Exnessで複数口座を開設する方法!追加口座の手順や注意点を徹底解説

FXをするならFX会社で口座を開設しなければいけません。

FXするだけでしたら、開設する口座は1つだけで良いですが、トレーダーによっては口座を複数開設してトレードする人もいます。

FX会社によっては1社で複数の口座開設ができますが、Exnessではどうなのか?

ここではExnessで複数の口座を開設する方法と、そのメリットや注意点について詳しく解説します。

Exnessは複数口座の所持が可能

証券会社
Exnessの口座の特徴
  • 1アカウントで複数の口座が作れる
  • 口座開設は無料
  • 1アカウントにつき最大400口座まで開設可能

Exnessで作れる口座は1つだけでなく、複数口座を開設できます。

Exnessで開設できる口座の特徴を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

1アカウントで複数の口座が作れる

Exnessでは、口座を開設するためにアカウントの発行が必要ですが、アカウントを1つ作れば、いくつでも口座開設が可能です。

そのため、複数口座を開設するために、わざわざアカウントを作り直す必要はありません。

口座管理もExnessのパーソナルエリア(ログイン後の画面)から、一括で管理できるため、ログアウト→ログインを繰り返さなくても大丈夫。

アカウントの作り方については下記ページで紹介しているので、こちらを参考にしてください。

口座開設は無料

Exnessではいくつ口座を開設しても、料金は一切かかりません。

開設した口座に入金しなかったり一定期間以上使わなかったりしても、ペナルティなどもないので、必要と感じたらどんどん開設しましょう。

ただし、開設した口座を90日以上稼働しないと「休眠口座」となり、取引ができなくなります。

休眠口座の解除は、マイページからいつでも手続きができるので、口座が休眠口座になったら、手続きをして解除しましょう。

1カウントで最大400の口座が開設できる

Exnessで開設できる口座には限度があります。

Exnessには4つの口座タイプがありますが、それぞれ100口座ずつ開設でき、それ以上は開設できません。

とはいえ、1人で100もの口座を開設しても管理できないし使い道がないので「数を気にせず複数口座を開設できる」程度に考えておけばいいでしょう。

Exnessで複数口座を持つメリット

Exnessで複数口座を作るメリット
Exnessで複数口座持つメリット
  • トレードスタイルによって使い分けが可能
  • リスクヘッジにつながる
  • 各口座の管理がかんたん

Exnessで複数の口座を開設するのにはいくつかメリットがあります。

特に大きなメリットとして、上記3つのメリットが挙げられますので、ぜひ参考にしてください。

トレードスタイルによって使い分けが可能

複数口座を持っていると、トレードスタイルに合わせて使い分けができるため、効率よくトレードで資金を増やせます。

例えばスキャルピングやデイトレードなど、トレード回数が多いトレードスタイルの場合、スプレッドが大きいと取引手数料がかさんでしまい、利益がなかなか増えません。

口座を複数持てば、トレードスタイルや通貨ペアにベストな口座を使ってトレードできますから、余計な出費(取引手数料やスプレッドなど)を最小限に抑えてトレードできます。

Exnessの口座もタイプによってスプレッドや取引手数料が違うので、下記ページを参考にして口座を開設しましょう。

リスクヘッジにつながる

口座を複数持っていると、いざという時のリスクヘッジにつながります。

例えばトレードに失敗して口座内の資金を全額失ってしまっても、別の口座に資金を入れておけば、再度資金を貯めなおす必要がありません。

複数の口座に資金を分散してもFXは「レバレッジ」をかけられるため、少額でも問題なくトレードできます。

各口座の管理がかんたん

Exnessで口座を複数開設しておくと「どの口座にいくら資金が入っているか?」がすぐに分かります。

FX会社を分けて口座を管理すると、口座の資金を確認する時に、各FX会社のログインページをチェックしなければいけません。

しかしExnessで複数口座を開設すれば、マイページで各口座の情報を一覧で表示されるため、各口座の資金情報が一目で分かります。

複数のサイトを開かなくても複数の口座管理ができるため、複数の口座を並行利用してトレードするなら、Exnessの口座を使ってみてください。

Exnessで複数口座を開設する手順

FX口座を開設する男性
Exnessでの複数口座開設手順
  • パーソナルエリアにログイン
  • 「新口座開設」をクリック
  • 口座プランを選択
  • 口座の詳細を設定

