Exnessで口座凍結した時の対処法!禁止事項や凍結の原因を徹底解説

FX会社では、それぞれトレードに関するルールが設けられており、ルールを破ると「口座凍結」されてしまいます。

口座凍結されると、口座内のお金(証拠金)が使えなくなるため、トレードができません。

当然Exnessも例外ではなく、ルール違反すると口座凍結されます。

ここでは、Exnessで口座凍結される原因や凍結された時の対処法について紹介ますので、ぜひ参考にしてください。

Exnessで口座凍結は起こるのか?

残高がない通帳

証券会社は特定の条件に合致した口座があった場合、口座を凍結させてトレードできないようにします。

口座凍結に至る条件は証券会社によって違いますが、Exnessでも例外ではありません。

口座が凍結されると以下の手続きができなくなります。

口座凍結によってできなくなる手続き
  • 凍結した口座に入金する
  • 凍結した口座内にある証拠金の出金
  • 凍結した口座を使ったトレード

口座凍結されると、原因次第では二度と凍結された口座は使えません。

口座凍結されたら、凍結された理由がFX会社から送られてくるため、凍結内容が不服だった場合はFX会社に解除申請をお願いしましょう。

「口座凍結」と「休眠口座」の違い

口座凍結と休眠口座の違い
  • 口座凍結:主に証券会社の規約違反によって利用できなくなった口座
  • 休眠口座:長期間利用していない口座

口座凍結と同じように、開設した口座が利用できなくなる状態に「休眠口座」があります。

口座凍結と休眠凍結の違いは上でまとめました。

証券会社によっては口座凍結されると、その口座が利用不可になる場合もありますが、休眠口座は規約違反ではないため、手続きすれば必ず再利用できます。

どちらも口座が利用できなくなる状態ですが、利用できなくなる理由が違うので口座凍結と休眠口座の違いは理解しておきましょう。

Exnessで口座凍結される原因

レッドカードを持つ男性

口座開設を申し込むと利用規約への同意を要求されますが、Exnessも例外ではありません。

口座凍結の条件は利用規約に明記されており、規約を破ると口座凍結されます。

利用規約や口座凍結の条件は各FX会社によって違いますが、Exnessは上の2点のいずれかをすると口座凍結されるので注意しましょう。

Exness口座が凍結される原因
  • 意図的にレート遅延を狙った取引
  • 自己アフィリエイト

Exnessの口座が凍結される原因について詳しく解説します。

意図的にレート遅延を狙った取引

レート遅延を意図的に狙った取引とは?

予期せぬ出来事によって取引ツールでサーバーエラーが発生し、レート遅延が生じたタイミングで取引する行為

Exnessではサーバーエラーやレート遅延を意図的に狙ったトレードをすると、規約違反とみなされて口座が凍結されます。

サーバーエラーやレート遅延が発生すると、表示されている価格と実際の取引価格に差が生じるなど、正常なトレードができません。

そのためレート遅延を意図的に利用すれば、短時間で大きな利益を作れてしまうため、Exnessでは禁止事項としています。

サーバーエラーやレート遅延は大きな戦争や自然災害など重大な出来事が発生すると起こりやすい現象ですので、こうした事態が発生したら、あまり積極的にトレードするのは控えましょう。

自己アフィリエイトによる取引

自己アフィリエイトとは?

アフィリエイトプログラムを利用している商品を自ら利用してアフィリエイト報酬を得ること。会社によって自己アフィリエイトできるところとできないところがある

Exnessでは口座利用者を増やすためにアフィリエイトプログラムを実施していますが、自己アフィリエイトは許可していません。

そのため、自己アフィリエイト目的で口座開設や口座利用が発覚すると、規約違反とみなされて口座凍結されます。

自己アフィリエイトは手っ取り早く稼ぐ手段ですし、FX会社の口座開設は報酬単価が高いので、いろんなFX会社の口座開設をして報酬を稼いでいる人もいるでしょう。

しかしExnessでは自己アフィリエイトは適用されていませんし、報酬の発生も「入金&取引開始」が条件のため、自己アフィリエイトには向いていません。

Exnessの口座でアフィリエイトしたいなら、正しい方法で取り組みましょう。

Exnessで口座凍結にならない取引

丸を指さす男性

Exnessは他のFX会社に比べて口座凍結の条件が少ないため、さまざまなトレード方法が利用できます。

他のFX会社では禁止事項でもExnessでは禁止事項にならない口座の使い方を下にまとめました。

Exnessで禁止事項に含まれていない使い方
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • ハイレバレッジのスキャルピング
  • ボーナスを悪用したトレード
  • 週明けの「窓」を狙ったトレード
  • 自動売買ツール(EA)を使ったトレード

Exnessで利用できる取引方法について詳しく解説します。

裁定取引(アービトラージ)

