1秒スキャルFXをレビュー!検証・特徴・メリット・口コミまとめ

ここではマックス岩本さんが販売している「1秒スキャルFX」のレビューを紹介します。

興味があればぜひ参考にしてください。

1秒スキャルFXの特徴

最初に「1秒スキャルFX」の特徴をまとめました。

1秒スキャルFXの大きな特徴は次の3点です。

オリジナルツールを使ってトレード

1秒スキャルFXのインジケーター
  • マックス・アベレージキャンドル(平均足)
  • マックス・ジャッジメント(通貨の強弱を表示)
  • マックスボリンジャー(エントリーの優位性を調べる)

1秒スキャルFXはチャート上に表示されているインジケーターを見て、エントリーポイントを見極めます。

エントリーポイントの見極めや相場分析は全てインジケーターを見るだけなので、自身で色々と考える必要はありません。

具体的には上で紹介した3つのインジケーターを確認し、エントリー判断を下します。

慣れてしまえば瞬間的にトレード判断ができるため、1秒でできるかもしれません。

しかし、1秒で判断できるようになるまで練習や勉強が必要ですし、ある程度トレードの基礎知識も身につける必要があるため、購入後しばらくはじっくり考えてトレードすると良いでしょう。

スキャルピングメインのトレード手法

スキャルピングの特徴
  • 1日に複数回エントリー
  • 目標利幅は10pips前後

1秒スキャルFXは商品名にもあるように、スキャルピングに特化したインジケーターです。

スキャルピングは短い時間にエントリーと決済を繰り返すトレードスタイルのため、普段本業が忙しく、なかなかトレードに時間が割けない人におすすめのトレードスタイル。

1回の目標利幅は小さいですが、何度もトレードを繰り返すため「勝率の高さ」がポイントになってきます。

スキャルピングは短期間に決着できるトレードスタイルですが、短期足を使うため「ダマシ」に引っかかりやすい側面もあるので注意が必要。

気軽に取り組むと大きな損失額につながるので、1秒スキャルFXを購入するなら、しっかりロジックや手法を勉強してから始めましょう。

トレードで使う通貨は6種類のみ

1秒スキャルFXの対応通貨
  • 米ドル
  • 日本円
  • ユーロ
  • ポンド
  • 豪ドル
  • カナダドル

1秒スキャルFXは主要通貨に対応したインジケーターです。

具体的には上で紹介した6つの通貨に対応しており、合計15種類の通貨ペアで使えますので、1秒スキャルFXを使って「1日もトレードチャンスがない」という事態にはならないでしょう。

特にFX初心者は、いきなりマイナー通貨ペアに手を出しても、値動きの傾向が掴めず損をする可能性が高いです。

メジャー通貨ペアばかりですが、FXで効率よく稼ぐのには全く問題ないため、FXのキャリアに関係なく、誰でも使えるインジケーターと言えるでしょう。

1秒スキャルFXのメリット

FXで勝てて喜ぶ女性

「1秒スキャルFX」には様々なメリットがあります。

特に次の5点は他のインジケーターと大きく違う点なので、ぜひ知っておきましょう。

瞬間的にエントリー判断できる力が身につく

1秒スキャルFXのロジック
  • ロジックに合致している相場(通貨ペア)を探す
  • ベストなタイミングでエントリー
  • 一定の利幅が取れたら決済

1秒スキャルFXを使えば、オリジナルインジケーターを使って、瞬間的にトレードタイミングを見極めてエントリーできます。

具体的には上でまとめた3つのロジックに従ってエントリーするだけのため、インジケーターの使い方を身につければ、トレードに時間がかかりません。

瞬間的に判断できれば、トレードにかける時間も短くできるため、忙しい人でもスムーズにトレードで稼げるようになるでしょう。

トレンド相場に強いトレードスキルが身につく

トレンド相場でトレードするメリット
  • 1回のトレードで大きな利幅が取れる
  • 多少乗り遅れてもまとまった利益が取れる
  • エントリータイミングが取りやすい

