Exnessのロースプレッド口座を解説!スプレッド・レバレッジなど比較

今回はExnessの口座の1つである「ロースプレッド口座」を紹介します。

Exnessは口座と言っても全部で4種類あり、それぞれ特徴が違います。

そのため、人によっておすすめの口座が違うため、Exnessの各口座のメリット・デメリットを理解しておくと、より自分のスタイルに合うFXができるようになります。

ここでは「ロースプレッド口座」の特徴と他の口座との違い、さらにはロースプレッド口座をオススメする人のタイプについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ロースプレッド口座は「プロ口座」の種類の1つ

スタンダード口座プロ口座
該当する口座スタンダード口座ロースプレッド口座
ゼロ口座
プロ口座
最低入金額$1~$1,000~

最初にExnessのロースプレッド口座と他の口座の比較について解説します。

Exnessの口座は大きく分けると「スタンダード口座」と「プロ口座」の2つに分けられ「ロースプレッド口座」はプロ口座の1つに分類されます。

スタンダード口座とプロ口座の最大の違いは「最低入金額」です。

最低入金額とは?

Exnessの口座に入金する際の必要最低限の金額のこと。最低入金額を下回る金額は入金できない。

スタンダード口座は最低入金額が$1~なのに対して、ロースプレッド口座を含んだ残りの3口座は最低入金額が$1,000~となっています。

また各口座によって手数料の有無やトレードできる通貨ペアにも違いがあります。

ロースプレッド口座を含め、Exnessの各口座の比較についてはこちらのページで紹介しています。

Exnessロースプレッド口座のメリット

Exnessのロースプレッド口座にはさまざまなメリットがあります。

特に次の5点は、他のFX会社と比べても大きなポイントとなるので、ぜひ知っておいてください。

スプレッドが狭い

通貨ペアスタンダードロースプレッドゼロプロ
USD/JPY1.1000.7
EUR/JPY1.90.40.11.2
GBP/JPY20.501.3
EUR/SUD1000.6
GBP/USD1.20.100.7

Exnessのロースプレッド口座の最大の特徴はスプレッドの狭さです。

スプレッドが狭いと少しの値動きでプラスになるため、スプレットが狭いFX会社を選ぶのがFXで稼ぐためのポイントですが、Exnessのロースプレッド口座は国内・海外のFX会社と比べてもかなり狭く設定されています。

中にはゼロスプレッド(スプレッドがない)の通貨ペアもあるため、非常に利益が出しやすい口座と言えるでしょう。

ロースプレッド口座による各通貨ペアのスプレッドについては別のページで紹介しています。

ロスカット水準が0%

ロスカット水準とは?

含み損が大きくなり強制的にロスカットになるボーダーラインのこと。強制ロスカットになるボーダーラインは含み損が口座に入っている証拠金の割合で決まる

Exnessのロースプレッド口座はロスカット水準が0%に設定されています。

そのため、含み損が口座内に入っている書庫金を上回らない限り強制ロスカットにはならないため、ギリギリまでポジションを持つことができます。

特に逆張りでエントリーする人はロスカット水準が高いと値動きが反転する前に強制ロスカットされて損失が確定されてしまいますが、Exnessのロースプレッド口座ではそういった心配はありません。

追証がない

追証(おいしょう)とは?

「追加保証金」の略。含み損が証拠金の一定割合以上になった場合に追加で求められる証拠金のこと。追証を入れないと強制ロスカットされてトレードができなくなる。

Exnessのロースプレッド口座では「追証」が発生しません。

追証がないのでトレードに失敗して含み損が口座内の証拠金を上回ったとしても、口座に入っている証拠金がなくなるだけで超過した分の損失は負担する必要はありません。

そのため、口座に改めて証拠金を入れればすぐにトレードができるようになります。

口座開設手数料が無料

Exnessのロースプレッド口座は開設に関する手数料は一切かかりません。

また口座維持手数料も発生しないため、作ってそのまま置いておいても出費は発生しません。

Exnessのロースプレッド口座はトレードにかかる費用を最小限に抑えることができますので、必要以上にお金を用意しなくてもFXを始めることができます。

為替以外の銘柄でもトレードできる

取引できる銘柄
  • 取引できる銘柄
  • 外国為替(ドル円、クロス円など)
  • 貴金属(ゴールド、シルバー)
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • エネルギー(原油)
  • 株式(アップル、マイクロソフトなど)
  • インデックス(日経225、米ダウなど)

Exnessのロースプレッド口座では通貨ペア以外の銘柄でもトレードできます。

具体的にはゴールドやシルバーといった貴金属、日経225やアメリカのダウといった経済指標(いわゆるCFD)などもExnessのロースプレッド口座を開設すればトレードできます。