Exnessで複数口座を持つには、口座を開設しなければいけません。

Exnessで2つ目以降の口座を開設する方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

パーソナルエリアにログイン

Exnessで口座を開設するにはExnessのパーソナルエリアにログインしましょう。

パーソナルエリアはExnessの1つ目の口座を開設する時に登録したログイン情報でかまいません。

パーソナルエリアの登録方法やログイン情報は下記ページを参考にしてください。

「新規口座開設」をクリック

パーソナルエリアの画面
出典:Exness

パーソナルエリアにログインしたら、右上にある「新規口座登録」をクリックしましょう。

すでに口座を開設していても「新規口座開設」をクリックすれば、そのまま口座開設の画面になって開設ができます。

口座プランを選択

Exnessの口座プラン
  • スタンダード口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座
  • デモ口座

口座開設画面になったら、口座のプランを選択します。

口座の種類は上で紹介した4種類から選べますので、各口座の特徴を理解してから開設する口座を選びましょう。

各口座の特徴は下記にまとめていますので、開設する時の参考にしてください。

口座の詳細を設定する

設定する項目
  • チャートソフト(MT4かMT5)
  • 最大レバレッジ
  • 口座パスワード

口座の種類を選択したら、詳細設定を入力して開設完了です。

口座の詳細設定は上でまとめており、一度設定したら変更できませんので、間違えないよう慎重に設定しましょう。

万が一設定を間違えてしまったら、新たに新規口座を開設するしかありません。

Exnessで複数口座を持つ時の注意点

複数口座を持つ注意点
Exnessで複数口座を持つ時の注意点
  • 同時に複数の口座は触れない
  • 口座の管理が難しい
  • 90日以上放置すると凍結される

Exnessでは、1つのアカウントで複数の口座を開設・管理できますが、注意点もあります。

Exnessで特に注意すべき点は上記3つなので、複数口座を作る時に意識しましょう。

同時に複数の口座を触れない

Exnessで複数口座を使っても、同時に複数の口座を動かせません。

端末を2つ用意して別々のチャートソフト(MT4orMT5)を起動させれば、複数口座を同時に動かせます。2つ以上の口座を同時にチェックすると、注意力が散漫してトレードチャンスを逃します。

複数の口座を持つ時は、同時に動かすよりも1つ1つ丁寧に確認しながらトレードしましょう。

口座の管理が難しくなる

管理が難しくなるポイント
  • 口座の種類
  • 口座内に入っている資金
  • 持っているポジション

Exnessは1アカウントで複数の口座を開設できますが、開設した口座が増えれば増えるほど、管理が難しくなります。

具体的には上でまとめたようなポイントが、所持する口座の数に比例して管理が難しくなるため、いたずらに口座を増やさないようにしましょう。

特にトレードを始めて間もないFX初心者は、複数口座を持っていても使いこなせません。

複数の口座を開設するなら、トレード歴やトレードスタイルに合わせて増やしていきましょう。

90日以上口座を放置すると凍結される

Exnessは90日以上口座を放置すると、口座が凍結されてしまい、トレードできなくなります。

ただし、凍結された口座はパーソナルエリアから解除設定できますので、凍結された口座があっても大きな問題ではありません。

凍結された口座を解除する方法は、下記ページで紹介しているので、凍結された時の参考にしてください。

Exnessの複数口座まとめ

Exnessの複数口座に関するまとめ
  • Exnessでは1アカウントで複数口座が作れる
  • 口座を複数所持するとリスク管理ができる
  • トレードスタイルに合わせて口座の使いまわしが可能
  • 口座を増やすと管理が難しい
  • Exnessの口座はパーソナルエリアから開設可能

ここではExnessで複数口座を開設する方法や、メリットについて紹介しました。

口座を複数所持すれば、万が一口座内の資金を使い切ったとしても、すぐに仕切り直しができます。

口座を増やしすぎると、凍結したり管理に追わせてトレードに集中できなくなるため、無理に口座を増やさずに自身が管理できる範囲で増やしましょう。

Exnessではかんたんに複数口座を開設できますし、凍結されてもすぐに解除できるので、口座を複数所持したいトレーダーにおすすめのFX会社です。

口座開設はいくつ作っても無料ですし、1つのアカウントで最大400口座開設できるので、これを機にぜひ開設してください。

コメント