1秒スキャルFXはトレンド相場でエントリーを狙うようなロジックを組み込んだインジケーターです。

トレンド相場は、一度流れに乗れれば大きな利益が期待できる反面、エントリーポイントを間違えると、ハイリスク・ローリターンなトレードを強いられます。

1秒スキャルFXではトレンド相場に強いロジックを採用しているため、トレンド相場で勝てるトレードができるようになりましょう。

勝率が高いトレードができる

1秒スキャルFXのトレード成績
  • 61戦45勝(勝率73.77%)
  • 月間1,071pips獲得
  • 最長連勝記録は「10」

1秒スキャルFXを使うと、高いトレード勝率でスキャルピングが可能。

一例として1秒スキャルFXの月間成績を上に載せましたが、トレード勝率70%以上で獲得pipsが1,000を超える時もあります。

スキャルピングはトレード勝率の高さが利益に直結するため、インジケーターを使ってスキャルピングをする場合、勝率が高いものを使わないと結果が伴いません。

安定して70%以上の勝率をキープできるわけではありませんが、高い勝率でスキャルピングできるのもメリットの1つです。

エントリーや決済判断がカンタン

1秒スキャルFXの決済シグナル
1秒スキャルFXの決済シグナル
出典:1秒スキャルFX

1秒スキャルFXはインジケーターによるエントリー判断がかんたんです。

上の画像で紹介しているように、ローソク足の色が変わったらエントリーし、再度色が変わったら決済すれば良いため、見逃す心配はありません。

エントリータイミングをシグナルで教えてくれるインジケーターによっては、シグナルが小さくて、見逃してしまう人もいます。

1秒スキャルFXはローソク足の色でタイミングを押してくれますから、シグナルを見逃さず、トレードで利益が積み重ねるでしょう。

トレードチャンスが月に200回ある

トレードチャンスが多いメリット
  • 失敗してもすぐ取り返せる
  • 月間利益が伸ばしやすい
  • 見逃しても次のチャンスがすぐに来る

1秒スキャルFXがスキャルピングでトレードするインジケーターのため、トレードチャンスが非常に多いです。

シグナルは月によって違いますが、200回前後シグナルで表示してくれるため、シグナルを1つ見逃しても問題ありません。

チャンスを逃したからと言ってすぐに飛び乗ると、帰って失敗し、損をしてしまいます。

特にスキャルピングはトレード勝率の高さが、利益に大きく影響するため、1秒スキャルFXを使う時は、チャンスを逃しても次のチャンスを待ってじっくりトレードしましょう。

1秒スキャルFXのデメリット

FXに勝てず悩む女性

「1秒スキャルFX」はさまざまなメリットがある反面デメリットもあります。

特に次の3点は1秒スキャルFXを使う上で知っておくべきポイントなので、ぜひ理解しておきましょう。

かんたんに稼げない

1秒スキャルFXはチャートを見るだけでエントリータイミングを教えてくれるインジケーターですが、かんたんに稼げるわけではありません。

少なくともインジケーターの使い方や表示された情報を、正しく分析してトレードに反映させるには、ある程度練習が必要です。

インジケーターを導入したらすぐにトレードに使えるわけではないので、まずはインジケーターを使う練習から始めましょう。

「1秒」でエントリー判断はつかない

1秒スキャルFXは瞬間的にエントリータイミングを見極められますが、販売ページで謳っているような「1秒」での判断は難しいです。

1つの通貨ペアを見続けるなら1秒で判断できなくはないですが、複数の通貨ペアをチェックしていると、さすがに1秒ではトレードできません。

無理に1秒でトレードしようとして失敗しても意味はないので、じっくり時間をかけてトレードタイミングを見極めてエントリーしましょう。

マイナー通貨ペアには対応していない

1秒スキャルFXは円やドルなどメジャー通貨に対応していますが、マイナー通貨には対応していません。

マイナー通貨ペアは、取引量が少ないためボラティリティが大きいですが、ハイリターンが狙えるため、FX上級者は物足りなさを感じるでしょう。

1秒スキャルFXはメジャー通貨ペアしか使えませんが、メジャー通貨ペアでも十分利益が取れるため、深刻に考える必要はありません。

ただFXの経験を積んで、もう少しリスクをかけてトレードできるようになっても、1秒スキャルFXに対応していない通貨ペアでトレードできないため、選択肢が広がらないでめりとはあります。

1秒スキャルFXの特典

1秒スキャルFXの特典
1秒スキャルFXの特典
  • 特別オンラインセミナー(録画版)
  • オリジナルインジケーター2種
  • 特別オーディオセミナー(録音盤)
  • 資金管理シート
  • 口座開設マニュアル
  • FX用語集
  • トレード前確認シート
  • よくある質問集

「1秒スキャルFX」には上記特典がついてきます。

特に「資金管理シート」は1秒スキャルFXに限らずトレードで稼ぐために欠かせないツールなので、積極的に活用しましょう。

FXで稼ぐにはトレード勝率のみならず、資金管理も重要です。

トレード手法を解説している教材は多いですが、資金管理の部分を疎かにしているものも少なくないため、資金管理シートを活用して、大事な資金を守りながらトレードしてください。

1秒スキャルFXの口コミ

1秒スキャルFXの口コミ

デモトレにはなりますが、50万程です。
1秒スキャルFXに参加したことで、
悩みはめちゃめちゃ解決できました!

