紹介制EA(平均15万円/月の収益) 詳しくはこちら>>

「ED1」安定収益を上げるのにピッタリなEAレビュー

ED1

今回はねこ博士さんが制作したED1をレビュー、紹介していきます。

購入するのに迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

ED1の特長

ED1は安定収益が特徴のEAです。15年以上安定して収益を上げ続けているといいます。Gogojungleのシステム上では2020年7月以降の実績しか確認できませんが、「Quant Analyzer」で分析した2005年〜2020年7月10日までの収益グラフが記載さており、右肩上がりで収益を発生させていることが確認可能です。

またフォワードテストの開始時期が悪く、2020年8月には一度マイナスを記録していますが、そこからは特徴の安定収益で利益を発生させ続けています。ED1の商品コミュニティー内でも出品者のねこ博士にお世話になっているという声が多く、この後紹介するように、ED1で実際に利益を出せているというTwitter上の口コミも多いです。

ED1はユーロドルを取引通貨としています。ユーロドルはボラティリティが低い傾向がありますが、急な相場変動などのリスクが低く、安定収益を狙うのに向いた通貨ペアです。月のエントリー数は相場により異なりますが、2021年1月は13回でした。ポジションは最大1ポジションです。

フォワードテスト

2020年7月のフォワードテストの開始から、2020年7月30日から2020年8月14日にかけては、大きめのマイナスとなっています。しかしそれ以降は大きなマイナスはなく、ほぼ右肩上がりで収益を伸ばしており、フォワードテスト開始から約半年後の2021年2月時点の収益は63万9,119円です。2020年は新型コロナウイルスの影響もありましたが、収益を出しているのは、ED1の安定収益性によるものといえるでしょう。

トレード頻度

2021年2月の第二週のように、週に1回しかエントリーしないケースもあります。しかし週に3回〜4回ほどはエントリーするケースが多いです。一度のトレードで大きな利益を出すのではなく、高頻度でトレードを行い利益を積み上げていきます。

これまでの収益

これまでの収益を月単位で確認すると、2020年8月に一度マイナスになっていますが、他の月は4万円程度〜20万円程度のプラスとなっています。2020年10月は勢いが衰えていますが、731円のプラスです。10月以降は勢いが戻り、2021年1月には20万3,494円のプラスを記録しました。

ED1の性能

収益638,799円
プロフィットファクター1.53
リスクリターン率2.19
平均利益13,043円
平均損失-15,418円
口座残高1,638,799円
収益率(全期間)60,09%
勝率64,44%(145/225)
最大保有ポジション数1
最大ドローダウン25.06%(292,027円)
最大利益62,415円
最大損失-63,986円

ED1のロジック

ED1のエントリーロジック

ED1の取引通貨はスプレッドの狭い「ユーロドル」の値動きに着目して作成したEAとなります。ユーロドルは世界で最も多く取引されている通貨です。

最近のユーロドルは、ボラティリティが低下傾向にあり、テクニカル分析を使用するのが難しいため、マーケットがトレンドを作り始めてからトレードを行うことを推奨する意見もあります。しかしED1はスプレッドが狭いユーロドルで収益を出すことに成功しています。

ただ安定収益性が特徴のED1では、少ない資金でハイレバレッジでスキャルピングを行うといったEAではありません。推奨証拠金は約100万円となっています。

最大ポジション数は1で、ED1の取引スタイルはスキャルピングです。スキャルピングはポジション保有時間が短いため、為替変動リスクが小さいといった特徴を持ちます。ED1が過去10年に渡って、安定収益を上げることができているのは最大ポジション1のスキャルピングというロジックの堅実さによるものでしょう。


また最大ポジション数が1のため、複数のポジションを保有するといったことがなく、ポジションの把握や管理がしやすいです。

ED1のクローズロジック

ED1のテイクプロフィットは60です。つまりポジションを保有し、60pipsの含み益が発生した時点で、利確を行います。ED1のトレード頻度はスキャルピング系のEAとしては高くありません。

またポジションの保有時間も、数時間程度とスキャルピングの中では長めです。例えば2021年1月の平均ポジション保有時間は買いで約2時間、売りで約7時間となっています。

スキャルピング系のEAの中ではED1はトレード頻度が少なく、ポジション保有時間が長いのはテイクプロフィットを60に設定しており、しっかりと利確できそうなタイミングでのみトレードを行なっているためでしょう。

ED1の最大ストップロスは60pipsとなっています。ストップロスとは損失を一定範囲に止めるための損切りラインです。つまりED1ではポジションを保有中、含み損が最大60pipsを超えると決済が行われ、損失が確定します。

ED1の推奨証拠金は約100万円ですが、基本的には1ロットのトレードを行なっており、ハイレバレッジを利用することがありません。そのため最大ストップロスを広めに設定し、一時的な相場の逆行で損失が発生しないようにしていることが予想されます。

ED1の口コミ

まとめ

ED1は15年以上安定して収益を出し続けているEAです。15年安定して収益を出し続けていることを考えれば今後も、収益を出してくれることが期待できるでしょう。推奨証拠金が100万円と副業でEAを利用したいという方にとっては、少し大きめの金額です。

しかしロット数1、ポジション数が1で、推奨証拠金100万円で手堅くトレードを行うからこそ、安定した収益を得ることに成功しているのでしょう。フォワードテストからも、ED1の高い収益性は確認可能で、Twitter上にも良い口コミが多数存在します。大きな不安を抱えずに、手堅くEAを運用していきたい方におすすめです。