裁定取引の具体的なトレード方法
  • 2社以上のFX会社を使った両建て
  • 複数口座を使った両建て
  • グループ内(家族や友人など)での裁量取引

裁定取引は、複数の銘柄を使って必ずプラスになるよう取引するトレード手法ですが、禁止しているFX会社も少なくありません。

特にゼロカットシステムを採用しているFX会社は「複数口座での両建て」に厳しいです。

同一会社で口座Aと口座Bを開設し、同じ銘柄に対して「Aはロング」「Bはショート」にそれぞれ1万円ずつエントリーしたとしましょう。

銘柄の価格が上昇した場合、口座Aではプラスですが口座Bでは損失が発生しますが、ゼロカットシステムが採用されていると、1万円以上の損失が発生しません。

こうした不正なトレードを防ぐために裁定取引を禁止しているFX会社は多いですが、Exnessでは禁止事項になっていないため、裁定取引を応用したトレードもできます。

ハイレバレッジのスキャルピング

ハイレバのスキャルピングが禁止の理由
  • 一瞬で大きな損失を抱える
  • ゼロカットシステムの悪用

スキャルピングは1日に何度もエントリーするトレード手法ですが、ハイレバレッジで1日に何度もトレードすると、口座凍結するFX会社もあります。

特にゼロカットシステムを採用していたら、どれだけハイレバレッジにかけていても損失が大きくならないため、システムの悪用と判断されることも珍しくありません。

Exnessもゼロカットシステムが採用されていますが、ハイレバレッジのスキャルピングトレードをしても、口座が凍結されることなくトレードができます。

だからといってむやみにトレードしても資金は減っていきますので、トレードする時は計画的に資金管理を行ってトレードしましょう。

ボーナスを悪用したトレード

ボーナスを悪用したトレードとは?

FX会社が提供しているボーナスをFX会社が意図しない使い方でトレードすること

FX会社によってボーナスを設定しているところもありますが、ボーナスの使い方を間違えると、口座を凍結されます。

例えばボーナスを使ってトレードせず、そのまま換金したり、ボーナスを使って裁定取引をしたりなど、FX会社が意図しないボーナスの活用法をすると、ほぼ間違いなく凍結されるでしょう。

Exnessではそもそもボーナスを設定してないため、ボーナス関連による口座凍結の条件はありません。

週明けの「窓」を狙ったトレード

窓とは?

ローソク足とローソク足にできる空間のこと。主に月曜の市場が開いたタイミングで起きやすい

窓が発生すると、値動きは窓を埋めるような値動きをするため、トレード戦略が一段と立てやすい傾向があります。

窓を利用すれば、値動きが容易に想像できるため、レバレッジをわざと大きくしてトレードする人もいますが、FX会社によっては週明けの窓を狙ったトレードを禁止しているところもも少なくありません。

しかしExnessはチャート状況に関係なく、いつでもトレードできるため、窓を狙ったトレードができます。

自動売買ツール(EA)を使ったトレード

自動売買ツール(EA)とは?

相場分析からエントリーまですべて自動でトレードしてくれるツールのこと

自動売買ツールを導入すれば、自身でトレードしなくても利益が出せますが、FX会社の中には自動売買ツールの使用を禁止しているところもあります。

利用規約に自動売買ツールの禁止が明記されているFX会社の口座で自動売買ツールを使えば、規約違反に当たるため口座凍結になるでしょう。

しかしExnessは自動売買ツールの利用禁止が規約に明記されていないため、自動売買ツールを使っても問題ありません。

自動売買ツールは商品によって性能や実績が違います。

下記ページでそれぞれおすすめの自動売買ツールを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Exnessで口座凍結された時の対処法

ひらめいた解決策

Exnessの口座が凍結されると、凍結された口座を使ってトレードできませんし、口座内のお金も出金できません。

口座が凍結された時の解除方法は大きく分けて2つあります。

口座凍結時の解除方法
  • 新しい口座を開設する
  • マイページから再有効化を選択

口座凍結時の具体的な対策について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

新しい口座を開設する

Exnessの規約違反によって口座を凍結された場合、凍結された口座は二度と使えません。

口座内に証拠金があっても出金ができないため、凍結された口座でのトレードを諦めて、新しい口座を開設して再トライしましょう。

口座の開設方法については下記ページで解説しています。

マイページから再有効化

主に口座を長期間利用しなかったために凍結された場合は、マイページから再有効化すればすぐに使えるようになります。

再有効化はマイページにあります「アーカイブ済」というタグに休眠口座が一覧で表示されますので、凍結を解除したい口座の「再有効化」ボタンをクリックしましょう。

Exnessの「再有効化」のボタン

再有効化のボタンをクリックしたら、口座はすぐに復元します。

Exnessの口座凍結まとめ

Exnessの口座凍結について
  • Exnessは口座凍結されにくいFX会社
  • 意図的なレート遅延で取引すると凍結される
  • 自己アフィリエイトすると凍結される
  • 裁定取引、ハイレバでスキャルをしても凍結されない
  • 自動売買ツールを使っても凍結されない
  • 長期間口座を使わないと休眠口座扱い
  • 休眠口座の解除はマイページから操作可能

ここではExnessの口座凍結に関する情報をまとめました。

Exnessは他のFX会社に比べて口座凍結の条件が緩いため、さまざまなトレード戦略を実践しても凍結されません。

しかし「意図的なレート遅延による取引」と「自己アフィリエイト目的でのトレード」は規約違反に当たるため、Exnessの口座を使う際は注意しましょう。

Exnessはさまざまなトレード戦略に対応しているFX会社ですし、口座が休眠してもすぐに再利用できるため、この機会に開設してみてください。

コメント