しした通り、Exnessのスタンダード口座は最低入金額が$1(約100円)とかなり低めに設定されています。

多くのFX会社は最低入金額が$1,000(約10万円)などまとまったお金を入れないと始められません。

国内のFX会社であれば100円から入金できるところもありますが「キャッシュバックキャンペーン」を受けようと思うと30,000円や50,000円と言った金額を最初に入れる必要があります。

国内FX会社では新規の方に口座を解説してもらうために「キャッシュバックキャンペーン」を開催しているところがあります。ただしキャッシュバックを受けるには「口座に一定額以上の入金」「口座開設後〇回以上取引をする」などといった条件があるため、必然的に最低入金額が上がります。

それに対してExnessのスタンダード口座は$1から口座に入金できます。

そのため、FXに使うためのお金(証拠金)が貯まっていなくてもExnessの口座に移動させることができます。

考え方次第ではスタンダード口座を「FXを始めるための資金」を貯める口座として使い、貯まったらFXを始める・・・なんてことにも使えます。

レバレッジが無制限にかけられる

Exnessのレバレッジの特徴
  • 口座開設時は「最大2,000倍」
  • 一定の条件を満たすと無制限にレバレッジがかけられる

Exnessのスタンダード口座ではレバレッジの上限を撤廃し、無制限にかけることができます。

レバレッジは国内FX会社では国の規定により「最大25倍」までと定められていますが、Exnessは海外に拠点を置く「海外FX会社」のため25倍以上のレバレッジをかけることができます。

Exnessのスタンダード口座は口座開設当初は2,000倍までしかかけられませんが、一定の条件を満たすとレバレッジが無制限(最高21億倍)までかけてトレードができるようになります。

レバレッジを無制限にする条件
  • 累計5ロット以上取引する
  • 口座を解説して10回以上トレードする
  • 有効証拠金が$1,000未満
  • プラットフォームは「MT4」

スタンダード口座は$1から入金できるため、取引回数さえクリアすればレバレッジを無制限にかけてトレードしやすい口座と言えるでしょう。

トレードできる銘柄が多い

銘柄スタンダードロースプレッドゼロプロ
為替107種類82種類97種類82種類
貴金属10種類8種類10種類8種類
株式指数10種類9種類9種類10種類
個別株71種類71種類71種類71種類
原油2種類1種類2種類1種類
仮想通貨13種類12種類12種類13種類

Exnessのスタンダード口座の大きなメリットはトレードできる銘柄が多い点です。

同じExnessの口座の中でもスタンダード口座が一番多く、100種類以上の通貨ペアが使えます。

北欧(ノルウェーやデンマークなど)やシンガポールドル、香港ドルといったFXではあまり聞かない通貨ペアを使ってFXもできるため、いろんな通貨ペアでFXをしてみたい人にはおすすめです。

さまざまな手数料が無料

スタンダード口座でかからない手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 取引手数料
  • 入金・出金手数料

Exnessのスタンダード口座はさまざまな手数料が一切かかりません。

口座開設手数料がかからないため無料で開設できますし、口座維持手数料も発生しないため、開設した口座を動かさなくても費用は発生しません。

また取引手数料も無料なので何度トレードしても手数料を払う必要はありません。

スタンダード口座は口座の維持やトレードにおいて一切手数料がかからないため、FXにおける損失以外の出費がかからないのが大きなメリットです。

「追証」が発生しない

追証(おいしょう)とは?

「追加保証金」の略。含み損が証拠金の一定割合以上になった場合に追加で求められる証拠金のこと。追証を入れないと強制ロスカットされてトレードができなくなる。

Exnessのスタンダード口座は「追証」が発生しないようになっています。

多くのFX会社は含み損が証拠金を上回った場合、証拠金から超過した金額を追証する必要がありますが、Exnessのスタンダード口座は追証がないため、追加で証拠金を入れる必要がありません。

つまり口座にいれておいた証拠金以上の損失を被る必要はないのです。

FXをする以上損失が出てしまうのは仕方ないですが、抱えきれないほどの損失を抱え込まなくても良いのはExnessのスタンダード口座の良いところですよね。

Exnessのスタンダード口座のデメリット

Exnessのスタンダード口座にはさまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。

特に次の3つはExnessのスタンダード口座を利用する際に知っておくべきポイントなので、正しく理解しましょう。

他の口座に比べてスプレッドが広め

通貨ペアスタンダードロースプレッドゼロプロ
USD/JPY1.1000.7
EUR/JPY1.90.40.11.2
GBP/JPY20.501.3
EUR/SUD1000.6
GBP/USD1.20.100.7