とにかくまず「稼ぐ」と言う素晴らしい体験をさせていただき、
感謝の言葉しか見つかりません。

1秒スキャルFX公式

レンジになったら負けます。
購入した者ですが、サインツールに従ってエントリーしただけでは、トータルで負けました。損益比は、1:1.5なのですが、目標に到達する前に、相場が反転して、負けることが多かったりもします。

レンジになったら、負けます。そして、その日がトレンドの日なのかレンジの日なのか、サインツール、講義動画どれを利用してもわからない。

http://www.info-bonbon.com/

ブレイクアウトの手法としては王道的
買っちゃったけど思ったほど平均足や強弱ツールに頼ってないな
ボリンジャーや節目のブレイクアウトがメインだった

http://www.info-bonbon.com/

「1秒スキャルFX」の口コミや評判を調べたところ、良い意見も悪い意見も数多くみられました。

良い意見として多かったのは「実際に稼げた」「ちゃんと利益につながる」といった、トレード結果に満足しているものが多かったです。

反対に悪い意見としては「負けた」「勝てなかった」という声でした。

ただ、負けた人の声の中には「レンジ相場では勝てない」と、1秒スキャルFXを使うのに適さない相場環境で使った人の声もあります。

1秒スキャルFXはトレンド相場発生時に効果を発揮するインジケーターのため、レンジ相場で活用しても満足な結果は得られません。

使い道がハッキリしているからこそ、使いどころを間違えるとトレードで失敗するので、1秒スキャルFXを使ってトレードするなら、相場環境を考えて挑戦しましょう。

1秒スキャルFXの販売者情報

販売者クロスリテイリング株式会社
運営責任者松野有希
住所東京都墨田区錦糸一丁目2番1号 アルカセントラル12F
電話番号03-5244-5377
メールアドレスinfo@max-trader.jp
ホームページhttps://crossretailing.co.jp/

最後に「1秒スキャルFX」の販売者に関する情報をまとめました。

1秒スキャルFXの販売者はさまざまなトレード教材やインジケーターを販売しているだけでなく、投資に関するコンサルティングやサポートも行っています。

投資のコンサルティングができるよう「投資助言代理業(投資顧問業)」も取得しているため、会社としてはかなり真面目に運営しているでしょう。(関東財務局長(金商)大2267号)

ただし、インジケーター開発者であるマックス岩本さんや販売会社で調べてみると、アンチと思われる人の存在が確認できました。

原因としては、販売ページでかなり大げさな表現をしているのが原因と考えます。

販売会社の情報だけを見ると、少なくとも法を破って運営しているわけではないため、一定の信用はあります。

ただし、過激な表現で販売しているとどうしても「詐欺会社」と見てしまう人も少なくないため、購入するかどうかの判断は、慎重に考えましょう。

1秒スキャルFXの総評

1秒スキャルFXまとめ
  • スキャルピング特化のトレード手法
  • トレンド相場を狙って順張りトレード
  • 月間200以上のトレードチャンスがある
  • 対応通貨ペアは15種類のみ
  • 使いこなすまで練習と勉強が必要
  • レンジ相場ではうまく機能しない
  • 勝率70%前後のトレードが裁量でできる

本記事では「1秒スキャルFX」のレビューを紹介しました。

1秒スキャルFXは短期足のトレンド相場で効果を発揮するインジケーターで、ローソク足の色によってシグナルを表示するため、見逃す心配も少ないです。

トレードスタイルがスキャルピングのため、ダマシに遭うリスクもありますが、トレード勝率は高く、70%以上の確率で勝てることも珍しくありません。

スキャルピングトレードで利益を出したいのなら、1秒スキャルFXを使ってチャレンジしてみてはいかがでしょう。

1秒スキャルFXに興味がありましたら、ぜひ公式サイトをチェックしてください。

コメント