為替以外の銘柄でもトレードできるため、口座1つ開設するだけでさまざまな可能性が広がるのもExnessの口座のメリットといえるでしょう。

Exnessロースプレッド口座のデメリット

Exnessのロースプレッド口座にはさまざまなメリットがある反面、他の口座と比べてデメリットもあります。

特に次の3つはExnessのロースプレッド口座を利用する際に知っておくべきポイントなので正しく理解しておきましょう。

取引手数料が発生する

通貨ペアスタンダードロースプレッドゼロプロ
USD/JPY無料$7$7無料
EUR/JPY無料$7$10無料
GBP/JPY無料$7$15無料
EUR/SUD無料$70無料
GBP/USD無料$90無料

Exnessのロースプレッド口座では取引手数料が発生します。

そのため、取引回数が多くなればなるほど支払う取引手数料が増えるためプラスのトレードをしても利益が減ってしまいます。

ただ、取引手数料はロットや通貨ペア(銘柄)に関係なく固定なので、通貨ペア(銘柄)によってはスプレッドが広いスタンダード口座よりもお得になるものもあります。

特にスキャルピングするなら、スタンダード口座より取引にかかるリスクが抑えられる通貨ペアも少なくありません。

他の口座に比べて取引銘柄が少ない

銘柄スタンダードロースプレッドゼロプロ
為替107種類82種類97種類82種類
貴金属10種類8種類10種類8種類
株式指数10種類9種類9種類10種類
個別株71種類71種類71種類71種類
原油2種類1種類2種類1種類
仮想通貨13種類12種類12種類13種類

Exnessのロースプレッド口座は他のExnessの口座に比べて取引できる銘柄が少なめです。

そのため、人によってはトレードしたい銘柄がロースプレッド口座では扱ってない可能性があるので、ロースプレッド口座を開設する前にどの銘柄が取引対象なのかチェックしましょう。

とはいえ、USD/JPYなどメジャー通貨はロースプレッド口座でも取引可能なので、有名な銘柄を中心に使うのならそこまで気にする必要はありません。

「スリッページ」が起こることがある

スリッページとは?

注文時の価格と注文が完了した時の価格が異なる現象のこと。「値滑り」ともいう。

Exnessのロースプレッド口座は「マーケットエクスキューション」を採用しています。

マーケットエクスキューションとは、トレーダーの注文がいったんFX会社(Exness)に入り、FX会社が金融機関にアクセスして約定します。

そのためFX会社を介して注文する分注文から約定まで若干のタイムラグがあり、このタイムラグが原因で注文価格と約定価格がずれる「スリッページ」が起こる可能性があるのです。

スリッページは注文方法の仕様上防ぎようがないため、注文と約定が微妙にずれることを理解してトレードするしかありません。

Exnessでロースプレッド口座がおすすめの人

最後にExnessのロースプレッド口座がおすすめの人を紹介します。

次の3つのうち1つでも該当するのなら、Exnessの口座の中でロースプレッド口座がおすすめです。

「デイトレ」か「スキャル」でトレードする人

Exnessのロースプレッド口座は取引手数料が発生するものの、スプレッドが狭く設定されているため、通貨ペアによっては少ないコストでトレードができます。

そのためスキャルピングやデイトレードと言ったトレード回数が多くなるトレードスタイルで取引されている人におすすめです。

特に1日に最低1回は「エントリー→決済」をするくらい頻繁にトレードする人はロースプレッド口座が良いでしょう。

メジャーな銘柄を使ってトレードする人

Exnessのロースプレッド口座は他の3口座に比べて取引できる銘柄が少ないです。

しかし銘柄数が少ないロースプレッド口座であってもメジャーな銘柄はしっかり押さえてあります。

そのため、認知度が低いエキゾチック通貨などに手を出さず、有名な銘柄でのみトレードするならロースプレッド口座でも十分トレードができます。

口座開設に余計な出費をしたくない人

これはロースプレッド口座に限らずExnessの全口座に言えるのですが、Exnessで口座開設をすると口座開設手数料や口座維持手数料は一切発生しません。

つまり無料で口座が作れるのです。

また入金や出金の際にも手数料は発生しないため、トレードにかかる費用(スプレッドや取引手数料)以外は気にしなくても大丈夫です。

そのため「口座を作るのにお金を使いたくない」という人にExnessはおすすめです。

最後に

以上Exnessのロースプレッド口座について解説しました。

Exnessのロースプレッド口座は取引手数料が発生するため、一見トレードにかかるコストが高いように見えます。

しかしロースプレッド口座の手数料はどの通貨ペアや銘柄でも固定なうえスプレットが狭いため、通貨ペアによっては取引にかけるコストが抑えられるのが最大の特徴です。

スキャルピングやデイトレードなど取引回数が多いトレードスタイルの人は、Exnessで作れる口座の中ではロースプレッド口座がおすすめです。

Exnessのロースプレッド口座は無料で口座が開設できますので、興味があれば公式サイトからぜひ解説してみてください。

コメント