DCPアルティメットをレビュー!検証・口コミ・特徴・メリットまとめ

ここではみぎさんが販売している「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」のレビューを紹介します。

興味があればぜひ参考にしてください。

DCPアルティメットの特徴

DCPアルティメットの特徴

最初に「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」の特徴をまとめました。

「DCPアルティメット」の特徴は次の3つが挙げられます。

オシレーター系からエントリーポイントを探す

DCPアルティメットのトレード画面
出典:gogojungle

「DCPアルティメット」はチャートが表示されるメイン画面の他に2つのサブ画面でオシレーター系を表示させてトレードするトレード教材です。

オシレーター系はチャートとは別の画面に表示されるため、ラインが複雑に入り乱れてチャートの実体を見誤ることはありません。

具体的な使い方としては、2つの別画面に表示されたラインの重なり具合によってエントリーポイントを見極めます。

複数のオシレーター系を組合せて使用

採用されているオシレーター系(一例)
  • ウィリアムズ%R
  • ストキャスティング

「DCPアルティメット」で使うオシレーター系は全部で5つあります。

オシレーター系は1つだけ使うとエントリーポイントの信ぴょう性が高くないため、2つ以上を組み合わせて使う人も少なくありません。

ただしオシレーター系は種類も多いうえに似たような性能もいくつかあるため「組み合わせ方」で迷ってしまいます。

「DCPアルティメット」は販売者が長年のトレード研究で有効と判断したオシレーター系の組み合わせをオリジナルインジケーターに組み込んでいるため、インジケーター選びで迷うことはありません。

オシレーター系のインジケーター選びで悩んでいるなら「DCPアルティメット」はおすすめです。

さまざまな相場状況を把握

DCPアルティメットで分かる相場状況
  • 値動きの方向
  • 圧力(売りすぎ、買いすぎなど)の方向
  • 値動きの一致不一致
  • 揉み挙動

「DCPアルティメット」を使うことで、エントリーポイントだけでなく相場状況を読み取れます。

具体的には上でまとめたような状況をインジケーターから読み取れるため、相場分析にも大きく貢献するでしょう。

相場状況が読み取れるようになれば、より成功確率が高いポイントでエントリーできるようになるだけでなく「トレードできない相場状況」も察知できます。

トレードできない相場状況が分かればトレード失敗の回数が減るため、資金の損失も抑えられるでしょう。

DCPアルティメットのメリット

トレードで稼げて喜んでいる女性

「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」にはさまざまなメリットがあります。

特に次の5つは他のトレード教材と大きく違う点なので、ぜひ知っておきましょう。

オシレーターからエントリーポイントを割り出せる

DCPアルティメットのトレードポイントの導き方
出典:gogojungle

「DCPアルティメット」を使うことで、オシレーター系からエントリーポイントを割り出せます。

具体的には上の画像のように2つのサブ画面に表示されているラインの形から、エントリーポイントを絞り出せるため、チャート以外の情報を収集・分析する必要はありません。

画面からエントリーポイントを絞り出すには練習が必要ですが、慣れてしまえばしばらくチャートを見るだけでエントリータイミングが分かるようになるでしょう。

オシレーターから「もみ合い」状態も把握できる

もみ合いとオシレーター系インジケーターの状況比較
出典:gogojungle

「DCPアルティメット」を使えば相場がもみ合っている状況かどうか?も把握できます。

相場がもみ合っている時のトレードは失敗するリスクが高くなるため、よほどの根拠がない限りトレードしてはいけない相場状況でもあります。

「DCPアルティメット」を使うことでもみ合い状況を察知し、無理なトレードを避けるため不必要なトレードがなくなるでしょう。

天底の予測ができる

天底とは?

レンジ相場における価格の上限(天井)と下限(底)のこと。天底を抜けるとトレンド相場に移行し、値動きが加速する傾向がある

「DCPアルティメット」を使うと、相場の天底が予測できます。

天底を予測できれば「どこまで価格が動くか?」「どこで転換する可能性があるか?」などといった分析がしやすくなり、損切で終わるトレード回数を減らせるでしょう。

また「DCPアルティメット」によるシグナルから天底までの値幅を確認できるため、目標利益の計算やストップロスの置き場を探すのにも使えます。

新しいインジケーターの導入が不要

DCPアルティメットで使うインジケーター
  • MT4、MT5に最初から導入されているものを使用
  • 設定方法はマニュアルで解説

「DCPアルティメット」は複数のオシレーター系インジケーターを使用するものの、全て既存のチャートソフトに導入されている物を使います。

そのため、わざわざ外部からインジケーターをインストールする必要がありません。

細かい設定についてもマニュアルで解説されていますので、トレードを始める前にしっかりマニュアルを読めば、設定ミスによるトレード失敗の可能性もなくなるでしょう。

通貨ペア以外の銘柄でも使える

DCPアルティメットが使える銘柄
  • 通貨ペア(ドル円、ユーロ円など)
  • 資源系銘柄(ゴールドドルなど)