Exnessのスタンダード口座は他のExnessの口座に比べてスプレッドが広めになっています。

スプレッドが広いとトレードの際に利益が発生するまでの値幅が広くなるため、トレードにおける利益が目減りしてしまいます。

そのため、スキャルピングなど少しの利幅を狙って数多くトレードする戦略を取っている人にはスタンダード口座はおすすめしません。

強制ロスカットになりやすい

Exnessのスタンダード口座は$1から入金できるため、FXを始めるハードルが非常に低い口座でもあります。

しかし少額から始められるからこそ、証拠金が少なすぎて強制ロスカットになりやすい側面も持っています。

証拠金が少ないと1回のトレードで大きな利益を出すにはスプレッドを高くする必要がありますが、スプレッドを高くするとトレードに失敗した時の損失も大きくなります。

証拠金がゼロになったら当然次のトレードは新たに証拠金を入れない限りできません。

スタンダード口座は最低$1から入金できますが、FXを始めるなら口座にある程度まとまってから始めましょう。

スリッページが起こることがある

スリッページとは?

注文時の価格と注文が完了した時の価格が異なる現象のこと。「値滑り」ともいう。

Exnessのスタンダード口座では注文を申請してから実際に反映されるまでにスリッページが起こる可能性があります。

スリッページが起こると実際にエントリー(決済)したい価格から少しずれた価格で注文が通ってしまい、結果に多少なりとも影響を及ぼします。

スリッページが起こる値幅については大きな誤差ではありませんが、ピッタリ希望通りの価格で注文が入らないことがあるため、ある程度誤差を見越して注文する必要があります。

Exnessのスタンダード口座がおすすめの人

最後にExnessのスタンダード口座がおすすめの人を紹介します。

次の3つのうち1つでも該当するのなら、Exnessの口座の中ではスタンダード口座がおすすめです。

トレード経験が浅い「FX初心者」

Exnessのスタンダード口座は他の3口座に比べてトレードできる通貨ペア(銘柄)が多いのが特徴です。

さらに通貨ペアだけでなく株式指標や貴金属(ゴールドやシルバー)といった銘柄でのトレード(CFD)ができます。

そのため、いろんな通貨ペアのチャートを見ることができるので「自分のトレードスタイルに合った通貨ペア」を探すのにもってこいの口座です。

トレードスタイルが「デイトレード」の人

Exnessのスタンダード口座は取引手数料がかからないもののスプレッドが他のExnessの口座に比べて広い特徴があります。

そのためある程度大きな値動きを狙ったトレードスタイルが求められます。

狭い利幅を1日に何回もトレードを繰り返す「スキャルピング」よりは、1日1回のトレードで広めの利幅を狙う「デイトレード」の方がスタンダード口座の特徴に適しているでしょう。

FXに使える資金が少ない人

Exnessのスタンダード口座は$1から入金できるため、FXにかけるお金が少なくても口座にお金を入れることができます。

さらにレバレッジは2,000倍までかけられるうえに、条件を満たせば2,000倍以上のレバレッジをかけてトレードできるため、口座に少ししかお金が入っていなくてもFXができてしまいます。

ただし、レバレッジを高くすると損失も大きくなりますし、口座に少ししかお金がないとすぐに強制ロスカットになるリスクがある事を忘れないように。

上手にリスク管理と資金管理をすれば手元に少ししかお金がなくてもFXを始められるのがスタンダード口座の大きな特徴です。

最後に

ここではExnessのスタンダード口座について紹介してきました。

Exnessのスタンダード口座は最低入金額の低さやトレードできる通貨ペアの多さから、FXをこれから本格的に始める人にはおすすめの口座と言えるでしょう。

また、スプレッドが少し広めなのでスキャルピングよりもデイトレードのようにポジションを長めに持つようなトレードスタイルの人もおすすめです。

口座維持にかかる手数料も発生しないため「とりあえず作っておいて、FXの勉強しながらトレードを始めていこう」という気持ちで開設するのもアリです。

Exnessのスタンダード口座は無料で開設できますので、興味があれば公式サイトからぜひ開設してみてください。

コメント