「DCPアルティメット」は通貨ペア以外だとゴールドドルにも対応しています。

対応している通貨ペアの数が多ければ、それだけトレードチャンスが増えますし、自分のトレードスタイルに合った通貨ペアにも使えるため、FXで稼げるチャンスが大きく増えるでしょう。

特にゴールドドルは、短期間で利益が出せる銘柄のため、トレード中級者や上級者の中でも取り組んでいる人が多いです。

ゴールドドルを始める時にも「DCPアルティメット」のノウハウがそのまま使えるのは大きなメリットといえるでしょう。

DCPアルティメットのデメリット

トレードで稼げず頭を抱える女性

「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」にはさまざまなメリットがある反面デメリットもあります。

特に次の3点は「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」を購入するうえで知っておくべきポイントなので、ぜひ理解してください。

エントリーポイントを直接教えてくれない

DCPアルティメットによるエントリーポイントについて
  • チャート上に目印等で表示されない
  • オシレーターの動きとチャートを照らし合わせる必要がある

「DCPアルティメット」はチャートソフトに入っている既存のインジケーターを使ってトレードする方法が解説されているトレード教材です。

そのため、エントリーポイントをシグナルで直接教えてくれることはありません。

そもそも「DCPアルティメット」はトレード教材であり、オリジナルのインジケーターは同封していないので、エントリーシグナルが欲しいならシグナルを表示してくれるインジケーターを購入しましょう。

絶対に稼げる保証はない

DCPアルティメットで稼げる保証がない理由
  • 値動きがオシレーター通りに動かないことがある
  • 時間足によって「ダマシ」が起こる可能性がある
  • どんなインジケーターでも100%値動きを察知するのは不可能

「DCPアルティメット」はオシレーター系インジケーターを使って値動きを予測するトレード手法ですが、必ずしも予測が100%的中するわけではありません。

為替相場は特にテクニカル分析を超えた動きをするため「DCPアルティメット」の通りにトレードしても失敗することはあります。

どんなに成績が良いトレーダーでもトレードで「勝率100%」は不可能なので、ある程度トレードで負ける(損切を喰らう)ことを前提としてトレードに挑みましょう。

トレード教材としてのボリュームは少なめ

DCPアルティメットのマニュアル
  • 電子書籍21ページ
  • 別冊もなし

「DCPアルティメット」はトレード教材ですが、教材のボリュームはかなり少なめです。

マニュアルは電子書籍で21ページしかありませんし、別冊もないので物足りなさを感じるかもしれません。

ただし教材のボリュームが少ないのは悪いことではなく、むしろ必要な部分だけを要約してまとめられていることを意味するため、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

ボリュームが少ないからこそ、何度も読み返してトレードルールを理解してください。

DCPアルティメットの特典

特典イメージ

「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」には本教材以外の特典はついていません。

「DCPアルティメット」の購入判断は、教材の特徴やメリット・デメリットを参考にしてください。

DCPアルティメットの口コミ

DCPアルティメットの口コミ
出典:gogojungle
DCPアルティメット購入者のトレード履歴
出典:gogojungle

「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」についての口コミや評判を調べたところ、少ないながら好評な意見がありました。

中には「ローソク足を見なくても勝てる」というくらい、トレード精度の高さを称賛する声もあります。

ただ、口コミの数自体は少ないためインターネット上の口コミが購入者の総意と判断するのは早いかもしれません。

上で紹介した口コミ以外は見当たらなかったため「DCPアルティメット」のインターネット上の評判はあくまでも参考程度にとどめておいた方がいいでしょう。

DCPアルティメットの総評

DCPアルティメットまとめ
  • 5つのオシレーターを使ったトレード手法
  • オシレーターから相場状況を把握
  • 複数のインジケーターでエントリーポイントを見極め
  • 相場の天底やもみ合いも把握できる
  • 習得するには勉強と練習が必要
  • 自身でエントリーポイントを探さないといけない
  • シレーター系インジケーターを使ってトレードしたい人におすすめ

ここでは「Lite版・革命的オシレーター複合使用法・[DCPアルティメット]」のレビューを紹介しました。

「DCPアルティメット」はオシレーター系インジケーターを組み合わせてエントリータイミングを見極めるトレード手法です。

オシレーター系インジケーターの活用法をマスターすれば、ローソク足を見なくてもトレードで稼ぐことも不可能ではありません。

インジケーターを使ったトレードタイミングの取り方は、マニュアルを読んだりデモトレードで練習したりなど、事前の練習と勉強は必要です。

しかしマスターしてしまえばどんな通貨ペアでも使えますし、ゴールドドルにも対応しているので、トレードで稼げる幅は大きく広がるでしょう。

「DCPアルティメット」に興味がありましたら、ぜひゴゴジャンをチェックしてください。

コメント